TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break

プリズンブレイク/Prison Break :: 3-03 :: Call Waiting :: ネタバレ

transプリズンブレイク/Prison Break。シーズン3の3話。ネタバレ!
view: 69693
SPOILER ALERT!!!
ネタバレです!!!

リンク。ホテルの部屋にいる。前回ソフィアから奪った本を眺めている。鳥の図鑑みたいだが、ページのあちこちに意味不明の書き込みがあった。チラリとこんなのが映ったが → "STAMPEDE 614291925" まだ他にもありそうである。

ドアの下の隙間から何者かが封筒を差し込んだ。大急ぎでドアを開けたが、だれもいない。封筒の中身はサラとLJの人質写真。新聞を持たされている。スーザンの仲間が置いていったと思われる。

ボーゼンとしてたらスクレがやってきた。やっと手伝ってくれる気になったかと思ったら「50ドルしかないから例の大金の分け前をくれ」といいだすので、リンクはきぶんがわるくなった。「あのカネは消えたし、おれの手持ちはマイケルを助けるためのもんである。マイケルって覚えてる?背が高くてスラリとした男だよ。あ、おまえを脱獄させてやった男でもあるね」とイヤミをいってやった。

スクレはいいわけの口調となり「すまぬと思っている。だが、おれもピンチなんだ!」とワーワーいう。リンクは「その通り。おれたち全員が罪人扱いだ」と受け取ったばかりのサラとLJの写真を見せてやった。「この人たちもこんな目に遭っている。罪を受けるべきはヤツらなのに」と聞いたスクレはやっと状況を理解したようであり「おれも手伝うわ!」と言いだした。そして哀れな声で「おれたちはどんどん深みにハマっていくようだ。おれはただお金をもらって家に帰りたいだけななんだよ、リンク」と答えた。リンクはぢっとポラ写真を見ていて無視である。スクレはいぢけちゃったみたいで「まぁ忘れてくれ」といって出ていった。リンクは写真を見てなにか気づいたようです。

※エピガイだけご覧になってる人は「スクレがポラ写真を置いたのでは?」と勘ぐる人もいるかもしれませんが、それはなさそうです。ポラ写真を置いた人物の顔は出なかったけれど、服装ではっきりと別人に見えたので。

Sona。広場で男たちがケンカファイト。リチェロの子分のサミーが相手をやっつけて歓声を浴びている。野蛮人のありさまをマイケルとマグレディが遠くから見ている。マグレディが「人間ってかんたんにアニマルになれるものだね。賢い人はフテ寝するしかないわな」と意見した。マイケルが「バカな人間はどうするんだ?」と聞いたら、ベリックが広場に現れ、敗者から靴を奪おうとしてオタオタしていた。

リチェロは上機嫌で王様みたいに振る舞っている。ここにマイケルが現れ「ウィスラーのことで礼をいう」と声をかけた。ウィスラーをほっといてくれてサンクスという意味みたい。リチェロは「なんとことかわからんな」と返す。マイケルは力強くいう。「借りは返す。あんたをSonaから出すヘルプをしよう」と持ちかけるが、リチェロはこの言い方が気に入らなかったようだ。「おれはここの奴隷たちの主人(bucky massa)である。おれとおまえが理解し合っていると考えているという点からして、おまえは大きな勘違いをしているな。おまえはなにか欲しいものがあったら、おれに『頼む』のではなく、慈悲を請うのだ。わかったかムシケラめ」

リチェロの言葉は相手を見下すものであり、マイケルはうぐぅと黙って怒りをこらえるしかない。「マイケル・スコフィールドに面会!」のアナウンスが聞こえた。立ち去ろうとしたらサミーが「ママがお呼びですよ〜」と憎たらしいことをいった。

面会者はリンクだった。彼はマイケルにソフィアと会ったことや鳥の本を奪ったこと等を語り、サラのポラ写真を渡した。マイケルの顔が悲しみに覆われる。リンクは写真の中でサラがこっそり新聞の一部を指差しているんじゃないかと述べる。写真は小さいので新聞の字が読めないが、リンクは同じ新聞を持っていた。それによればSanta Ritaていう町ではないかという。確かにそういうふうに見えるが、それだけでは範囲が広すぎて監禁場所を特定することは困難である。

マイケルは「サラはなにかを伝えようとしている!彼女とぼくが話をできるようにアレンジしてくれ」と頼んだ。これはかなり難儀な注文である。また、たとえ話せたとしても会話はすべて敵に聞かれるだろうから、居場所を探れるとも思えないが、マイケルは説得を続ける。「もう3日も過ぎたけど、良い手は浮かばない。もしだめだったときのために監禁場所を探すんだ!もしぼくが失敗したらリンクがふたりを助けるんだよ!」と熱い口調。どうやって居場所がわかるんだろう。マイケルがいうんだからなんか手があるんだろうなと私たちは思う。

オープニングテーマ曲〜♪

Sona。ウィスラーがマイケルに話しかけるが、マイケルの返答は冷淡である。これまでのマイケルの人生からして「容易には他人を信じない」というのは道理である。マグレディに「電話を手に入れられるか?」と聞いてみた。「そりゃまたむりだわ」といわれた。Sonaでは暴動以来、電話線はぜんぶ撤去されたという。リチェロだけがケータイを持ってるが、彼がそれを使わせてくれる望みはない。どうしましょう。

