TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break

プリズンブレイク/Prison Break :: 2-19 :: Sweet Caroline :: ネタバレ

transプリズンブレイク/Prison Break。シーズン2の19話。ネタバレ!
view: 26448

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

C-Note。前回ラストで首吊りオサラバしたつもりが、ガードに発見されて救出された。「死なせろ〜」とうめいている。

全面交通規制されたシカゴの目抜き通りに、もうすぐレイノルズ大統領のリムジンが現れる。群衆とプレス陣、四方に気を配るシークレットサービスたち。ケラーマンは狙撃地点でライフルを構えている。

マイケルたちはホテルにいてこれから作戦開始だが、その前にクーパー・グリーンを返した。彼は心配げだが「ありがとう。あなたの役目は終わった」とバイバイ。3人はこれから少しのあいだ別行動となる。マイケルは大統領に直談判しにいく。リンクは「もしだめだったときの逃げ道」をつくる。サラはしばらく待機し、決めた場所で落ち合う予定。マイケルが「いってくるぜ」と部屋を出るとき「もしなにかあったら」とサラたちに声をかけるが「2人とも愛してる」というしかないのが決死のムード満点。続いてリンクも出ていった。

ここで入れ替わりにマホーンがホテルの部屋に突入。サラは大慌てでベッドの下に隠れる。歩き回る彼の足が見える。どきどき。しばらくしたら気配が消えた。やり過ごせた!と思ったらガツンと見つかった。目の前に銃口。がっびーん!オープニングテーマ曲。はじまりはじまり。シビレる〜。

マホーンが早口でサラを尋問するが、彼女は全否定。「兄弟は何分前に出ていった?」「ここにはいませんでした」「どこにいったんだ」「知りません」「連絡とるんだろ?」「なんにも知りません」「いえ!いえいえいえ!」。サラは「勝手にすれば」とケータイをテーブルに叩きつけた。

ニューメキシコの空港。飛行機を降りたT-Bagがビクビク顔でターンテーブルのところにきた。あるかなあるかな。「出てきた!」と思ったら、なんとその近くにベリックを発見。カネを回収できない。焦りまくり。500万ドルはぐるーりと回ってカーテンの中に吸い込まれていった。

こっそり通用口から外に出てきたら、ベルトコンベアが回っていてバッグが出てきた。ここで荷物係のアンちゃんに見つかったのでやむなく攻撃開始。相手は意外にマッチョであり、てこずるうちにまたぐるーりと回って消えていっちゃう。警報ブザーが鳴った。超ヤバい!捕まっちゃうよ!仕方なく走って逃走。T-Bagは無一文となりました。

C-Note。ベッドで目覚めた彼はキャシーたちが心配でたまらない。ガードに「一生のお願い!」とムリをいって電話をさせてもらった。不在のマホーンの代わりに出てきたフィーラーに伝言を伝えた。「マホーンに伝えてほしい。『おれは必ず約束を守る。彼らを傷つけないでくれ』と」というしかない。フィーラーは不穏な空気を嗅ぎとった。

リンク。彼は港にきて男に声をかけた。デレクというこの相手はリンクの旧友らしくて、リンクに借りがあるようであり、ビビリつつも協力してくれる。彼にメモを渡し「いますぐこれを用意してくれ」と頼んだ。

ケラーマン。照準スコープの中にレイノルズ大統領のリムジンが到着。リムジンから降り立った大統領がホテルに入るまでが勝負だ。大統領に握手をせがむ群衆のひとりにあの男を発見。マイケルだった。彼は握手をしてつかんだ手を離そうとしない。大統領は不審顔となる。マイケルはすぐにシークレットサービスに拘束された。

という数秒間の動きをケラーマンは照準スコープの中に見守り、大統領はホテルの中に消えた。狙撃失敗。大統領の手の中に紙切れが一枚ある。「我々はテープを持っている」というメモを見た彼女の顔から血の気が引いた。

マイケルはホテルの厨房に連れ込まれた。スーツ姿の男たちに取り囲まれる。キムが登場。マイケルを拘束した瞬間のようすを部下たちに聞く。「写真を撮られたか」「わかりません」「すぐに調べて没収しろ」「了解」。その後、彼は部下たちを追いだし、上着を脱いで自ら尋問開始。

