TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break

プリズンブレイク/Prison Break :: 2-15 :: The Message [2] :: ネタバレ

transプリズンブレイク。シーズン2の15話。こちらは後半。ネタバレ!
view: 20721

15話は長くなっちゃったので2つにわけました。こちらは後半です。前半はこちらにあります↓
2-15 :: The Message :: 前半

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

その頃、サラはミズーリの図書館にいて、彼女もビデオを凝視していた。マイケルがサラに語りかける部分がある。「私はサラ・タンクレディ医師を利用しました。おかげで彼女は追われることになってしまい、どうお詫びをしていいものかもわからない」というかんじで続くのだが、そこで彼女はハッとしたようすで、なにかの本を取り出してパラパラめくる。

ところでこちらはスクレ。彼はメキシコのド田舎にいてバスで移動中。Ixtapaでマリクルーズと待ち合わせの約束なのでそっちに向っているが、途中でカネがないのがバレてバスを降ろされてしまう。バスの中で知り合った親切なおじさんがゴハンとベッドをくれた。彼は少し前に妻を亡くしたんだという。おじさんは、カネも持たずただ「女に会いにいく」とだけしかいわないこの男を気に入ったようだ。

スクレはすまぬすまぬと思いつつ、おじさんのオンボロワーゲンを盗んだ。ところが途中でポリスに捕まった。警官はおじさんと顔見知りで車を覚えていたから、おまえが盗んだろうと連行、おじさんの家に連れ戻された。「コイツに車盗まれたでしょう?」と言われたおじさんは「おぉ、連れ戻してくれてありがとう。ガソリン代を渡すのを忘れてたんだ」なんていう嘘をついてくれた。彼はなにも聞かずスクレを助けてくれて、その上、お金までくれたのだ。じわーん。スクレは胸いっぱいでありがとうもいえない。

さてこちらはヘイワイヤ。ひさしぶり!彼はまだUS国内にいて、イカダ建造中であった。ゴミ箱でリンゴを漁ってたら近所に住む女の子と知り合いになった。彼女にイカダを見せて「オランダに行くんだ」といったら「地図あるの?」と聞かれて、あの油絵を見せたら「うまくいくといいね」と呆れられた。ハハハと笑っている。そのときヘイワイヤは彼女の手首に虐待の跡を発見する。したらば彼の顔が急にこわばり「だれにやられた?」とコーフンし始める。女の子は怖がってカレシといっしょに逃げた。

その夜、ヘイワイヤは女の子の家の窓から覗いて暴力父が虐待しそうになるのを発見。家に突入。その場で父親に襲いかかった。相手はたぶん撲死。

マイケルたちにもどります。3人はどこか建物の前でサラを待っている。ここにくるの?と私たちはどきどきする。リンクがケラーマンを追い払ってマイケルにいう。「もしサラがこなかったらどうする?あるいは、もしきたとして、アイツ(ケラーマン)が嘘ついてたらどうする?おれらがサラに接触するのを見越して、これがぜんぶワナなのかもしれんだろ?」なんていう。マイケルは無言。いまはサラを待つしかないということか。

マホーンはフォックスリバーにやってきた。サラの友達のケイティにビデオの中のマイケルがサラに語りかけた部分の台詞を見せ「サラはどこにいるかわからないか?」「なんか思いつかないか?」と聞いてみた。彼女はわからない。こんどはベリックにも聞いてみた。

かつてサラといっしょにAA(Alcoholics Anonymous :: 禁酒サークル)に参加していたベリックはその意味を嗅ぎ取った。彼はAd Seg(Administrative Segregation :: 独房に隔離収容すること)と交換に、マホーンにBIGなヒントを与えた。マイケルの言葉の中には要所要所にAAで使うテキストブックのチャプター名が挿入されているという。"Another Chance"、"Safe Haven"、etcs。マホーンはAAの本を借りてよく見てみた。したらばベリックの言う通りで、さらにマイケルの台詞の中に、"I put you in a place that's every doctor's nightmare." という文があり、本を見たらば、"Doctor Bob's Nightmare" というチャプターがあり、そこにはオハイオ州Akronのセント・トーマス病院と載っていた!さらにそれに続いて次の言葉が!"I've considered many ways to apologize. But I must arrive at one." つまり「1時に待ってる」という意味か!スゴい〜。

