TOP » SF » ナイトライダー/Knight Rider

ナイトライダー/Knight Rider :: 1-05 :: Knight of the Hunter :: ネタバレ

transナイトライダー/Knight Rider。シーズン1の第5話。ネタバレ!
view: 28496
SPOILER!!!
ネタバレです!!!

今週の敵は極右過激派組織を率いる危険男、ウォルト・クーパートンという。彼はフェニックスに広大な私有地を持ち、ドえらい武器を持ってて、コワモテの部下兵士たちを引き連れてブイブイいわせている。さいきんこの男が超ヤバい武器を手に入れたっていう情報が入って緊張が高まるのであり、マイクは元海兵隊AWOLのニセ経歴を装って潜入捜査をする。

ワザと挑発してやったら「怪しいやつめ!」と敵に捕まった。ここまでは計算済みである。敵の基地に潜入してヤバい武器はどこだと探してたらば、クーパートンの部下兼愛人らしきオンナ兵士が闘いを挑んできた。「おまえはだれだ〜」と怒るオンナはじつはMI-6の潜入捜査官だったと明かされた。彼女の名前はカサンドラという。女ジェームズ・ボンドってかんじ。

マイクはカサンドラと協力体制でいくかと思ったら、クーパートンにスパイだっちゅうのがバレちゃって、うひゃーと森を逃げ回り、トランスフォーム中に前転宙返りをしたらばKITTが故障した。KITTはムテキングカーだが、トランスフォーム中に事故ったり苛烈な攻撃を受けるとシステムが一部ダウンするというのは以前のエピでも明かされた通りである。「ちょとこわれちゃいました。走って逃げた方がいいですよ」というんで、マイクはカサンドラといっしょに森を走って逃げた。崖から川に飛び降りたり、ピンチ連続の果てにKITT復活。マイクも復活。さーて敵をやっつけるぞーー。

ピンチの場面では、ズブ濡れになったふたりは急激な体温低下で死にそうになり、よるじゅうハダカで抱き合った。というお色気シーンもちゃんとあるからお父さんもナットクだ。

ところで、マイクはクーパートンのテントをこっそり調べたとき、その中に右翼過激派のリーダーには似つかわしくないものをたくさん発見した。高級腕時計とか、ブランドもののスーツとか、ワインとかである。もしかしてコイツは思想的な背景なんかないんじゃないかと疑ってたんだけど、実際その通りだったとあとになってわかった。

クーパートンは泥棒だったのである。復活したマイクが移動する敵に追いついたらば、彼らは数台のクルマに分乗していたんだけど、途中でふたてにわかれた。軍用トラック1台はあっちに行き、残りのハンビーは別の道に折れた。トラックの方を追いかけたら、これは無人リモコン装置で動いており、中には特大の爆弾。その行き先はダムだった。

ダムをドカンと爆破して地元警察をぜんぶそっちに引き寄せとくというのがクーパートンの狙いで、彼の本当の目的は連邦銀行から輸送される予定の2億5000万ドルの金塊奪取なのだった。という事実を知ったマイクは大急ぎでトラックの爆弾を処理し、強盗するヤツラをおっかけて無事に捕まえることが出来た。

時限爆弾を処理する緊迫シーンでは『ナイトインダストリーズ』の秘密基地でアシストするビリーがこれを助けるんだが、彼は時間がなくて何色のコードを切断すればよいのかわからず「残り10秒!」といわれて大慌てとなり、ほとんどジャンケンポンみたいなノリのヤマカンを教え、これがたまたまアタリでピンチ脱出というバカぶりだったが、このドラマの視聴者はもはやそんなことでは驚かないのである。これが『ナイトライダー』なんだよもんくあっか。最後はわるもん一味をやっつけるのに、KITTのミサイル一発ドカンで敵を無力化した。はいおつかれさん。

ラストはサラの誕生日をロマンティックにお祝いするマイクにうっとり。

あと、ビリーがゾイちゃんに格闘技を教わるというヨタ話もありました。

また来週〜。じゃなくて次は11月12日オンエア予定。

※感想

今週はこれまでのエピソードの中でいちばんマトモだったんじゃないでしょうか。バカぶりは相変わらずですが、ホイホイホーイと進むテンポがノリノリで、ところどころで挿入されるギャグもよかったです。今週のbest quoteはコレだ↓

Michael: As far as I know, no one ever wrote a song about a Bentley.

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

TOP » SF » ナイトライダー/Knight Rider