スクレ。メキシコの叔母の家にマリクルーズと潜伏中。テレビニュースでT-Bagが空港で職員を襲って逃げたと知る。監視カメラに格闘して逃走するまでがばっちり映っていた。彼が500万ドルを奪ったことを知ってるスクレは「さては空港に大金があるナ!」と目を輝かせるが、マリクルーズに「バカなことはやめてね」と心配されて「もちろんだいじょうぶ」と彼女の胸のクロスにキスをして誓った。

サラとマホーンはホテルでにらめっこ。震える手つきでピルを飲むマホーンを見たサラが、彼はジャンキーなのかと気づく。なんの薬かと尋ねてみせてもらった。それはヘビーなトランキライザーであり「あなたは壊れている」といわれるマホーンだが、彼は尋問しようともせず、外を見ながらラングに『緊急』というメールを送るのみ。

マイケル。キムにやられてボコボコ。「リンカーンはどこだ」「大統領がおまえに会うわけがなーい!」と容赦なく責められる。このシーンの2人の演技はすばらしい。キムの抑制されたプロの手口は見る者に恐怖と殺意を起こさせる。その根底にあるのは権威主義サディズムであり「おれはエリートだ」「この虫ケラが〜」と相手を見下す視線は酷薄なギャングのよう。

対するマイケルは血を流して苦痛に耐えるが、その表情と声は怖れを克服している。彼は一点だけを凝視していて、まるで未来を信じているようだ。その目は「おれたちの "faith" は "untouchable" である」と固く信じている。信じる者は救われる。

ここでレイノルズ大統領がジャジャーンと登場。厨房にひとりで現れた。彼女は渡されたメモが気になってやってきた。キムに「出ていけ」という。彼はまぁまぁと粘るが「わたしは大統領であーる!」と追いだした。このオバサンの存在感もまた迫力満点。オーラでまくり。日本にいてこんなドラマ見てたら「アメリカ人ってこういう人ばかりなのか」と思っちゃいそうです。こんなの滅多にいませんw。

「テープのことを聞かせてちょうだい」という大統領にマイケルが答える。「それはあなたの弟が死んだはずの頃にあなたと会話した内容である」「20個のコピーが20のバラバラの地点に置かれている」「内容を聞きたければ、ぼくのアニキに電話すれば聞かせてもらえる。あるいはあなたはそれをテレビニュースで聞くこともできる。どっちが好き?」と交渉開始。

スクレ。チョイでかけたすきにベリックが侵入していて家に帰ってきたところで捕まった。黄色い銃身の変わった銃を向けられた。マリクルーズと叔母は畑にでかけてて入れ替わりに押し入ったみたい。彼らはすぐに戻ってくる。

リンク。友達デレクの助けを借りて港の事務所に一時潜伏中。そこに大統領からコール。2人は初めて声を聞いた。テープの中身を聞かせてやった。私たちも初めて聞く。わくわく。

それは、遠くはなれた山の別荘で幽閉生活を送るテレンスがベソをかいてて、キャロラインが「あと少しの辛抱だから」と慰めているという内容で、「彼(リンク)の起訴手続きは順調に進んでいる」という具体的な言葉が出てくるが、さらにギョギョギョとするのは後半の展開であり「こんな寒いところは耐えられん」というテレンスが泣き声になり「きみのぬくもりが恋しいよ〜」「わたしもよ、テレンス」という近親相姦な会話がオーマイガー!OMG X 10000!!!

テープはさらに続きがあるが、大統領がびっくりして電話を切っちゃったもんだからその先は聞けず。彼女はさすがに感情のたかぶりを抑えきれないようすであり、羞恥に震える。そしてマイケルにテレンスが死んだときのようすを質問する。彼は静かにそのときの状況を教えてやり「彼はじぶんで選んでそうしたのだ。次はあなたの番だろう。自分の選択をしてほしい」とうながした。

C-Note。入院中の彼にフィーラーがやってきた。彼はマホーンにナイショでここにやってきて、上司のシッポをつかもうと必死。「彼とどんな取引をしたのか教えろ」と迫るが、C-Noteはいわない。でも粘る。「協力してくれたらあなたに人生を返してあげる」といわれて迷っちゃう。