このトリックについてはこちらにまとめがあります↓
マイケルのビデオメッセージまとめ

マホーンが時計を見るともうすぐ1時。彼はすぐさま警察に連絡、オハイオのセント・トーマス病院に向えと緊急配備を命じた。

オハイオのセント・トーマス病院。建物の前でマイケルとリンクが立っている。リンクは、サラがほんとにくるんかと疑い気味である。「もう時間過ぎたよ?」「うん」「こないよ?」「うん」「意味がわかんなかったのかも」「 ... 」「もういやになっちゃったのかも」「 ... 」「ほんとにくる?」「くるって!」「なんでそう思う?」「おれたちといっしょだよ。信頼だ」「現実の前に信頼は役に立つかな?」

ここで病院内からアナウンスが聞こえた。「マイケル・クレイン様にお電話です。フロントまでどうぞ〜」。クレイン = crane = 鶴。origamiだ!マイケル、大コーフンで建物の中に走る。クレインを名乗り、受話器をとった。サラだった!

サラは拉致されたことなんかを語り、父が遺した鍵を持ってるといった。でもそれはナンの鍵だかだれにもわからない。「2人でこれを終わらせよう」と約束した。感動〜。

ラスト5分前。病院の外で待つケラーマンの携帯が鳴った。出てみたら「ハロー、ポール」とあのビッチの声。相手はレイノルズ大統領!「わたしがわるかったわ。あなたはいちばんのわたしの味方だった。また戻っていらっしゃいよ」とのお言葉。ケラーマン、気づかれないように電話を切った。彼は動揺を隠している。

そこにマイケルが戻ってきた。サラと話せて彼は大安心だ。3人は車に戻る。「サラと話せた?」とケラーマンが聞く。「あと数日でぜんぶ終わるさ」とマイケル。「まちがいない」とケラーマン。来週に続く〜。

※感想

オモシロイ!マイケルたちが「6時間で450マイル」ってのをワザとカメラマンに聞かせてるように見えたから、なんかあるんだろうナーとは思ったけど、こんな展開になるとはびっくりです。レイノルズ大統領もイイじゃありませんか!twistに次ぐtwistでひっぃぃぃい〜。マイケル・クレインちゅうのもシャレてますね!

このエピソードはかなりおもしろかったと思いますが、ひとつだけ残念な部分がありました。それはマイケルたちの話がおもしろすぎて、スクレやヘイワイヤのお話がかすんじゃってるという点です。スクレのあのおじさんもスゲーよかったですし、ヘイワイヤの方も新たな展開が見えてワクワクです。

それにしてもサラはよく気づいたなぁ。女性ファンのみなさん、マイケルの恋人になるんならパズルが得意にならなくちゃいけませんね。

------------------------------------------------------
title: 2-15 :: The Message
aired date: 2007/01/29
Writer: Zack Estrin, Karyn Usher
Director: Bobby Roth

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  • Title: 2-15 :: The Message
  • First Aired: 2007-01-29

Writer:

Director:

Star:

Recurring Role:

Guest Star:

Thanks to: imdb.com, tv.com

(2007.01.31 23:55)

確かにそうですね。スクレの話もよかったのに印象が薄くなってしまった感じがします。ケラーマンの最後の表情は、一体何を考えてるのか、次回が楽しみです。

kenn (2007.02.01 00:34)

Haywireは逆にあの短さの為に印象に残りましたヨ。Mexicoのおじさんはいい味でしたね〜。

まあモールス信号やらトラップしかけているのにわなだと気づくMahoneにもビビりました。

切ない二人から引用

Sara: Michael, I want for this to be over.
Michael: ... That makes two of us.
...
Michael: Well, we'll figure it out. Together.
Sara: I like the sound of that.
Michael: Me too.