リンク。スーザンに「サラとマイケルに話をさせてやれ」と頼んでみたが、相手はアホかと拒絶した。「私をこの場でやっつけてむりやり電話したらいいんじゃない?」と笑われた。リンクは粘り強く説得する。「彼は2日間でウィスラーの所在をつきとめた。あんたらが2週間かかってもむりだっただろう」とか「うちの弟はものすごく頑固なのだよ」といってみた。

マイケルとリンクがジタバタしていた頃、リチェロはある問題に直面していた。彼はSonaの中からケータイ電話で外の子分に指示を与えてヤクの取引をさせているが、それがうまくいかなくて取引が停滞しているらしい。子分のだれかが裏切ってるのかも。

ウィスラー。ソフィアが面会に現れた。「君はきれいだ」「わたし、3日もシャワーを浴びてないよ」なんていってるのでふたりはやはり恋人のようである。ウィスラーは外に出てきてサッパリ顔になった。ふたりの会話からして、ソフィアはSonaから死体が出てくる度にメモを探していて、その度に彼女はそりゃもう心臓が止まる思いであったという感動の再会のようである。

ウィスラーが「本はゲットした?」とたずねた。ソフィアは「スキンヘッドの男に奪われた」と報告した。「『マイケル・スコフィールドの兄弟が持ってると伝えとけ』っていわれたよ。だれそれ?知ってるの?」と聞いたウィスラーの表情は曇り、彼はソフィアにすべてを話さない。「マイケルってのはぼくの弁護士みたいなもんだ」とごまかした。ソフィアは疑い顔になる。

「だからあの男に本を持たせたの?」「ソフィア、詳しく話せない。知らない方が君は安全でいられる」「知らないとあなたを助けられないよ!」「わかってる。だから少しの間、聞かないでいてくれ」「なにそれ!ジェームズ!だいたいなんであの本がそんなに重要なのか教えてちょうだい」「電話番号があの中に書かれているのだ」「うそついてるでしょ!」「うそじゃないヨ!」という調子でふたりは会話したが、電話番号説はやっぱりうそっぽいのではないかと私も(たぶんあなたも)思う。彼女を守るためにウソをついたのかな。

ソフィアは面会終了後、ゲートを通って帰るときに面会ノートを見た。そして自分のひとつ前の面会者、リンカーン・バローズの名前と滞在先のホテル名を知った。

マイケル。リチェロのケータイをなんとしても手に入れたい。こっそり彼の部屋を覗いてみたら充電器だけがあった。電話は本人が持ち歩いているのであろう。くそォと睨んでいたら、サミーに脅された。「カネを持ってるか?」と聞かれたので札を見せたら「それ持って、あっちに行って、ヤクでも買え。ここらへんをウロチョロするな」とこわい顔。てわけで、こっそり盗むというわけにもいかない。こまりました。

マホーン。ヤク切れである。ヒゲボーボーで目は虚ろ。囚人がヤクをキメてるところを目をまるくして見ている。

マイケル。苦悩の表情。必死に手がかりを求めて考える考える。手の中にはサラの人質写真。なにか思いついたんでしょうか。

リチェロ。ケータイで外の部下に指示を与えていたが、電池切れでイライラ。あるいはどこかのだれかが妨害工作をしているのかもしれない。ところでT-bagは相変わらずリチェロにペコペコであり、家来のようであり、哀れな片手男であり、床屋の予約係なんかをやっている。プライドを完全に捨てたようすはパシリそのものである。リチェロを含めてSonaの囚人たちはこの男の凶悪性にまったく気づいていない。

マイケルはT-Bagを捕まえた。「ケータイをゲットしたいからなんとかしろ」という話だが、彼がハイヨと協力するわけないので脅してやった。「パナマ人は信心深い。おまえがペドフィリアの変態レイピストだと知ったらみんなはどう思うだろうか」といってみた。T-Bagはこまった顔になった。

その後、ウィスラーがマイケルのところにきて文句をいった。彼はリンクがソフィアから本を取っていったと聞いたし、どうやって脱獄するのかもわからないから頭にきちゃったようである。マイケルは「本などなんの興味もない。ここから出れば返してやる。悪い人間たちがおまえを生きてここから出そうと考えている。おれは悪い人間に命令されるのはいやである。やりたくない。そもそもおまえの人生やら本やら、そんなのぜんぶどうでもよい。おれが考えているのはただ一点のみ。それもこれもぜんぶこのひとを助けるためである」といってサラのポラ写真を見せてやった。ウィスラーはへぇと思った。

リチェロ。塀の外の従兄弟と電話で話している。どうやらこの話し相手のアウグストっていう男がリチェロに逆らっているのかと思われるが、本人は否定している。話の途中で通話が切れた。また電池切れ。充電器のプラグが抜けていることに気づいたリチェロは子分を怒鳴りつけ、電話を充電し直した。T-Bagがやったと思われる。