スクレ。ベリックに拘束され、ヘイワイヤが死んだことを知った。さらにスクレ自身の報奨金が10万ドルと聞いた彼は「500万ドルほしくない?」と釣ってみた。ベリック、にんまりする。

マイケル。レイノルズ大統領と話し続けている。彼女はさっきはドン底ムードだったのにもうげんきになっちゃったみたいで、さすがにモンスターは復活が早い。口調に自信が戻っている。「んで私にナニしてほしいわけ?」「まずは手錠を外せ」「私はカギ持ってないわオホホ」というビッチぶりがさすがです。

マイケルは静かに自分の希望を述べる。「ぼくをこの場から解放する。尾行はつけない。そしてあなたはぼくと兄に恩赦を与える。今日すぐにだ。今日中に生中継カメラの前でアナウンスしてほしい」と聞かされた彼女は「いくらなんでもそりゃムリである」と答えるが、マイケルは相手に時間を与えたら負けだと知っており、大統領ならどんな超法規的措置も行えるだろうといわんばかりで「さぁどうする?」と迫った。

結局、レイノルズ大統領は折れた。ヒステリックに反対するキムを押しきり、マイケルを解放。彼女は恩赦を与えるという。

リンク。ひとりで待つ彼の元に友達のデレクが帰ってきた。片道の船便旅券3名分を持ってきて、おそらくそれはパナマ行きであり「だめだったときの逃げ道」てのはこれのことかと私たちは思う。デレクはさらにお祝いのビールと50ドルを渡した。彼は友達相手にリンクが1週間で捕まるかどうかの賭けをしたんだという。その勝ち金が100ドルで、半分の取り分が50ドル。「がんばれよな」といって彼は去っていった。じわーん。

マイケル。サラとの待ち合わせ場所にきたが彼女はこない。なにかあったかと心配する。彼女はマホーンに見張られてるのでこられないのだ。ここでサラのケータイに着信。サラは出ない。「電話に出ろ!」と興奮したところでマホーンが銃を落っことして、サラがそれをすかさず奪った。「動かないで」と制して彼女は逃走。ヒャッホー。と思ったらラングが彼女を尾行している。マホーンは銃のマガジンをこっそり抜いていた。つまりハメ手であった。

キム。彼は外に出てリムジンに乗り込むと、そこにあの謎の男。「恩赦を与えるなんていいだして止められませんでした。かなりヤバいです」と報告する。相手は無言でファイルをビシッと叩きつける。そこには "SONA" というタイトルだけが見えるが、私たちにはなんのことだかわからない。キムには意味がわかったみたい。なんでしょうね。

マイケル。再度サラにコールしてみた。こんどはつながった。「恩赦を出すってさ!成功だよ!」と大喜びの声を聞いたサラは奇跡だ!と大感動。リンクが待つ港のオフィスを教えてそっちで3人は合流する。ラングは彼女を尾行中。

リンクのオフィスにマイケルが先に到着。弟は明らかに拷問されたとわかる傷だらけだが、その表情は明るい。「どうだったの??」「イヒヒ」「どうっだったのおおおお?」「オッケーだ。テレビ中継で恩赦を与えるとアナウンスしてくれるだろう」「ウッヒョー!じゃチケットはいらないな!」「でも感謝であるね」「もういっぺんいってくれ。ほんとにオッケーなんだな」「もう終わった。おれたちは勝った」2人はビールを出して乾杯する。

大統領のプレスカンファレンス。直前にキムが食い下がり「あなたの秘密を知っている。こんどは我々が敵になるぞ」と気を変えさせようとするがあくまで彼女はノー。「私は決めた」と答え、壇上に向かう。

彼女が現れると人々の歓声が上がる。その口調は自信にあふれた大統領のそれであり、栄華を極めたオーラを全身から放っている。「今日はここホームタウン、愛するイリノイで重大なお知らせをしたいと思います」ときりだすその映像をマイケルたちは見守っており、サラは車中のラジオで聞き、胸躍らせている。あ、ついでに狙撃に失敗したケラーマンも落胆顔で見ている。ところがこの後に彼女の口から語られる言葉にマイケルたちは絶望するのであった。

