TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural

スーパーナチュラル/Supernatural :: 番組クリエイター、エリック・クリプキが「ディーンはdickじゃない」と釈明

transシーズン4の6話の内容に関して制作者の釈明コメント。ディーンの秘密があるらしいよ。
view: 31338
SPOILER!!!
ネタバレです!!!

今週オンエアされたエピソード『4-06 :: Yellow Fever』の中のサムの台詞「ディーンは "dick" だからコレに感染した」に関して、番組クリエイターであるエリック・クリプキがフォロー発言をした。これはナニかっていうと、人間に恐怖心と不安を注入するオバケの伝染病ってのがあって、なぜディーンだけが感染したんだという疑問に対してサムが「ディーンがdickだから」と仮説を述べるシーンです(詳しくはエピガイをどぞ)。以下クリプキのお言葉↓

"Dean is not a dick. None of the writers, or anyone on the creative team of Supernatural, think Dean's ever been a dick, past, present, or future. He's a hero. Dean did NOT contract the ghost sickness because he's a dick. Victims contract the illness because they use 'fear as a weapon.' Dean asks Lilith at the episode's end, 'why did I get infected?' And she cryptically responds, 'you know why. Listen to your heart.' We, as the writers, probably should have emphasized this mystery more, I take responsibility for that omission. But the point is: the reason he was infected is because of a SECRET he's keeping. A dark secret that will be revealed in Episode 10. And not at all because of any dickishness, implied or otherwise."

ディーンは "dick" じゃない。ライターたちはだれもそんなことを思っていない。今も過去も未来も。彼はヒーローである。ディーンが感染した理由は「彼がdickだから」ではない。今回の敵は恐怖を武器に変えるヤツだったのであり、そのせいで犠牲者たちは感染した。ディーンがリリスに「なぜおれが感染した?」と質問したとき、リリスは「あなたの胸に聞いてごらん」と回答した。これがキーラインである。このパートをもっと強調すべきだった。(このミスは)ぼくのせいだ。でも重要なのはですね、ディーンが感染したのには確たる理由があり、それはディーン自身のある秘密、暗闇の秘密に関連しているってことなのだ。それはなにかっていうと、10話でジャジャーンと明かされます。

てわけで、脚本と演出上におけるちょっとしたミスを釈明しつつ、ちゃっかり10話の宣伝をして話を締めくくるという、ハリウッドのプロデューサーは口がうまいわ!と思わせるコメントでした。これを聞かされた私らはすでに今週のエピの脚本のタコミスなんかどうでもよくなっちゃうのであり「ディーンの秘密ってなんだろなんだろ」と気になるのであり「はやく10話ヤレ!」とじれったいのであり、なんだかうまいこと誘導されてるような。

Buddy TVの元記事ではこんな論調↓

「我々の知る限り、サムのこの発言に腹を立てたというファンの声はインターネット上には見当たらない。みんなはアレをディーンのキャラを揶揄するジョークと受けとったんじゃないか。とはいえ、もしかして一部のファンをムッとさせたかもしれないから釈明をすべきと制作者は考えたのだろう。また「『ディーンだけが感染した』という事実は今後の展開のキモになるんだよ」ということをきちんと説明したかったのだろう。小さなキズだったけど、まぁいいんじゃない?」みたいに書いてある。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural