TOP » SF » ナイトライダー/Knight Rider

ナイトライダー/Knight Rider :: 1-00 :: Pilot :: ネタバレ

transナイトライダー。しゃべるクルマのKITT。昭和の懐かしドラマの2008年版。ネタバレ。
view: 12567
SPOILER!!!
ネタバレです!!!

K.I.T.T. = Knight Industries Three Thousand。しゃべるクルマ。先端ハイテクAI搭載のドリームカー。勝手におまかせ自動運転。銃弾の衝撃を吸収する装甲ボディ。瞬時に外観を変えちゃうニンジャ機能。ソーラーパワー&ガソリンのハイブリッド。そこらじゅうのコンピュータにアクセスして情報を収集する。さらにどんな機能がついてるんでしょう。謎。オリジナルではトランザムだった車体はフォードマスタングになった。

あのメロディが懐かしい。ちょとアレンジが変わっていいかんじ。イントロをどぞ↓

KITTの開発者であり天才科学者のチャールズ・グレイマンが襲われた。わるもんの目的はチャールズが開発した『プロメテウス』っていうシステムである。それはペンタゴンが絡んだ軍事極秘プロジェクトのシステムで、敵の正体は戦争で金儲けをするのが大好きな悪徳セキュリティ企業のブラックリバー社。

チャールズは悪人に首を絞められてショック死した。敵はデータの入ったハードドライブをヒョイと手に入れたが、これは暗号化されている。そのままでは使えない。よってこんどは「娘を捕まえろ」ってことになった。娘のサラは暗号を解くコードを知っているから。

サラはスタンフォード大のPh.D. candidateで、専門はナノテクノロジー。ナノクノロジーっていうのは、医療目的等の極小コンピュータを開発する先端的なサイエンス分野である。こんなのを勉強してるくらいだから、サラも父親の研究に協力したと思われる。

サラは大学で男たちに襲われたが、KITTに救われた。しゃべるクルマ、先端AI機能搭載のドリームカー、KITTは、Knight Industries Three Thousandの略である。チャールズがピンチに陥ったらKITTが勝手に動き出して任務を遂行するようにプログラムされていたのである。KITTはサラを救出したらば、次にマイク・トレイサーという男に接触するという。KITTの行動はあらかじめプログラムされてて、勝手にそれをやり続けるのだ。

マイクはサラの昔の恋人で、チャールズが信頼した人物でもある。彼は元US Army Rangersの兵士だが、いまはフリーのレースドライバーをやっていた。でもクルマは壊れちゃって、ばくちの借金が9万ドルで、ヤクザに脅されてヒィヒィいっていたところにサラが駆け込んできた。ふたりには過去があるんだが、いまは緊急時なのでそんなのしゃべってるひまはない。「借金はわたしが払ってやるから手伝え」といわれて彼もチーム入り。

ところで、チャールズ・グレイマンはこっそり生きていたと中盤で明かされた。殺されたのは彼の替え玉だったのである。後半はマイクの母も出てきて、この母親は途中で死んじゃうが、彼女の口からマイク・トレイサーはマイケル・ナイトの息子だったと明かされた。

なんてことをやってるあいだも、わるもんは執拗に追ってくる。彼らはデータの入ったHDDを手に入れたが、前述の通り、それは暗号化されてて中身を見れない。だが、彼らはその中にKITTに関するデータを発見した。それを使ってKITTをハッキングしてしまえという作戦に出てきた。チャールズが人質に取られた。KITTはこのままだと敵に乗っ取られちゃうから、KITTのシステムはシャットダウンされた。つまりただのスポーツカーになった。だれかがこれをマニュアル運転しなければならない。ハンドルを握るのはもちろんマイク。最後はKITTとわるもん一味が乗ったSUVのカーチェイス。ドカドカドッカーンのアクションの末に正義は勝つのである。

敵をやっつけたが、犠牲者が1名でた。マイクの母である。悲しみじわーんの葬儀シーンで、マイクの父、マイケル・ナイトが登場だ!デヴィッド・ハッセルホフは永遠のアニキである(アメリカ版裕次郎だな)。渋いぜアニキ!イエーイ!

KITTの開発者チャールズを中心に、FBIをアシストする正義の味方の極秘組織が結成された。娘サラは父の遺伝子を受け継いだ先端科学者、マイケル・ナイトの息子のマイク、FBIの女捜査官キャリー・リヴァイ。ついでにくっついてきたマイクの友達のディランはお茶目キャラ。ノーテンキなアメリカンドラマの一丁アガリってかんじです。

Michael: Mind if I drive?
KITT: Is this going to become a habit?
Michael: Definitely.

※感想

いいですねー。このノーテンキさがいいですよー。昨今Lostに代表されるヒューマンシリアス系のドラマが大流行ですが、アメリカ人はこういう大味のバカアクションをガンガンつくってくれよと強く思いました。ちびっこからお年寄りまで安心して楽しめる。ボケーと見ててウハーと喜んでおしまいみたいな。そういうのがたまにはいいよ。

これはリメイクでなく、前作の『ナイトライダー』から全面的に設定が変わった新しいお話だということですが「しゃべるクルマとカッコイイアニキ」っていう点しか覚えてないのでどっちでもいいや。設定は変わったが、KITTの雰囲気は昔のままだとおもった。KITTの声はヴァル・キルマー。彼の声はよくあっている。

もしサラ・コナーズがKITTを見たらば、完璧にスカイネットと認定して破壊しようとすると思う。チェスするコンピュータのプログラマを殺そうとするくらいだから、KITTを見たらそりゃもうたいへんだ。キャメロンとKITTが戦ったらどうなるんでしょう(ターミネーターネタ)。

デヴィッド・ハッセルホフがいつ出てくるんだとどきどきしてたのですが、最後にチョロっと出てきただけでした。なんだ。サラたちが捕まったときにカッコよく出てきてパンチとキックをばんばん。KITTとベタジョークをカマすというシーンを予測するじゃないですか!そういうのぜんぜんナシ。ソレをやっちゃうとオールドアニキの独演会になっちゃうから、ただでさえ目立つキャラだし(いろんな意味で)、年寄りは一歩後退して優しく見守るという方針なんだな。

このシリーズは今後続くかどうか未定ですが、たぶんやるんじゃないかと思ってますが(やって!)、続くのであればマイケル・ナイトはマイクの父親役なので、たまには出てくるのではないだろうか。そしたら彼がKITTに乗るシーンが見れるかも。主演はマイク・トレイサーだけど、元祖アニキが戦う勇姿もちょびっと見たいな。あんまり出過ぎると濃くてうるさいから、タマーに出るのがいいですね。シーズンフィナーレだけとか。ウルトラマンのゾフィーくらいの出演頻度が望ましい。

マイク役のJustin Brueningも、サラ役のDeanna Russoも私よく知りませんが、いろんなドラマにゲスト出演してるみたいなのでファンが多そうです。このふたりのマッチングはドラマに雰囲気に合ってて滑らかです。続きが見れるといいなー。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

TOP » SF » ナイトライダー/Knight Rider