「私は悪性のガンであると診断されました。熟慮の末、この国の大統領を辞任致します」

というキャロライン・レイノルズのウルトラCにすべての人間が息をのんだ。マイケル、リンク、サラ、そしてキムもまたこれにはヤラレた。彼女にとっては、自分の身を守ると同時にマイケルにもキムの勢力にも対抗しうる唯一の選択は「秘密を墓まで持っていくこと」しかなかったのである。

てわけで振り出しに逆戻り。兄弟の夢は崩れ、彼らは凶悪な脱獄犯として連邦政府から追われる日々に突き戻された。

※感想

オープニングでいきなりサラが拘束されたときはイスから落ちそうになりました。だいたいアレってこのドラマのいつものパターン、敵がマイケルたちに向かってて、マイケルたちはなんかやってて、交互にそれが続いて、実は別の場所だったといういつものオチかと思うじゃないですか!あぁびっくりした。心臓発作で死んだらどうしてくれるんだ。

キャロライン嬢のビッチぶりがすばらしい。ぞくぞくシビレました。彼女がキムを退けるときの台詞 "I am the commander in chief and you are a corporate lackey." の「このムシケラの分際が!」という口調が怖すぎます。私は(みなさんも同じだと思うけど)、Patricia Wetigのオトナの事情でこのドラマが台無しになったら最悪ではないかとものすごく危惧していたわけですが、その心配はブッ飛びました。

それにしてもテレンスとそういう関係だったとは!読めなかったなぁ。見たくないなぁ。

キムのサディストぶりもよかったです。ほんとにアイツ憎たらしィ!無人の厨房で尋問するというシチュエーションはギャング映画みたい。この演出は、シークレットサービスもマフィアもやることは同じだなんていう皮肉な意図があるんでしょうか。

サラがマホーンから銃を奪うなんてちょっとデキスギですが、映像で見る限りぜんぜん違和感がないのが見事です。さりげなく演出が巧いのでしょうか。サラって、すかさず車のドアをロックしたり反射神経すごいのかもw。

未来を信じてギリギリ崖っぷちでジタバタするマイケルたちと、自己破壊なカミカゼ作戦に突入するケラーマンとの対比が鮮烈でした。でもケラーマンも失敗したからまだ人生をやり直せるチャンスがあるんでしょうか。

無一文になっちゃったT-Bagもステキです。メキシコで片手ホームレスの人生?それにしてもあの500万ドルって普通に考えて発見されて当局に没収されてますよね。または超ラッキーな税関職員が持って逃げたか。いやぁおもしろい。

褒めすぎでしょうか。これくらいが妥当かなと思うんですが、みなさんはいかがでしたか。

次回 2-20 :: Panama の予告編

------------------------------------------------------
title: 2-19 :: Sweet Caroline
aired date: 2007/03/05
Writer:
Director:

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  • Title: 2-19 :: Sweet Caroline
  • First Aired: 2007-03-05

Writer:

Director:

Star:

Recurring Role:

Guest Star:

Thanks to: imdb.com, tv.com

硫黄 (2007.03.08 21:58)

お疲れ様です
とてもおもしろいです
早く映像で見たいですね

副大統領最低な野郎ですね

kapi3 (2007.03.08 22:14)

更新お疲れ様です。
自分で見て、英語がわからなかった部分もスッキリしました!
SONAは何なんでしょうね…最終話のタイトルと同じだから、かなり重要なんでしょうけど。
ビッチはビッチらしく、ウルトラCな展開にはほんとに驚きました。
恩赦はしないだろうと思ってましたが、まさか辞任するとは…。
来週は飛行機でPanamaへ行き、そこが旅の終わりなんでしょうかね。
とにかく次回以降が楽しみです。

ゆう (2007.03.08 22:56)

すごく面白くて、カンドーです!
次が待ち遠しい!