このTogetherの時の表情がグッときました。男だけど。今週は会えなかったけど、今度はうまく行くかな。

Kellermanは大統領をCarolineってファーストネームで呼んでいましたね。うーむ、思い断ち切れず、だとやばいですね。

meiphan (2007.02.01 01:11)

今回のエピソードは動きは少なかったけれど要所要所におもしろみがありますね。とくにべリックとケイティのシーン!どう見てもマイケルとサラのパロディですよね。あまりのギャップに笑ってしまいました。このままベリックのプリズンブレイクが始まるのか!?(笑)
ていうかマイケルはサラを信頼しすぎじゃないですか?折り紙の暗号といい、メッセージといい難しすぎ!!普通気づきませんて;
ケラーマンも裏切りの予感。ほんとどうなっちゃうんでしょう。

ジョウ (2007.02.01 04:26)

スクレがワーゲンの鍵を見た瞬間、オッサンの家が教会みたいな雰囲気だったせいもあって、『レ・ミゼラブル(ああ無常)』を連想しちゃったので、「オッサンがわざと鍵を見える所に置いといたか、または捕まっても庇ってくれるだろう」と思いました。

Patricia Wettigは独特の話し方なので、声だけの出演でも本人だってすぐわかっちゃいますね(笑)。彼女のインタビュー記事が(+Robert Knepperのインタビュー記事も!)tvguide.comにありますヨ。

それぞれ、こちら↓からどうぞ。
LINK TO TVGUIDE

JOE (2007.02.01 20:51)

はじめまして!最近、プリズンブレイク シーズン1見てはまりました!読んでるとシーズン2も面白そうだな〜。早くDVD出てほしいです!

ぐり (2007.02.01 22:24)

いつも楽しく拝見させていただいてます。
いや〜、ますます展開がおもしろくなってますね。

それにしても、サラ 勘がよすぎです。
メッセージを見て、そこまで思いつきませんよね〜。

MATE (2007.02.02 09:22)

tinkerさん、いつもおつかれさまです。楽しく読ませてもらってます。マホーンの回復ぶりはすごい。過去に、マイケルの足の指も、T?Bagの手首も。さらにはジョニーの首も・・・。
おもしろいから、いっか。

narancha_sanchesu (2007.02.02 14:33)

いつも激しく楽しく読ませてもらっています(笑)。私としては、読むのがあっという間なので、詳しく書いていただいて嬉しいです。又来週も楽しみにして待っております!

kami (2007.02.02 15:51)

ベリックがFBIになって捜査するっぽいね

tinker (2007.02.02 16:21)

みなさん、コメントありがとうございますw。うれしいです。ジョウさんが、教えてくださったtvguide.comのリンクの中のt-bagのインタビュー、おもしろかったです。あの義手は特注品で、手袋になってるそうです。義手に見えるようにキツキツになってるから、手がしびれちゃって15分(だったかな)くらいしかつけていられないそうです。

choco (2007.02.02 18:39)

tinkerさん お疲れ様です! 映像を見てないのに、まるで見ているかのごとくよくわかるようにまとめられるのは、賜物と思います。話の内容も楽しみですがtinkerさんのコメントもとっても良いです。一緒に見てるみたいで..PBは脱獄したみんなにドラマがあるのがいいですねぇ。ヘイワイヤいいっすねぇ。スクレ君も最愛のマリクルーズと結婚できたら!それにしても、やっぱりベリックかわいそう。まいたものの刈り取りなのでしょうが。
来週待ってます!ケラーマン情に流されて裏切らなきゃいいけど。。。

はな (2007.02.03 06:53)

折り紙、ずっと白鳥と思ってました。
鶴といえば、私的には千羽鶴の鶴なもので。
日本語訳の時は、どうするのでしょうか?

