TOP » SF » 4400 未知からの生還者/The 4400

4400 未知からの生還者/The 4400 :: 4-09 :: Daddy's Little Girl :: ネタバレ

trans4400 未知からの生還者/The 4400。シーズン4の9話。ネタバレ。
view: 6627
SPOILER!!!
ネタバレです!!!

ジョーダンとその信者たちが暮らすPromise Cityに、イザベルの父、リチャードが現れた。黒いベレーにレザージャケットがオサレです。アンダーグラウンドなテレキネシスっていう雰囲気だ。彼はシーズン3のラスト以来姿を消していたが、他の能力者仲間の助けを得つつ、独自に潜伏していたのだと明かした。リチャードは過去においてジョーダンと因縁があったが、ジョーダンは彼を迎え入れた。彼は古株であり、生還者のひとりであり、能力者たちにすごく人望が厚かったからである。リチャードはここでみんなと暮らすのかと思ったら、彼の意図はそうではなくて、いきなりイザベルの意識を失わせて拉致。用意してあった隠れ家に彼女を連れ去った。

リチャードはコラっていう能力者仲間からもらった『若返る水』を持ってて、それをイザベルに飲ませた。子供時代をスッ飛ばしていきなり大人になった娘をもういっぺん子供に戻して、人生をやり直したいという気持ちであった。イザベルは反発するけれど、気づいたときにはもう15歳くらいになっていた。そこにカイルが助けにきて、トムとダイアナもきて、リチャードを捕まえようとするが、相手は強大なテレキネシス能力の持ち主なので、みんなをどかどかとスッ飛ばして、応援にきたタクティカルチームもブッ飛ばされて、彼は娘を連れて逃げ去った。最後にはイザベルは自ら魔法の水をごくごく飲んでお子様になった。「パパー」と叫ぶ無邪気顔から察するに、完全に以前の記憶は失われたようです。

というお話の一方でこちらはテスとバーコフ。マインドコントロール能力のあるテスは完全に自己を失ったようすであり、自分が何者かもわからないようであり、彼女は町のダイナーを占拠し、そこにいるみんなにダンスを強制しはじめた。自分の16才の誕生日パーティなのだといい、恋人のボビーがくるのを待ってるのだと彼女は主張するが、これは妄想である。バーコフが止めようとするんだけど、彼女はイッちゃってるので止められない。2日間ブッ通しでみんなを踊らせて、フラフラにさせちゃう。このままいくと死人が出そうである。

困ったバーコフはショーンに助けを求めた。電話してる途中でテスに気づかれたんだけど、ショーンは『ジュークボックスのあるダイナー』をしらみつぶしに探して助けにきてくれた。ショーンがヒーリングをやって、やっと彼女が正気に戻って人々は助かり、バーコフとテスはショーンに保護してもらえた。この2人は政府から逃げているのであるから、立候補しようとするショーンには厄介者のはずだが、彼はバーコフが好きなので助けてあげることにした。バーコフは「まだ実験段階だが」と前置きし、スゴいニュースをショーンに告げた。ジョーダンがバラ撒いたプロマイシンは成功率50%のギャンブルドラッグで「失敗すれば死」というブツだが、バーコフはその後研究をして、注射をする前にそれが成功するかどうかがわかる方法を見つけられそうなんだという。これは大きな躍進であり、彼はショーンの保護下の元で研究を続けられるようになった。すばらしい。元々、プロマイシンはバーコフがつくったんですよね。

余談だが、トムとメガンがいちゃいちゃするようになった。恋人のアラナが行方不明で、ひとり息子のカイルはカルト教団にとられたという寂しい中年男が誘惑に勝てるわけがないので2人はそういうことになった。メガンは「よかったわウフフ」とかいってるので、トムは完全にヤラレちゃってる模様です。トムは自分の耳の後ろのマークが気になって仕方がない。以前、拉致されて正体不明の男たちに注射された痕です。いまはまだ変化はないが、きっといつか時限装置的に自分の身に何かが起きるのではないかという不安に怯えている。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

TOP » SF » 4400 未知からの生還者/The 4400