マホーン。ヤク切れに必死で耐えているところにパナマ人の公選弁護人がやってきた。「マホーンさん、よい知らせですよ。あなたの裁判の日取りが決まった。6月13日です」といわれて最初はウヒョーと喜んだが、日付を聞いてへんな顔になる。「6月13日って先週だろ?」といったら「来年の6月13日です」といわれてがっくり。「それがよい知らせ?」「普通は2年以上かかるんです」「待ってくれ!マイケル・スコフィールドがおれをハメたと証言してくれるのだ!」「1年後にゆっくりうかがいましょう」

マホーンは絶望のひととなり、彼はもはやプライドのカケラもないようで、相手にヤクをねだった。拒否された。頭にきてフェンス越しに暴れたら、足元にダダダと銃弾が飛んできた。ここじゃいうことを聞かないと人権無視でニワトリみたいに殺されちゃうのだ。引き下がるしかなかった。

リチェロの部屋では男たちがけだるく過ごしているが、そろそろリチェロが床屋に行く時刻である。床屋っていうのはオカマっぽい囚人がリチェロの散髪(ていうかスキンヘッドなので頭剃り)を定期的にやってるらしい。さっき充電を始めたばかりなので、彼は電話をそのままにして散髪にいった。というのはT-Bagの狙い通りである。リチェロが出た後、T-Bagは誰にも知られないように電話を外してマイケルに渡した。リチェロが床屋から帰ってくる前に戻さないと超ヤバいので気が気じゃない!「ぜったい30分で戻せ。じゃないとおれもおまえも殺されるゾ!もしそうなったらおまえも道連れだからな!」と手渡した。てわけで、マイケルはやっとこさケータイをゲット!

リンクにコール。「いますぐサラとつないでくれ!」「まだスーザンと交渉中なのだ。ちょい待て」「急いでくれ!」というリンクは雑踏の中を歩いているが、その後ろからソフィアが尾行中。バーでリンクとスーザンが再会。「なんでもええから早く電話をつなげ!おれたちの助けを欲しいんだろーが!」と強気に出たら相手はやっと折れた。

マイケルに着信。サラだった!2人がお互いの声を聞くのはシーズンフィナーレで引き裂かれて以来である。「いまこそ君にありがとうといわなくちゃ」とかいって、小屋から出てきて、マイケルは逮捕され、ふたりは兵士たちに引き離されたのだったですよね。マイケルは胸イッパイだが、感動ばかりもしてられないので大急ぎで用件を話す。「そこはどこ?」と聞けないから、ふたりはふたりだけにわかるやり方で話を始めた。サラもすぐにマイケルの意図を理解したようである。

マイケルは "I saw your picture today. And I want you to know I understand the difficult place you're in." と切り出した。これは「写真を見た。あなたの現在の窮地を理解する」といいつつ、"photo" と "place" という単語を使ってることからして「写真で指差してた場所にいるのか?」と聞いてるんだと思う。これに対して、サラは "Michael, listen, I don't want you to think like that." と否定する口ぶりで答えるのは「地名じゃない!ワカレ!」といってるようである。不思議がるマイケルにサラは続けてこういった。"You have to know it's a lost cause. LJ and I, we can see it now." この "lost cause" が暗号のキモである。この台詞は表面的には「わたしらもうダメだわ」みたいに聞こえるが、と同時にこのワードは "Saint Rita(聖リタ)" の暗喩でもある。

新聞の地名は "Santa Rita" だった。ゆえに、サラが否定口調になって「わかってちょうだい!」といってるのは、"Santa Rita" は地名じゃないと伝えたかったのである。"Saint Rita" はイエス様の話に出てくる聖女のひとりで、人の集まるところにこれの彫像などがよくある。公園とか。だからつまりサラは "Saint Rita" の彫像が見えるところにいるといいたかったのではないかとマイケルは気づくのであった。

なんてえらそうに解説しているが、私はこのエピガイのためにネットで調べただけなので聖書のことなど詳しくは知りません。こういう話に詳しい方がいたらフォローよろしくです。Saint RitaについてはWikipediaに解説があった。下のリンクの一番下に Lost Causesのことも書いてありました↓

その後、マイケルが「もう少しヒントをくれ」みたいなことをいったら、サラは "All I can think of to help is, maybe you just need more time?" と聞いた。「あなたの理解をうながすためにいうならば、もうすこし時間が要る?」という返答は少々不自然であり、むりやりに "time" というワードをいいたがってるように聞こえる。続けてこういった。"It's like... It's like they're giving you until midnight and I'm sitting here at 3:00 a.m." このぶぶんはマイケルもよくわからなかった。マイケルがわからないんだから、私にもわからない。時間に関係あるなにか?そこには大きな時計台があるとか?