(2007.03.08 23:01)

きたーっっっっ!!!!
tinkerさんお疲れ様でした。まってましたよ。いやぁもうドキドキしちゃって死にそうです!!!
最高っ。次がホント早くみたい。
くぅ〜!

kenn (2007.03.08 23:10)

うーむ。テープの内容はまあエライもんでした。兄弟はThe Companyを甘く見すぎてましたね。大統領とてたかがpawn。おいおい。どんだけデカイ組織なんだよ。

Wettigネーサンは1週間に2つのドラマでヒドイ目に合うという感じで... なんというか。すごい女優さんであります。

Kimmyは「学校で習った」拷問ってのがウケました。どこまで行っても言われたとおりのことしか出来ないんですね。

the Pad Man, SONA, dissapper forever. もうどうなるかドキドキしております。ちなみに、SONAは『パナマの刑務所の名前』 or 『the State Of the Nation Address( of the new president)』の2説が現在確認されております。巷では。

kay (2007.03.08 23:54)

tinkerさん、お疲れ様でした。
あいかわらず、とってもわかりやすくて、情景を思い浮かべながらスラスラと読んでしまいました。ありがとう!

kennさん
>おいおい。どんだけデカイ組織なんだよ。
って、ホントですよね。
どんな権力なんだよっ!と思わず突っ込んでしまいました。

次回は1週空くそうですが、楽しみでなりません。

アブルッチ (2007.03.09 00:08)

tinkerさんありがとうございます。デレクのことですがシーズン1でリンクが処刑されそうになるましたよね?その前にマイケルとブルーベリーパンケーキを食べながらトランプしてたじゃないですか?そのときのマイケルとリンクの話しにデレクがでてきます。リンクが確か200ドル貸したままだとか言ってましたよ。

J (2007.03.09 00:46)

まとめて書きましたね!!お疲れ様!!!!!!っていうかキャロラインは大統領になるためにリンクをはめたのに大統領辞めちゃ無駄ってなりますよね、、、、、まだまだ裏があるってことですかね。

meiphan (2007.03.09 01:36)

お疲れさまです!最高におもしろかったです☆まとめて読めるなんて待ったかいありました。このまま終わるわけないよな〜、と思っていたらまさかの大統領 drop out・・・omgそれやっちゃ元も子もないでしょうに・・究極の保身に走る彼女はさすがです。マイケルたちはついに最後の手段、panamaに高飛びですね〜。なんだかseason2はアメリカっていうprisonからの脱獄でprison breakなのかもって思いました。でもあと数話じゃもし無事逃げられたとしてもcompanyのことはさすがに片付けるのは無理ですよね、壮大すぎて。どうするんでしょう??そこは放置で終わってseason3につなげるのかな。

ジョウ (2007.03.09 05:30)

「悪性のガン」=「ザ・カンパニー」だったりして(笑)?

アブルッチ (2007.03.09 06:05)

ジョウさんの説かなり納得してしまいました。確かに悪性の癌っていう比喩的な表現で組織を表してるとかなり納得します。あとビッチとステッドマンの近親相姦って表し方まじウケました。最高です。それとも本当に近親相姦的なことをしていたのでしょうか?

リン (2007.03.09 09:28)

今朝、昨夜録画した1-20を観ていたら(関東在住)
エンディングでシーズン2が5月24日放送開始とありました。やったー日テレさん、ありがとう〜

tinkerさん、エピガイお疲れ様です。毎回、分かり易く
そして簡潔に書いていただいて有難うございます。

アリー好き (2007.03.09 12:42)

連発で読みました、相変わらず分かり易くて光景が目に浮かぶのでドキドキしながら見ました。
いつもありがとうございます
それと19話はテレンスから見てキャロラインがとってもスウィートだからこんなタイトルなんですかね?
視聴者側からはとってもビターなんですがね

kenn (2007.03.09 12:56)

冒頭の"Viewer Discretion Advised"は別の意味でも必要だなあ、なんて(笑)。CarolineはMichaelと話している時にすでに"cancer"と言っていたのですが、Michaelはそこまで気づけなかったんですよ。

大統領については、TV情報誌のサイト等でも"an incestuous relationship"となっているので、実際にそうなんでしょう。せめて片親が違う姉弟(←どっちが上でしたっけ)だといいんですが、というレヴューもありました。

今週のMichael "I love you both."はどうでしょう。MiSa(Mic&Saraの事らしい)ファンには物足りない!?

tinker (2007.03.09 15:00)

