TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural

スーパーナチュラル/Supernatural :: 3-01 :: The Magnificent Seven :: ネタバレ

transシーズン3のはじまりだ!
view: 50859
SPOILER ALERT!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

ディーンの熱い台詞でシーズン幕開けするのであった〜♪

Look, dad's gone now. we have to carry out his legacy and that means hunting down as many evil sons of bitches as we possibly can.

この台詞を何度もリピート練習してなめらかな発音でしゃべれるようになったら、デートのときにでも使ったらよいと思う。か、か、かっこいいいいい!と尊敬されることまちがいナシ!「当分テレビを見ないように」と医者にいわれるかもしれませんが。

余談はさておき、まずはこれまでのおさらいビデオ。シーズン2のラストの衝撃的な展開、ディーンが自分の命を縮めることと引き換えにサムを蘇生させ、んでもって、黄色い目の悪魔をやっつけたんだが、地獄とこの世を遮ってた結界が破れちゃってデビルス軍団がこの世にドバーと拡散しちゃったぞ。の続きである。

男が悪魔に憑依された。空には不吉なシャドーが現れて町を覆う。1週間でそこらじゅうに悪魔どもが出現して ... 。という非常事態だが、ディーンは家の中で女の子とハッピーアワーであり、一方、サムは文句もいわずにひとりで車にいる。神妙な顔つきで読書中。彼が読んでいるのは悪魔のクロスロードの本であった。部屋の中ではアニキが「ヒャッホー!」とハイになっているんだが、サムはなんとか彼を救う手はないものかとそれだけで頭がいっぱいなのだ。ケナゲである。

ボビーから「事件だ!」と集合命令がかかったので、サムはお楽しみ中のディーンにおそるおそる声をかけた。「ディーン ... 入るよ ... ボビーから電話があってさ」とドアを開けた瞬間、サムはオエーとなった。なにを見たのか知らないが、後に語ったところによると、それは「サムがディーンの中でいちばん見たくないもの」だったのであり「ナイフで自分の目玉をえぐりだしたい」と思ったそうである。

その後、ディーンが車内でいう台詞、"Hey, I appreciate you giving me a little quality time with the doublemint twins." の "doublemint twins" ってのはダブルミントガムのCMに出てた双子モデルだな。こんなのだったんでしょうか↓

youtube :: Doublemint Twins Commercial

サムがぜんぜん怒らないので、ディーンはふしぎに思った。「なんで怒らないの?」と聞いたら「ディーンがたのしめてよかった」とかいう。ますますケナゲである。という会話をしつつ移動開始。悪魔退治だ。悪魔の黒い霧は17の都市を襲ったという。翌朝ふたりはネブラスカでボビーと落ち合った。ディーンはチーズバーガーをもりもりであり、呆れるボビーに「どうせあと1年だからコレステロールの心配しなくていいわ」と答えた。

ボビーが呼び出したのは普通の一軒家だったが、ここでもディーンは "Candygram!" とカマして(SNLネタ)ノリノリである。家の中にはひからびた死体があった。ハエがぶんぶん飛び回って腐敗臭がする。この家の住人と思われる。死体には争ったようすはなく、犠牲者たちは餓死してそのまま放置されたということだが、台所には食料がたくさんあったのでミステリー。テレビがつけっぱなしになっていた。

ここで2人のハンターと鉢合わせした。彼らも同じ目的でやってきたと思われる。アイザック、タマラという。彼らは夫婦ハンターで、深く愛し合っているようであり、有能そうだが、アイザックはクソ頑固な性格みたいである。「おれらふたりでやるからおまえらは協力せんでもいい。これはスクービー・ドゥじゃないから」とツレないことをいう。サムが「まぁそういわずにいっしょにやろうよ」といったら「おまえらのせいで悪魔が大量に出てきた。ひでぇことをしてくれたもんだ」なんていわれた。"No offense" といいつつ、ものすごくoffensiveである。タマラが「そんなこといわんでも」とたしなめたが「おれは車のキーを置き忘れてロックしたことはあるけど、それで世界の終わりを招いたことはない」なんてまたまた憎たらしいことをいうのであった。アイザックが頑固者であるせいもあるだろうが、ディーンがチャラチャラしてたので彼は余計にムッとしたのかもしれない。