ここで2人の会話は終了させられた。大急ぎでリンクに会話の内容を教えた。T-Bagが焦りまくってケータイ電話をとりにきた。タイムアップである。リンクに「あとは頼む!」といったらリチェロが散髪から戻ってくるところで間に合わないよ!T-Bagが必死で呼び止めて時間稼ぎ。「リチェロ!」と呼びかけた。このときばかりはPatronじゃなかったので、彼もよほど焦ってたんだろう。「ナニ?」と聞かれてT-Bagは言葉に詰まってしまう。イヤーな空気が流れた後、T-Bagは「こんなキレイなツルッパゲは見たいことない!いやーすばらしい剃り具合である」と述べた。リチェロは大笑いで「おまえもやったら?」なんてやってる間にマイケルはこっそりケータイを戻すことができた。危なかったー。と思ったら、リチェロはケータイが充電器にきちんとハマってないことに気づいてこわい顔になった。だれかがおれの電話をいぢりやがった。

※サラのシーンでは彼女の後ろ姿だけが映りました。産休で出演できないから苦しい代役と思われます。

その直後、リンクのケータイに着信。リンクは警戒しつつ出てみた。リチェロだった。「おまえだれだ?」といわれた。無言で切った。このときリチェロは "Who is this?" と英語でいうくらいだから、やっぱり彼はマイケルかT-Bagを疑ってるんだろうか。子分に「この番号を調べろ」と命じた。

リンク。嫌な電話を切った後、タクシーに乗ろうとしたらこんどは後ろからヒヤリとナイフを当てられた。ソフィアだった。彼女はリンクの正体を確かめたくて後を尾けてきたのである。「おれたちは味方同士だよ」といったが、彼女は信じない。「あなたの恋人を脱獄させたがってる連中がいて、そいつらがおれの息子を誘拐したんだよ」と教えてやった。彼女は考え込んでしまった。

マホーンのところにウィスラーがきた。「出身はドコだ?」とか長々と世間話をしているが、ウィスラーの目的はマイケルのことを聞き出すことだった。マホーンは「スコフィールドを味方にしたらすごく頼りになるだろうし、敵になるととてもやっかいな相手になるだろう」と教えた。このシーンではマホーンを見たウィスラーが「あ、あなたは警官だね?だからスコフィールドと因縁があるわけね」なんて納得顔だったが、ウィスラーは地下の壁の中にいたんじゃなかったでしたけか?

リンク。タクシーに乗って「Saint Ritaの彫像があるところ」といったら運転手は「ハイヨ。Lost Causesだね!」というので有名な場所みたいである。その場所に着いた。道が交差する広場の真ん中にその像はあった。人々が歩いていて、家がある。この近所にサラとLJがいるんだろうか。道行くひとたちに聞いてみたけど手がかりは見つからない。リンクは必死顔でサラの言葉をおさらいしてみた。"It's like they were giving us until midnight. But she was sitting at 3:00 a.m." という言葉から連想して、midnightは深夜0時だから、Saint Ritaの彫像の前に立ち、そこから3時の方向にサラがいる。ということなのであった〜。そんなのよくわかるな!

と思ったらその方角には2階建ての家があって、窓がパリンと割れた!中でだれかが暴れているみたい。リンクのアドレナリンは急上昇!ウオーーーと走って階段をダダダと登る。階段の途中で男とすれちがった。敵の仲間だろうか。そいつをボコボコとやっつけてドアを開けた。LJがいた!男にはかいじめにされている。「パパー!」と叫んで、リンクも必死である。数人の男たちに阻まれた。あとちょっとのところだったのに、結局逃がしてしまった。男たちはLJを連れて車で逃走。このシーンではサラの姿は見えなかった。リンクが来る直前に移動させられていたのかもしれない。惜しかったー!男たちはバンで走り去ったが、前も後ろもナンバープレートがなかった。パナマだってナンバープレートはふつうありますよね。よく知りませんが。

敵に逃げられたリンクはまたSonaにやってきて、マイケルに「ちょびっと遅かったよ」と残念な報告をした。マイケルは「2人ともげんきだった?」と聞いて、リンクはLJの姿しか確認していないと思うんだけど(ですよね?)「そうだよ」と答えた。「サラは見えなかった」なんていえなかったんだと思う。「サラの写真をしっかり持ってろ。彼女を助けたらおまえが彼女にそれを渡すんだ」とげんきづけた。

マイケルはひとりになってから窓の外を眺めて脱獄の方法を考える。フェンスに走り寄って射殺された男の記憶が蘇る。気が重くなった。

ウィスラーがきた。「話をしよう」という。彼はマイケルの信用を得るために、知ってることを話すつもりできたらしい。「君はその写真の女性のためにぼくを脱獄させなくちゃと思ってるんだろ?ぼくのほうも状況は似ていて、ぼくがここに入ってるのはソフィアのためなのだ。ソフィアっていうのは君の兄が外で会った女性で、ぼくの恋人でもある」「ソフィアは拉致されていないだろ。よっておれたちには共通点などない。なぜカンパニーはおまえに興味を持つのか?そこから教えてくれ」「カンパニーなんて知らん」。ここでマイケルは「駆け引きはウンザリである」と突き放してやった。そしたらウィスラーはやっとしゃべり始めた。