みなさんども。デレクがあんときの会話に出てたというのは気づきませんでした。感動しました。そうだったのかぁ。てことは制作サイドはあの時点でこのプロットが見えてたのかと考えるとすごいなぁと思います。

大統領のincestはもう少し具体的な(笑)台詞だったら、もっとギョギョギョだっただろうと思うんですが、ドラマなのでアレが限界かな。ピーを入れたらいいじゃないと思ったけど、盗聴テープにピーが入ってるというのもへんですしね。

ぴぴ (2007.03.09 16:26)

tinkerさん★いつもエピガイありがとうございます♪

大統領の悪性の癌というのは本当のことじゃないんですよね??
大統領を辞めるための口実でうそってことですか??
キャロラインが大統領を辞めたからといってテープがあればリンクが無実ということは証明できて罪の追求はできないんですかねぇ??逃げなくても。。
教えてください。

tinker (2007.03.09 18:04)

ども。

> 大統領の悪性の癌というのは本当のことじゃないんですよね??
> 大統領を辞めるための口実でうそってことですか??

そうそう。私もそう思ってエピガイ書いてたんだけど、kennさんが

> CarolineはMichaelと話している時にすでに"cancer"と言っていたのですが、

ておっしゃってて、私、そのぶぶんよく覚えてない。聞き逃したみたいです。てことは「辞職するほどではないけど、ガンはほんと」っていうことかも。

kenn (2007.03.09 19:00)

ちょっと訂正をば。端折って書いたので誤解を招いてしまった事を先にお詫びします。

セリフ自体はうろ覚えですが、「私はthe companyの駒でしかないから、大統領になるって事自体がもう癌の進行のようなものなの。それは止められないの。それが分からない?」という感じだったかな。つまり、大統領になる事すら彼女の意思ではないと彼に告げていたわけなんですが、まさかそれが大統領を降りるということになるところまでは、さすがの彼も考えが及ばなかった形です。彼女、勝手な事して殺されるかもしれない。

「大統領特赦」を希望したのは、脱走後兄弟が犯した罪を消すためです。真実を証明するために犯罪を犯してしまったわけですから。それを受けられないとLincの殺人の罪は消えても他の罪は償わないといけないんです。

あ、そうそう。このエピソードタイトルは誰かの歌の題名から取っているってwikiに書いてありましたよ。Carolの電話を切ったタイミングが、放送できない内容の始まりなんでしょうね。

tinker (2007.03.09 19:51)

あ、そういう意味か。そういえばそんな台詞があった。私がエピガイでハショちゃったトコをていねいに解説してくださり、どもです。私もあとで少し見直してみよう。

マリリン (2007.03.09 20:31)

エピガイお疲れ様です!
キャロラインとステッドマンがそんな関係だったとはもうびっくり仰天です・・(◎o◎)!!
そりゃ隠し通したいですよね。

T-バッグはどうなるんでしょうかねぇ・・。

それにしても敵は巨大ですね。キムの後ろに何人いるんでしょうかねぇ・・。

チェフ (2007.03.09 22:07)

やばいですねシーズン2は^^;
これは本気で今期のエミー賞いけるかと思います。
マジで面白い。

あとニュースでT?BAGが全力疾走してるとこみて爆笑しましたw

ぴぴ (2007.03.09 23:05)

そういうことをいっていたんですね!!わかりました^^
みなさまありがとうございました☆
マイケル達頑張ってほしいです><

マイク (2007.03.10 13:00)

今週も面白かったですね。

それと見ていて気づいたんですが先週ですかねキムはリンクにボコボコにされて車にも轢かれてたのに無傷でしたね。少し違和感を感じました。

あとtinkerさん、多分サラがマホーンから拳銃を奪えたのはマホーンがとらせたからですよ。弾も入ってなかったみたいだし。逃げさせて後を追いたいからでしょう。

サラは目の前のものに飛びつく傾向ありますし

すず (2007.03.10 13:19)

お疲れさまです 
今回も ひきつけられました〜
ありがとうございます

ようやく 恩赦で♪ と思ったのに ・・
ラスト近づいてきました どうなるんでしょうか
楽しみです

tinker (2007.03.10 15:49)