tinker (2007.02.03 14:01)

chocoさん、

> 一緒に見てるみたいで

これはものすごい賛辞であります。うれし〜。

はなさん、

あ、そうですね。いわれて気づきました。マイケルの折り紙ってたしかにcraneよりswanに近いですよね。craneつったらツルしかないと思うんだけどナー。「マイケル・スワン様、お電話です」のほうがよかったのに。crane = ツル = 水鳥 = 白鳥 = origamiという拡大解釈?あるいは、サラはパズル解けるくせに白鳥とツルの区別がつかないってことかも?

sherry (2007.02.03 18:08)

いつも楽しませていただいてます。日本にいながら、数日差でPB2見てます。英語なので、読解は70%ぐらい。残りは、こちらの解説で納得してまーす。それにしても、素晴らしい解説だといつも感心してます。

さあ!いよいよ来週はサラとマイケルが再会しますねー。ああ、長かった・・。しかも、ファンが喜ぶ素敵なシーンが待っていますよー。

このテレビドラマは、色々な要素を含んで、24を凌ぐドラマティックさだと思うのですが。2部まで時間があいちゃったから、ちょっと視聴者の興味を引っ張れてないのかも。残念だわー。私なんか、毎週指折り数えて待ってるのに・・。

ところで、サラ役のサラ・ウェイン・キャリーが妊娠したそうですね。シーズン3までサラ役は残るのでしょうか?まさか、その前に死んじゃうとかなのかしら・・。この二人のロマンスがないと、ちょっと女性ファンとしては興味が薄れてしまうかも・・・。

ああ、それにしても、ライター達のドラマライティングの才能には頭が下がるばかりですね。日本では、このレベルのドラマ作りは絶対に出来ないですよね。毎回毎回トリックを盛り込み、展開を楽しみに待たせるって凄い。しかも、役者が全員、ばっちり決まってます。アメリカドラマ万歳!!

ゆう (2007.02.03 20:49)

日本在住なので、シーズン2見れず今週も楽しく読ませて頂きました★ありがとうございますf^^

tinker (2007.02.05 19:05)

お読みくださりありがとうございます。シーズン2の後半盛り上がりはスゴそうです。楽しみです!

スクレっ子 (2007.02.06 14:09)

自分としてはシーズン1の方が刺青を駆使したり頭を使って色々考えられた話の流れで好きっす^^それにマイケルがなんと言っても1の方が輝いてたw2の方はちょっとマイケルの予想範囲外の事が起こりすぎてて、マイケルてんぱっちゃってる感じが・・^^;
でもシーズン2も囚人達が方々に散らばってそれぞれの話が展開されていて一話一話見ごたえありますね!

毎回ネットでPBをDLして見た後ここで話をじっくりかみしめながら楽しませてもらってますw

自分としては今後はまたマイケルとスクレの絡みが見たいですね。2人の男の友情がカッコいい♪

まだ19話の題名決まってないけど、もしかしてまたそこで3月くらい間が空いちゃうのかが自分は最近心配でなりません・・・><

アブルッチ (2007.02.09 23:35)

やっと受験終わったんで毎日熟読させていただいてます笑。しかし面白いですね。これからがかなり気になってます。次回はいつですか?

東京プリン (2007.02.10 11:10)

お忙しいのか16話のアップがまだですね。日本にいながらファイル共有で見ていますが,待ちきれないときにはここに来て楽しませてもらっています。
16話ではベリックがFBI捜査官(臨時?)としてヘイワイヤーを追い詰めましたね。次のターゲットはT-bagでしょうか。

さて,17話ですが2月12日は「24 Season6」の2時間スペシャルのためお休みですね。年明けからちょっと間延びした展開に一休みといったところ。YouTubeで予告編を見ると,C-Noteがマホーンに銃を向けられており,また1人脱落かと思わせますね。

tinker (2007.02.10 13:24)

どうもみなさん、コメントありがとうです。このドラマは濃いです。よくできてるっていうか。

TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break