ウィスラーはかつてチャーター船を運営していた。彼がフィッシャーマンと名乗ったのはそういう意味であった。あるとき自然科学者みたいな男がきて、ある水域に連れていってくれと仕事を頼まれた。どっかの水のサンプルを取りたいとかいう話で、その通りに仕事をした。チャーター船だからカネさえもらえばどこにでも行くし、客の目的などは知ったことではない。その仕事を終えて数ヶ月後、だれかから電話があって『その男をどこに連れていったか教えろ』といわれた。『覚えてない』と答えたら、政府機関みたいな連中が現れ、つきまとわれるようになった。怖くなって恋人のソフィアを連れてパナマに移り住んだ。これで安心かと思ってたらば、ある日、バーでケンカに巻き込まれて、Sonaに放り込まれた。その後、面会者が現れ「Sonaから出してやる。そしたら男を連れていった場所に案内しろ」と約束させられたという。そしてリンクが奪った鳥の図鑑には、その地点に達するための重要なメモが書かれてあるんだという。GPS座標値とか目印とか。それはウィスラーじゃないとわからないもんらしい。

マイケルはここまで聞きだすと「その本がそれほど大事ならなおさら返すわけにはいかない。こっちの取引が終了するまで預からせてもらう。君とカンパニーの問題はぼくらには関係ない。気の毒だとは思うけどね」と述べた。マイケルはものすごく用心深くて、慎重である。ウィスラーは「わかったよ」と同意し「それでいったいどうやって出る?脱獄者はこれまでひとりもいないんだろう?」と聞いた。マイケルは「そうらしいね」と答えながら、広場を見つめている。その視線の先には死体を運びだす男たち。

T-Bag。リチェロの子分のサミーにいぢめられた。サミーはT-Bagがうまいことボスの機嫌をとってるのが不満である。「おれらのためにジョークを聞かせてくれ。あ、ダンスでもいいよ。片手じゃむりか!」とグジグジいたぶられたかと思えば「おまえはボスをダマしたつもりでいるだろうが、おれはダマされんからな」と脅され、歩き去ろうとしたらばケツをケトばされた。フォックスリバー時代のT-Bagとは大違いのランク落ちである。T-Bagにとってこれほどの屈辱はないだろう。いぢけたニタニタ笑いでやりすごしているが、いまはきっと充電中なんだと思われる。そのうち満タンチャージ完了したらズガーンとくるでしょう。

その後、T-Bagはひとりでいたリチェロを訪れ、これまたペコペコとドレイのような口ぶりで長々としゃべるのだが、要は「あなたの子分の中に逆らう意思を持ってるのがいるみたいだ」とチクリにきたのである。リチェロはコロリと信じたようすであり「おまえはこれからもおれの目と耳になれ」と命じた。T-Bagはリチェロ操縦法を完璧に心得ているようであり、リチェロは睡眠術にかかったようである(といったら大げさすぎ?)。T-Bagの言葉の選び方やへりくだった調子がリチェロにはものすごくツボのようである。このエピの冒頭で、マイケルはリチェロに話しかけて「頼みがあるんなら慈悲を請うのだ」と冷たくいわれちゃったのだが、それに比べてずいぶん対照的。リチェロはT-Bagがなんかいうたびにワハハと笑って満足そうにしている。リチェロを味方にするという点においては、T-Bagは完全にマイケルの上をいっている。悪の世界の住人じゃないとわからない嗅覚があるんでしょうたぶん。

マイケルがひとりでいたらそこにマホーンがきた。「おまえはずいぶん落ち着いているな。こんなひどいところにいて不満も言わないのは、もうすぐここから出ると思ってるからじゃないのか?おまえはなぜウィスラーに興味を持つ?ウィスラーもおまえのことをすごく気にしているぞ。なぜだ?そもそもなぜカンパニーはおまえを生かそうとした?おまえのなにが特別だというんだ?」と質問攻めである。マイケルが「それはぜんぶクレイジーな妄想だ」とごまかしたら「ああ、そうかい。んじゃウィスラーをおれが殺すぞ。それでもいいんだな?」といわれた。マイケルはその質問には答えず「カンパニーがなにを嫌がっているかは問題ではない。問題はカンパニーがなにをしたがってるかなんだよ。それはおまえの愛する人たちにも向けられるぞ。気をつけろ、アレックス」

マイケルの言葉は大きなヒントだけれど、マホーンがその真意に気づいたかどうかはわからない。マイケルの言葉の選び方はとても注意深くて、容易にはだれも信じないという慎重さが見える。ところが、このときのふたりの会話はベリックに立ち聞きされていた。彼は「なにかある!」と直感しただろう。

リンク。ホテルに戻ったらドアでスクレが酒のボトルを持って寝ていた。どこにも行くあてがなかったのだろう。リンクは彼を部屋に入れ、ソファに寝かせてやった。ここでスーザンから着信。「今日のようなことは2度としないでほしい。あなたにその点をよくわかってもらうためにあるものを置いておいた。ガレージのゴミ箱の近くにあるから見ておくがいい」とこわい台詞。

リンクはギクリとした。冷や汗ダラダラでその場所にいってみた。四角い箱があった。下の方に血がみえるかも。箱の大きさからいって、LJの手か足でも入っているのかとどきどきする。まさかナマ首とか。開けてみた。中身は ... ?!

また来週〜。

※感想

最後のシーンでは、箱の中身は見えないのですが、リンクの表情だけは見えて、彼はものすごくチビリつつ箱を開けるんだが、開けた瞬間、「あーよかったー」みたいな表情に私には見えたんですけどね。みなさんはどうですか。

マイケルが死体を運び出すところを凝視するシーンが何度かありました。つまり死体に化けて逃げようという手を考えているんでしょうか。

マイケルはとにかくものすごく用心深いかんじです。彼の経験してきた人生からすればあたりまえといえるわけですが、同時にまた彼は『困ってるひとを助けたい病』でもあるので、いまはウィスラーに冷たくしているけど、結局、優しくしてあげるんじゃないかなと思っています。

T-Bagの卑屈演技がもうさすがっちゅうくらいに徹底してます。シーズン3に入ってまだ一度も彼のテーマ曲が鳴っていない。あの低音の呪いの音みたいなヤツ。彼が人を殺すときに鳴る音楽(音楽というよりSEなのかな)、あれがまだ一度も聞けてないわけですが、そのうちガツーンとくるでしょう。SonaのみなさんはT-Bagのことを哀れでチンケな片手男だと思ってるみたいなんで、みんなの前でいきなり本性を出したらそりゃもうおもしろいでしょうねー。わくわくするわ。

シーズン3に入ってから場所がパナマなので、しょっちゅうスペイン語チャンポンみたいなへんな言葉が出てくるようになって、スペイン語スラングみたいなヤツ?よく知りませんけど、レゲエとかスカの人たちが好むような変わった発音の単語がしょっちゅう出てくるんでなんじゃコレと思ってたのだけれど、ちょうどよい辞書ページがありました。Patois(パトワ語)っていうのがあるらしい↓

Rasta/Patois - English Dictionary

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  • Title: 3-03 :: Call Waiting
  • First Aired: 2007-10-01

Writer:

Director:

Star:

Recurring Role:

Guest Star:

Thanks to: imdb.com, tv.com

わあし (2007.10.03 13:18)

スクレって本の数日前にはT-BAGにドライバーで胸をグサグサ刺されて死にかかっていたのにもうあんな元気になって、街中を走ったりして大丈夫なのかお?

0x0 (2007.10.03 14:36)

刺されて路上で倒れて以降ショップに登場するまで空白があるわけですが、
あの後、目が覚め薬を購入してヤセ我慢しつつ回復状態にあるのか
気がついたら病院で手当ては受けていた可能性とかイロイロ考えちゃいますね。
いずれにしても致命傷でもなさそうだったし上手く回復できてるんだとは思います。
それにしてもカワイイな〜スクレ(゚ω゚)

そういえばJustJaredでサラの記事がでてますね。
信憑性はあるんでしょうか・・コメントも白熱してます。

麻衣子 (2007.10.03 19:02)

暗号がどういうことやらわかんなかったので
詳しく解説してもらえて嬉しいです♪

あ、サラもバンに詰め込まれる時にジーパンだけちょろっとうつってましたよ

キント (2007.10.03 21:07)

マイケルと初めて会った時、リチェロはTVのCNNだったかでフォックスリバー刑務所の脱獄事件を観ていて、マイケルのことを詳しく知ってるような感じじゃなかったですか?

それなら一緒に逃げた他の囚人の素性、T-Bagのことも小児性愛者だとか知ってると思うんですが、何で今さら...。

tinker (2007.10.03 23:30)

どもです。
> 街中を走ったりして大丈夫なのかお?

ドラマですからw。他ドラマの話ですませんが、Lostのシーズン3のナオミ(空から降ってきた女の人)を思い出しました。あっちも驚異的な回復力でしたから。

> JustJaredでサラの記事がでてますね。

ほんと?JustJaredはrss購読してるんですけど見逃したようでその記事がわかりませんでした。よかったら記事のurlを教えてくださいー。

> サラもバンに詰め込まれる時にジーパンだけちょろっとうつってましたよ

あ、そうすか。それは気づきませんでした。どもです。電話してるときも後ろ姿だけだもんなー。あの後ろ姿、貞子(リング)みたいだなと思いました。

> T-Bagのことも小児性愛者だとか知ってると思うんですが、

そういえばそうですね。アラバマで何人殺したとかニュースでじゃんじゃんやってたわ。T-Bagは後から入ってきたから、マイケルつながりのフォックスリバーのT-Bagだと気づいてないとか?わかんないけど。

tinker (2007.10.04 09:24)

> マイケルつながりのフォックスリバーのT-Bagだと気づいてないとか?