このシーンでは、アイザックとタマラが "palo santo(パロサント)" というもんを持っていた。ペルーの聖なる木からつくったクイで、聖水と同じように悪魔に致死をもたらすものだという。兄弟も私も知らなかったのでメモメモ。てわけで、兄弟&ボビーは夫婦ハンターと別れたのだったが、夜になって兄弟を見守る謎の女性が登場。だれなんでしょう。敵か味方か不明である。

事件発生。ブティックで「靴が欲しかったから」という理由で、女性が女性を殴り殺した。その直前に悪魔男が耳元で囁いていたのでそいつがやらせたんだが、兄弟&ボビーはさいしょはわかんなかったのだが、警備カメラの映像をチェックしてその男を特定した。ここではボビーのスーツ姿が見れるという特典映像つきである。なかなかサマになってます。DAになりすまして犯人から話を聞いてきたそうである。ボビーによれば、犯人女性は「ただ靴が欲しかっただけ」であり、彼女に聖水を飲ませてみたが反応ゼロだったという。ボビーは「こんなパターンはいままで見たこともない」と述べた。警備カメラに映った悪魔男を追うことになった。

ここでも謎の女性が登場。彼女はこっそりサムを見張っているようだ。シーズン2のフィナーレで黄色い目の悪魔が死に際にいった台詞 "How certain are you that what you brought back is 100% pure sam?" →「おまえが生き返らせたサムは100%ピュアなサムじゃないかもよイヒヒ」という台詞となにか関係あるのかも。

夜になった。ディーンとボビーがとあるバーを張り込み中。「ほんとにココでいいの?」とボビーが聞いたら、ディーンは「この町を徹底調査した結果、バカ男が現れるバカバーはここしかないという結論に至った」と答えた。バーが一軒しかないくらいに小さい町っていうこと?あるいは単なるあてずっぽう?そこらへんがよくわからなかったのだがアタリだったようで、警備カメラの映像に出てきた男がひとりでやってきた。さらにサムが男の素性を調べてきて「男の名前はウォルター・ローゼン。シカゴ出身だが1週間前から行方不明になっている」と明かされた。1週間前といえば悪魔の結界が破れた日と一致する。彼は悪魔に憑依されているのだ。「よっしゃ、いくぜ」「まぁ待て慎重に」とかいってるところにアイザック&タマラコンビが現れ、ふたりはバーに入っていった。しばらく店の外でようすを見ることにした。

バーの店内。悪魔男のウォルターはカウンターでビールを注文し、ハンターコンビはテーブルで客のフリをしていたが、間もなくふたりはピンチに陥るのであった。ウォルターが席を立った間に聖水をビールにポロリ。相手を殺してササッとその場を去る。チョロいぜ。という予測は裏切られた。そのバーの店員や客たちはぜんぶ悪魔の手先だったのである。その場にいた全員の目がまっくろになり、2人は簡単に拘束された。アイザックは洗剤(?)を飲まされて死亡。ここで兄弟&ボビーが突入してタマラだけが救われた。ディーンとウォルターが格闘。うまいこと車のトランクに拉致してその場から逃げた。トランクのフタの内側には悪魔封じの魔法陣。

兄弟&ボビー、タマラは拉致したウォルターを連れて隠れ家に移動。ここでボビーが敵の素性を特定したと明かした。「1589年にビンスフェルド(Binsfeld)が7つの大罪をどーのこーの」という話を聞いたディーンは「セブン?ブラッド・ピットの?」とボケをカマしたが、サムはちゃんと知っていた。「ビンスフェルドか!」と思い出せるひとは少ないと思うし、私も知らなかったんで少々解説をば。ウィキペディアにありました↓

上に挙げたページによれば、ビンスフェルドが分類した『7つの大罪』ちゅうもんがあって、それは以下である。

  • Lucifer: arrogance [傲慢]
  • Mammon: avarice (greed) [欲張り]
  • Asmodai: lust [好色]
  • Satan: wrath [激怒]
  • Beelzebub: gluttony [食欲]
  • Leviathan: jealousy [嫉妬やねたみ]
  • Belphegor: sloth (laziness) [怠惰]

アイザックは洗剤を飲まされて死んだが、彼は悪魔に触れられたとたんに自ら進んでゴクゴクと飲み干した。妻のタマラを殺すぞと脅されたのでむりやりそうしたのかと思われ、妻を愛しているのはわかるがハンターにしては簡単にいいなりになるもんだなと拍子抜けしたのだったが、彼はあのとき『食欲』の罪を瞬間注入されちゃったというわけなのだった。また、これと同パターンで、靴欲しさに買い物客を殴り殺した女性は『嫉妬やねたみ』を瞬間注入されたのだろう。

