TOP » ホラー » マスターズ・オブ・ホラー/Masters of Horror

マスターズ・オブ・ホラー/Masters of Horror :: 1-01 ... 12 :: シーズン1の12話 一挙レビュー :: ネタバレ

transマスターズ・オブ・ホラー Masters Of Horror。13話はオンエア中止されたようです。("Imprint" directed by 三池崇史氏)つまりこれにてseason 1終了。不肖、私、1〜12話、一挙にレビューしちゃいます。
view: 6664

見てない方もDVD発売予定ですから!見ましょうよ。DVDにはオンエアされなかった13話も含まれるらしいです。

ホラーというのは観る人によってかなり評価が異なるようです。これは私の極私レビューとお考えください。tv.comのレビューをみると人によってスゴく違うというのがわかります。

※この投稿長いです。すみません。

 1-01 Incident On and Off A Mountain Road アーミーオタクっていうんでしょうか、そういう人をカレシにしちゃったら?! そんな彼女が山の中で殺人鬼に追い回される中、恋人に教わったサバイバル術を果敢に駆使して立ち向かってゆくんだが結局捕まり ...
ホラーのお約束的画像

 1-02 Dreams in the Witch House 真面目な大学生(男)が安アパートを借りた。独りで静かに勉強したい彼にはぴったりだったが、そこに住み始めて以来、不思議な夢に惑わされるようになる。どうやら17世紀の魔女が ... 。(原作ラブクラフト)。
魔女の使者?画像(からだがネズミなんです)

 1-03 Dance of the Dead 核によるホロコースト直後の近未来。残骸のような街にはびこる背徳のナイトクラブ。汚濁を疾走する麻薬のような耽美的映像美に、無軌道/絶望/陥落といったパンクスホラーのコンソメがギュッと詰まっております。退廃的エロティシズム。これはいいですいいです。Awesome!
焼却処分される人間画像
狂ったナイトクラブ支配人画像

 1-04 Jenifer 中年男に殺されかけた女を救った刑事。男は「It's too late.(もう遅いんだ!)」という台詞を残して死ぬ。事件解決と思われたが、その女性、Jeniferはとんでもない女であった ... Jeniferに翻弄され、崩落してゆく刑事がいいねぇ。
コレ見たら誰でも男がワルモンだと思うでしょうが!画像

 1-05 Chocolate なにかにとり憑かれてサイコパスに変貌してゆくインテリ男。これは私的にはパス。ノベルズならきっとおもしろい話なんだけど映像にするとペケという見本かなと思いました。ところで物語とは関係ないんですが、SFファンなら誰でも懐かしい「マックス・ヘッドルーム」のエディソン・カーター(Matt Frewer)がちょこっと出てます。いやぁなつかしかった。
殺人を告白する男画像
なつかしー!画像(年取ったエディソン・カーター)

 1-06 Homecoming 選挙キャンペーンに奔走するホワイトハウスの内実を暴露しつつゾンビが街にあふれてくるという話。湾岸戦争で戦死した兵士たちがゾンビ化して大統領選挙投票所にやってくる。
投票所に現れたゾンビ兵士画像
選挙ビジネスに狂奔する輩画像(こいつらもゾンビの餌食に)

 1-07 Deer Woman 謎の猟奇的殺人事件。ネイティブ・アメリカン神話に基づくクリーチャーの仕業か?なんだけど私的にはパス。途中で辛くなった。

 1-08 Cigarette Burns 伝説のスプラッタームービー、"Le Fin Absolue du Monde"に魅せられ、崩落してゆく大金持ちの男。ディレクターはあの(!)ジョン・カーペンターです!カーペンターワールド全開。どっかのレビューから拾い読み →「ホラーっていうのはだいたいがゴミなんだがこういうのがあるからやめられないんだよねー」。
囚われの身を嘆く謎の男画像
伝説のムービー画像(これを見ちゃったらもう戻れない)

 1-09 Fair Haired Child 鬱蒼と茂る森で囲まれた小さな町で暮らす少女が男に誘拐される。よくある性的サイコパスかなと思ったらそうではなくて、そこにはとんでもない秘密が ... 物語が単調でなく、恐怖シーンはタイミングがよく、意外な結末がよい。
冒頭のシーン画像(なんかくるぞってかんじがするでしょう?)

 1-10 Sick Girl これおもしろい。コミカルホラーというカテゴリができたんでしょうか。クモやゲジゲジ系の虫をいっぱい部屋に飼ってる昆虫科学者、彼女はレズビアンで ... という設定が泣けます。Sick Girlだもの。「ホラーじゃねぇだろバーロー」的なレビューがありましたが、まぁこれはおもしろくていいんじゃないでしょうか。私の中ではけっこうマルです。
虫好きレズビアン女性画像
こんな彼女にもやっとラブリーな恋人ができました画像

 1-11 Pick Me Up ヒッチハイクとホラーって「お餅とアンコ」みたいなもんですね。よく合う。知らない人の車に乗るのって怖いもの。安定感のある怖さです。ホラーの王道いってます。前回の虫好きレズビアンが一部のファンに酷評されたので、これ持ってきたんでしょうか。
愛想のいいトラックドライバー画像(でもじつは)
一見ふつうのお兄ちゃん画像(でもじつは)

 1-12 Haeckel's Tale 愛する者を失ったら「なんとしても生き返らせたい」と思うのが人情です。でもそれがゾンビだったら!? というパターンは古典ですが、これはイイ!レガシーなテーマでありながらダークな時代の雰囲気とシャキシャキ進むテンポときれいなおねぃさんで楽しめます。
美女とゾンビ画像
朝になってじぶんで墓に戻るゾンビ画像

 1-13 Imprint 三池崇史氏ディレクションということで楽しみにしていたのですが、オンエアされませんでした泣。「好ましくない表現があったから」だそうです。ちぇ。発売予定のDVDには納められるそうです。そっちで観ましょう。

(追記)私、12/25の投稿でEpisode4のことをケチョンケチョンにけなしてますね。いま気づいた。あれは見終わった直後の感想なのですが、今回この投稿をするにあたりもういっぺん見直してみたんです。そしたらまぁこれもイイかという気がしました。いいかげんだなぁと思われるかもしれませんが、たぶんあんときはDarioってことですごく期待が大きかったみたい。というわけでどちらも私の感想なのであります。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

ぴけっと (2006.02.12 15:20)

TBありがとうございます。
マスターオブホラーの最新レビュー大変役立ちます。嬉しかったのでブログの記事にしてリンクさせていただきますね。今後も宜しくお願いします。

TOP » ホラー » マスターズ・オブ・ホラー/Masters of Horror