と思ったんだけどやっぱちがうなと後から気づきました。前のエピでT-Bagがマイケルのことを「こいつはヘビヤローですぜ」なんていったから、リチェロはマイケルとT-Bagの関係を知ってるはずなので、やっぱりキントさんの言う通りに、T-Bagの過去を知らないというのは不自然でしたね。

kenn (2007.10.04 10:18)

やっぱり死体偽装作戦ですよね。アレックスが殺したろか、と言った後でしたもんね。いよいよ本格的にT-Bagと手を組んでやっちゃうのかなー。

ちょっと意外だったのはリンクがスーザンからの電話を受け取ったとき、えらく素直だった事です。多分どうでもいいことなんだろうけど、うんうんと怒りもせずにうなずいてたのが「え?」っていう感じでした。

箱の中身はなんだろなー。

0x0 (2007.10.04 11:34)

Tの正体についてですが案外リチェロが知ってる事実を
単にT本人が気づいてないだけなのかも。これだったら
マイケルの脅しに屈するTって図も納得いくような・・
それかやっぱマイケルについとけば脱獄できるかもだぜっへっへ〜みたいな
調子で乗ってるフリして裏の考えがあるのかな・・いずれにしてもスネイクは
Tのほーじゃないか〜なんて笑っちゃいました<ヘビのシーン

>tinkerさん
こちらです〜
ttp://justjared.buzznet.com/2007/10/02/sarah-wayne-callies-fox/

くじ (2007.10.04 14:27)

お疲れさまです!!
めちゃわかりやすくて読みやすいです!!
いつもありがとうございます。

死体偽装作戦・・そういえば死んで外に出ても念のため銃を撃って殺すシーンありませんでしたっけww

1話でマイケルとバトルして死んだやつ・・・出れたとしてもまた撃たれてたような。

脱獄者K (2007.10.04 16:28)

スクレもSONAに入るんでしょうか?
みなさん、どう思いますか?

kenn (2007.10.04 17:55)

くじさん。そこなんです。

だから死体運ぶのをT-Bagがやって、その前に偽死体みたいなのをベリックが用意して入れ替えて、みたいな展開になるんかなあ、と思ってたんです。

T-Bagがリチェロに「これでイーブンだな」って肩をポンと叩いていたし、それくらいやっちゃうかな、という勝手な予測です。

そんなに甘くないかな。フォックスリバーと勝手が違いすぎるので:D

JOHN (2007.10.04 19:01)

脱獄の方法ですか?
とにかく実行は夜ですよね 昼間の脱獄はほぼ無理でしょうね そういえば夜のSONAって出ました?

tinker (2007.10.04 19:46)

0x0さん、ありがとう。見ましたー。えれーこと書いてありますね。だれがつくったんじゃーー。カンパニーはフランスにもいたのかーと思いつつ読みました。

くじ (2007.10.05 00:23)

>けんさん

確かに身内でひっくるめてやれば可能かもしれませんが・・・どうですかねww

4話の写真見たら外で穴掘ってたんでそれがキーになるのかならないのかww
全く予想できないですね。

でも生きたままであそこは絶対に抜けられないのは間違いないですね。
ってことはやはり死体・・・。

ぴぴ (2007.10.05 22:03)

エピガイありがとうございました♪

箱の中身が気になります・・
足とか、手とか首とか><じゃないといいです。

その水域に行った男とカンパニーとの関係性気になりますね。

マイケルはマホーンとウィスラーと組んで、t-bagをうまく使えば脱獄できると思います!!!!

頑張れ〜〜 :D

bob (2007.10.07 08:38)

チャールズの娘は・・・ :cry:

Hallelujah (2007.10.07 17:34)

管理人さん、毎度のことながらお疲れさまです。
Season3 #03 「Call Waiting」までの感想になりますが、正直T-bagわSeason3の後半まで生き残ると思われます。勘ですけど、彼の出演でドラマがより面白くなってるのわ間違いないんじゃないでしょうか。
リンクが開けた箱ですけど、チラリと見える箱の底の血痕のようなもの。そしてあの箱のサイズ。まったくFOXわいやらしいです。笑” #04の開始早々から箱を開けてビックリ!!なんてことだけわしないと思いますが。Season2の後半で、シーノートが首吊って終わって、次週でわ助かったシーンから始まりましたよね。一週間楽しみにしていて、放送時間開始早々「うわっ!!!」ってのだけわ、やはり勘弁願いたい限りです。
マイケルわケータイの充電をしくじりましたね。やはりサラのこともあり、そーとー追い込まれていますよね。ウィスラーにマホーン、それにリチェロとマイケルの不安要素爆発中のSONA。頑張れマイケル!!!
来週も楽しみにしています♪

ポン菓子 (2007.10.08 14:29)

シーズン1に出たきたウエストモアランドの娘はどうなったんですか?

ポン菓子 (2007.10.08 14:30)

箱の中身は・・・

ポン菓子 (2007.10.08 14:36)

それから今更ですが、マンシェではなくマンチェ。
トゥイナーではなくトゥイーナーです。

ポン菓子 (2007.10.08 14:36)

それから今更ですが、マンシェではなくマンチェ。
トゥイナーではなくトゥイーナーです。
ヘイワイヤではなくヘイワイヤーです。

ポン菓子 (2007.10.08 14:51)

ポウプではなくポープ、ギャリーではなくギアリー、フィボナチではなくフィバナッチです。

初心者 (2007.10.08 15:37)

素朴な質問ですがみなさんシーズン3はどうやって見てるんですか?

ポン菓子 (2007.10.08 16:23)

このサイトで見てます>初心者さん
:wink:

初心者 (2007.10.08 16:36)

ポン菓子さんパソコンで:wink:って検索すれば出るって事ですか?