ビンスフェルドというのは16世紀に実在したウィッチハンターらしいデス。上のウィキペディアのページには、ビンスフェルド以外の文献についても多くの解説が載っている。ちびっこのみなさんは自由研究の課題にしてみたらどうだろうか。これを褒めてくれる先生がいたらかっこいいな!もしそんな先生と出会うことができたらウィンチェスター兄弟やバフィのような人生を歩むことになるだろう。頑張ってください。

お話に戻ります。ディーンたちが拉致した男は『7つの大罪』を操る悪魔が憑依しているとわかったのである。夫を目の前で惨殺されたタマラは怒り爆発であり「わたしゃひとりでやっつけてくる!」といったが、ボビーに説得されてハァハァと怒りを鎮めた。

4人は捕まえてきた悪魔を尋問する。彼は自分をレギオン(Legion)と名乗った。英語でlegionとは『軍団』という意味になるが、この言葉は福音書のあちこちに出てくるそうで、マルコ伝にはイエスが悪魔払いをするシーンがあるそうである↓

イエスが、「汚れた霊、この人から出て行け」と言われたからである。そこで、イエスが、「名は何というのか」とお尋ねになると、「名はレギオン。大勢だから」と言った。(マルコ5:8-9)日韓対訳で読む聖書(14)より引用

悪魔が述べた "I am Legion, for we are many." という台詞は上に挙げた「名はレギオン。大勢だから」と一致する。この悪魔は捕まったくせに自信満々の口調であり「おまえらのお陰で自由になれた。まったくありがたいことである」と憎たらしいことをいう。タマラが「イヌコロみたいにブチ殺してやる」と言い返したら「ほんとにおれを葬ることができると思ってんのか?」と高笑いした。その後に続く悪魔の台詞はなかなか鋭いものであった。

「ディーン、おまえはsexと食欲に取り憑かれているな。タマラ、おまえは怒りのかたまりだ。そもそもアイザックと共にハンターになったのも怒りのせいだったと知っているぞ。いいことを教えてやる。おまえらが『罪』と呼んでいるいるものは人間の本能なのだ。口先だけ否定したところで人間がアニマルだというのは隠しようがない事実である。そしておまえらはアニマルらしく惨殺されるだろう。もうすぐおれの仲間がやってくる。わっはっはっ」

この台詞を聞いた兄弟たちはいやーなきぶんになった。こいつを殺してもまだまだワンサカやってくるのである。とりあえずコイツをエクソシズムで葬った。悪魔はウギャーと叫んで地獄に逆戻りした。手を下したのはタマラである。憑依された男性は死亡した。

4名は隠れ家に待機し、いずれやってくるであろう敵を出迎えることにした。夜になって罪と欲望にとり憑かれた者たちが続々登場。一番最初はアイザック。悪魔にとり憑かれた彼はタマラに「助けてくれ〜」と叫び、娘が死んだときの話をしだして、たまらなくなった彼女はドアを開けて夫の胸にクイをズブリ。そこから先はどんどん他のヤツラが侵入してきて、兄弟たちに襲いかかった。ディーンとボビーはもくろみ通りに敵をやっつけたが、サムの敵は強力だった。コイツは『プライド/傲慢さ』にとり憑かれており、天井の魔法陣を簡単に見破ったのでサムはピンチになった。ヤバい〜ってところで、サムを尾行していた謎の女性が突入してきた。彼女は『悪魔を殺せるナイフ』を持っていて、3名の敵を鮮やかに葬った。サムは救われた。彼女は驚くサムに名前も名乗らず「またね」といって去っていった。いったいナニモノ?

翌朝。悪魔払いの後、憑依された者たちのうちの2名だけ助かった。彼らは運良くサバイブしたが、ボビーがいうには「この先彼らはセラピーに払う治療費にヒィヒィいわされるだろう」なのだそうだ。かわいそうである。兄弟は残りの犠牲者たちをソルティング&火葬した。タマラは夫とサヨナラした。てわけで敵はやっつけたが、この先どんな連中が続々出てくるかと思うと4人の心は重い。「この戦いに勝てるよね?」というサムの質問にだれも答えることができなかった。タマラは去り、ボビーも家に帰った。