みなさんども。

> 多分サラがマホーンから拳銃を奪えたのはマホーンがとらせたからですよ。

そうですそうです。そのつもりで書いたんだけど、わかりにくかったかも。私が感想の方で、

> 映像で見る限りぜんぜん違和感がないのが見事

と書いたのは、「マホーンがわざと銃を相手にとらせる」場面がぜんぜんわざとらしさがなくって、それがスゴいなぁという意味でかいたんだったのでした。わかりにくくてすません。

Tweener (2007.03.10 16:56)

tinker さん大丈夫ですよ。
私はそれで理解できましたので。

マイク (2007.03.10 16:59)

> 多分サラがマホーンから拳銃を奪えたのはマホーンがとらせたからですよ

すいません。感想しか読んでなかったので勘違いしてました。
本編の方にはめたって書いてありましたね。早とちりでした。

ケラーマン (2007.03.10 17:57)

プリズンブレイクシーズン2が日本テレビで5月24日から放送予定らしいですよ!

tinker (2007.03.10 18:28)

> 私はそれで理解できましたので。
> 感想しか読んでなかったので勘違いしてました。

そうすか。んじゃよかったw。

> プリズンブレイクシーズン2が日本テレビで5月24日から放送予定らしいですよ!

以前どなたかも別のところでおっしゃってましたが、これって通常よりも早くないですか?よく知らないんだけど、普通日本でやるのに1年待ちくらいかなと思ってたので。

なお (2007.03.10 19:37)

19話見ました!!テレンスとキャロラインがそんな深い関係だったとは?!とても驚きでした!tinkerさんと同様でそこまで知りたくなかったです↓↓笑 
それにT?Bagがテレビに出ていましたが顔がめっちゃうけました!!あの必死な顔はいままで見たことなかったからちょっと驚きでした。あと以外に メガネが似合ってるかも?!
残り三回になりましたね。楽しみだけど、とても寂しいです。次回がどんな展開になるかとても楽しみですね♪tinkerさんエピガイ頑張ってください!!

yuki (2007.03.11 02:46)

ありがとうございます!いつも楽しませてもらっています。
今話は常にドキドキ状態で本当心臓に悪かったです!
プリズンブレイクってホントに大好きです。
私の今の日常でホントに気になることのひとつです。
最後はハッピーエンドで終わってほしーな。
ん〜来週もいろんな問題を抱えてどうなるやら(^^)

いつものすばらしいあらすじは見たあとでも
ホントに楽しいです!

sat (2007.03.11 03:43)

◎エチカーム
比較的穏やかな精神安定剤。興奮や緊張を沈め、不安を取り除くだけでなく、筋肉のコリをほぐす作用もあり、心身が安定する。お疲れ時に1錠って感じの寝酒タイプ。◎ドグマチール
ノルアドレナリンの放出を促進させるといわれている鬱病治療薬。覚醒、集中、積極性、痛みを感じなくなるなど作用がある。(

在日韓国人6号 (2007.03.11 10:41)

みなさん写真は載ってるますか??
僕が見ても前までは載ってたのに、昨日から1話から見ても全部消えてるんですけど・・・

Tweener (2007.03.11 13:07)

私も一昨日くらいから載っていません。

(2007.03.11 13:55)

こんにちは、「PB」以外の欄を観ていない方には???状態かも知れないですよね。
詳しくは左にあるカテゴリーの

海外ドラマ::イロイロTOPIX
03月07日の エピガイから画像キャプチャを外しました

に説明があります。

24シーズン::11話::4:00PM?5:00PM

のコメント欄からからもそれぞれが判断して頂ければ。

ゲスト (2007.03.11 16:32)

お疲れ様デス
ひとつ修正すると、サラがマホーンの銃を奪ったのではなく、マホーンがサラに奪わせたのデスよ。
マジシャンズ・セレクトだったわけデスね。

ゲスト (2007.03.11 16:35)

↑既出、失礼しましたm(__)m
削って頂いて結構でございます。

…ハズカシイっ

tinker (2007.03.12 15:23)

あ、どなたかフォローサンクスです。そう、画像キャプチャははずしだんたったのでした。詳しくは上に挙げてくださったエントリをお読みください。

ゲストさん、あ、そうお気になさらなくてもいいですよん。私の感想だけ読むと、そういう意味に見えちゃうわなぁとあとから気づいた。

wildturky (2007.03.13 17:17)

tinkerお疲れ様です。

以前からこのドラマを聴いたことがありました。脱獄ってタイトルとしては興味を惹かれませんでしたが、時間が取れたので、19話まで一気に41話を見終えました。これは面白い、つい引き込まれて全部見ました。

>おいおい。どんだけデカイ組織なんだよ。

たぶん、カーライルグループのような実在する巨大天下り組織をモデルにしているかもしれません。R・キャロラインの名前からもその影が見られます。

あと、質問ですが、シークレットサービスとは政府首脳を警護する独立組織だと想いますが、大統領の親衛隊であり、命令を強制執行する権限もあるのでしょうか?本作品では取り締まり要らずの暴走機関車と化しています。

リン (2007.03.15 11:28)

ふと、思ったのですがシーズン1の1話か2話でケラーマンがモンタナのブラックフットにいるキャロラインに電話するシーン、皆さん覚えていますか?

ケラーマンが「リンカーンバローズのことを嗅ぎ回っている弁護士がいる」この電話をキッチンでにんにくを刻みながら応対している彼女の周りで幼い女の子二人が遊んでいましたよね。この子供達って、もしかして弟との間にできた子・・・?

この子誰の子 (2007.03.15 12:28)

いやぁそれはないでしょ!!
っていうか、二人は血の繋がりのある姉弟??だとしたら、生物学上危険が伴いますよ。深くはコメントしませんけど・・・。
そこはやっぱりスルーしたい。けどー、二人の関係を裏付ける重要な証拠となったり、人質にはもってこいな人物になったりと・・・。
もしそうなったとしたら、残り3話じゃすまないでしょう。シーズン3にいっちゃう??

この子誰の子 (2007.03.15 12:29)

いやぁそれはないでしょ!!
っていうか、二人は血の繋がりのある姉弟??だとしたら、生物学上危険が伴いますよ。深くはコメントしませんけど・・・。
そこはやっぱりスルーしたい。けどー、二人の関係を裏付ける重要な証拠となったり、人質にはもってこいな人物になったりと・・・。
もしそうなったとしたら、残り3話じゃすまないでしょう。シーズン3にいっちゃう??

リン (2007.03.15 14:16)

二人の間にできた子っていう設定ってありえないけど、
ドラマだし・・・。近親相姦だけだったら、リークされても
でっちあげとか言って逃げられませんかね?
キャロラインが今回のお話でリンカーンから重要なテープの中身を聞かされ、びっくりして途中電話を切ってしまうところから察したんですが、深く追究することでもないのかな?でもリンカーンがシーズン1で何気なく話していたデレクが(お金を貸していた)登場してたので、あの子達も何か裏があるのかと気になったんです。
今後の展開に注目ですね。

tinker (2007.03.16 02:26)

あ、わたしも言われて思い出しましたが、確かに彼女がガーリックカッターと呼ばれてた頃に子供の声がしてましたね。そういうシーンあったあった。テレンスと奥さんの子供たちかもしれません。テレンスの奥さんっていちどだけ登場したと思うんだけど、もう出てこないですね。たしか、シーズン1でベロニカとニックが彼女に会いにいったシーンがあった。

Tweener (2007.03.16 13:29)

そういやありましたね。
話が変わってすみませんが、へイルの奥さんと子供は生きてるんでしょうかね?ケラーマンがシーズン1で、へイルを殺す時にまだ殺してないっぽい言い方をしたので。どーでもいいことですが、気になります。

アブルッチ (2007.03.22 10:44)

お久しぶりです。久しぶりにきたらなんか雰囲気変わったかなと感じたりして。レスが携帯組の人、見にくくなってませんか?レス同士がくっついてて全てつながってるように見えませんか?それとも自分だけか(-.-;)
ところでプリズンブレイクまたまた目が離せないですね。これからも期待です

tinker (2007.03.23 07:42)

アブルッチさん、ども。

携帯のほうみにくくなってます?ほんとに?なんかへんになっちゃったかな。携帯の方はあんまりいぢくってない、というか、よくわかんないのですよ。キャリアによって見え方が違うのが追いきれなくて。ちょっと研究してみます。

TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break