Sac (2007.10.08 16:39)

上のポン菓子って人、何が言いたいのでしょうか?意味不明ですね。

初心者さん、S3を見てる人は僕のように在米かiTuneのUSA accountを持ってる人だと思われます

Tinkerさん、いつも詳しいエピガイを楽しみにしています。
9月に発売されたS2のUS版DVD Boxをようやく見終わり、やっとここまで追いつきました。
今シーズンは、SONA内部とPANAMA市内二つの出来事のみが描かれているので前と比べ話に奥行きがないような気がします。打ち切りにならないことを願います。

べリックの堕ちっぷり最高ですよね。ブリーフ一丁もかなり笑えましたが、あのピチピチのTシャツとMCハマーみたいなパンツが僕的にはかなりつぼです :lol:

ポン菓子 (2007.10.09 00:41)

ただ間違いを直そうと思って・・・ごめんなさい! :-(

兼六 (2007.10.10 15:20)

管理人さんすごいですね〜
話理解するのみならず、暗号まで、、、
完全なバイリンガルですね〜 :shock:

tinker (2007.10.10 18:02)

ファイル共有/違法コンテンツ配信サイト等に関する話題は一切NGです。よろしくご協力ください。

JOHN (2007.10.10 18:11)

みなさん管理人に迷惑かけないように
箱の中身気になる!!

ウエストモアランド (2007.10.10 21:44)

リンカーンとマイケル、どっちが主人公ですか?

DOWN UNDER (2007.10.10 22:07)

さっきS3をTVで見てから即このエピガイで復習です。毎回楽しみにしてます。

トロ (2007.10.10 23:20)

>ウエストモアランドさん

マイケルではないですか?

Fake (2007.10.11 01:22)

箱の中身はあれだとおもいます。

クール (2007.10.11 07:06)

04話見ましたー!!
箱の中身はサラの生首ですw
かなりショック! これからどうする
マイケルw

ケラマン (2007.10.11 10:19)

>クールさん

まじっすか!!!!!
そんな・・・・他人の死体とかでびびらせようとかいう計画だと思ってたのにwww

いきなりすごい展開。

エヌ (2007.10.11 12:30)

サラの切り方いろんな意味ですごかったなぁ
ヒロイン(?)なのに・・・
ベリックはほんと哀れな人だT-bagが動き出したんで今後に期待

SAM (2007.10.11 12:55)

クールさん、それを言ったら4話をまだ見てない人に対してネタばれになっちゃいますよ!ここの話題は3話までのネタばれOKってことなんじゃないでしょうか。
その情報は4話のエピガイがアップされてから書き込むべきでしょう・・・

ニカ (2007.10.11 12:58)

サラ・・・

あれはほんとなんでしょか。。。

ひどすぎる・・

衝撃が今も・・ :shock:

ぽん (2007.10.11 12:58)

えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!

michi (2007.10.11 13:47)

製作者サイドにはほとほと幻滅したよ。
こんなドラマは打ち切りになってしまえ :evil: :evil: :evil:

TK (2007.10.11 16:30)

まだわかりませんよ
希望を持って最後まで見ましょう :shock:

水 (2007.10.11 17:05)

毎回大変だろうけど楽しみにしてるのに今回(4話)は管理人さんネタバレ遅いですね。お忙しいとは思いますが頑張って下さい。
:cry:

ウエストモアランド (2007.10.11 17:36)

>トロさん
オープニングではドミニク・パーセルと出ています。リンカーンではないでしょうか?

有機 (2007.10.11 18:13)

あーーサラがーーーーーーーー :cry:

有機 (2007.10.11 18:13)

あーーサラがーーーーーーーー :cry:

tinker (2007.10.11 19:10)

いまやってるんでもうチョイ待ってね。みなさん仲良くやってちょうだい。サラは ... あとでエピガイで感想を述べます。See you around, guys!

シナモン (2007.10.11 19:54)

本当に初心者ですみません。どうすればシーズン3は見れるのでしょうか?

けらーまん (2007.10.11 21:19)

>tinker さん

お疲れさまです!!
エピガイがんばってくださいWW
いつまでも待ちますよ。

応援してます。

水 (2007.10.11 21:28)

>tinker さん

お疲れ様です。
ご苦労様です。
本当に毎回毎回頭が下がります。
催促してしまって申し訳ありません。
僕も全然待ちますから・・。
お身体ご自愛下さい。

>シナモンさん

ネットが出来る環境なら
探せば見れると思います。
詳しく言うと何か色々問題がありそうなので・・。
僕も英語は大して喋れませんし
解読も出来ないけどネットで
今の所4話迄全て見ました。

トロ (2007.10.12 22:38)

>ウエストモアランドさん

そうなんですよ。
OPではドミニク・パーセルが出ているんですよね。でも、リンカーンが主人公だと今までの流れ的に少し不自然ではありませんか?

Related Links:

  • Prison Break #3.03
    プリズン・ブレイク シーズン3 第3話 『Call Waiting』 マイケルがウィスラーを無事に脱獄させるその日までの連絡方法をリンカーンに伝える "ザ...
    from:『DVD Agent 73』

TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break