「んじゃ次どこいく?」とディーンがいったら、サムは「悪魔との取引をパーにできる方法があるらしい」と明かした。タマラに教わったんだそうである。そのためにとあるhoodoo呪術師のところにいこうとサムはいうんだが、ディーンは拒否する。「hoodooなんてむり。やめとこう」という。そんなのやってみなければわからないのにどうして拒否するかというと、この契約をなんらかの方法で破棄してしまったら、サムは死んじゃうという点にディーンは気づいているからなのだ。

サムはもう我慢がならんという調子になっていいたかったことを口にした。かつて兄弟の父ジョンはディーンの命を救うために自分の命を差しだした。そのせいでディーンは深く傷ついたが、こんどはそれと同じことをディーンがサムにやったのである。ゆえにサムが「許せん!ディーンはわがままだ!」というのは道理である。「オーケイ。おれはわがままだ。それでよい」とディーンは答えた。「ぼくはよくない!」「もう疲れたよ。おまえは生きてる。おれはそれだけできぶんがいい。残り1年あるんだから、せいぜい地獄の悪魔どもをヒィヒィいわせてやろうぜ」というディーンの台詞はサバサバ口調である。彼は会話を強制終了するようにインパラに乗り込んだ。「まったくイカレてるな」とサムが呆れたら、ディーンは「その通りさ」とにっこり。インパラは去っていった。

Music: "You Ain't Seen Nothing Yet" by Bachman-Turner Overdrive, "Hell's Bells" by AC/DC.

※感想

いやー、ひさしぶりにウィンチェスター兄弟に会えてうれしいです。このエピでは終始ディーンがヘラヘラ笑いでチャラチャラしていましたが、彼はわざとそうしているんだと思う。彼が深刻顔になっちゃうとサムもむぅーと黙ってしまうだろうし、重い空気になってしまうのがいやだからそうしたんだと思われました。

アイザックとタミラのコンビといい、以前に出てきたヴァンパイアハンターのゴードンといい、悪霊ハンターのみなさんは思い詰めた表情のひとたちが多いですねー。背中に十字架背負ってますみたいな。愛する人を悪魔に殺されてハンターになったという人たちばかりなのでそうなっちゃうんだと思いますが、ディーンみたいなキャラのひとはいないんだろうか。

サムを助けてくれた女性はナンでしょうね。見当もつきませんが、わるもんじゃーないみたい。

靴屋の殺人現場のシーンで、ヤジウマが "You'd better get Grissom!" といってるらしいんだけど私は聞き取れなかった。これはもちろんCBSのCSIのGrissomです。木曜日のSupernaturalのウラ番組でもある。"...som" だけかろうじて聞こえた。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

kenn (2007.10.07 08:42)

トラバっておきました。うちの方は、承認制を外しておいたので、また送ってみてください。

ディーンの開き直ってるのが、サバけてるけどちょっとひっかかりますよね。でもそれとは逆にこれからもっとエグイ悪魔の登場がありそうなので、そちらの方は楽しみです。

私もあのグリッソムネタは聞き取れなかった。言ってるって言うんですが、全く聞こえない :confused:

あの悪魔一撃レディ、どっかで見た顔なんですけど... 誰でしたっけ?

tinker (2007.10.08 12:24)

ども。
> あの悪魔一撃レディ、どっかで見た顔なんですけど... 誰でしたっけ?
このひと?↓
Katie Cassidy
http://www.imdb.com/name/nm1556320/

どういう役なんでしょうねー。ぜんぜんわからんですね。

kenn (2007.10.08 12:32)

トラバでお手数かけてます。もう大丈夫だと思います。友人ので試してみたので、OKです。承認制にしてないのに、承認しないと表示されないというよく分からないシステムです。

Cassidyって俳優さん、見たことあると思ったけど、違ってました。ChuckのYvonneなんとかって人も思い違いしてたんですよねぇ。新しいドラマも始まって、誰がどこに出てたか混乱してます^^;

ムービースター (2007.10.09 15:23)

こんにちは、映画雑誌ムービースター編集部の山田と申します。本誌11月号にてジェンセン・アクレスをカラー4ページで掲載しております。是非、ファンの皆様そろってご一読いただきたく、書き込みさせていただきました。よろしくお願いいたします。

sky (2007.10.09 18:03)

↑近所の本屋さんにはありませんでした・・・
ガクッ

Supernatural Season3始まりましたね!
Season2が終わってから長かった〜
何回S1.2のDVDを見たか!
でもってシーズンプレミアは、なんだかこう・・・
Deanがおちゃらけてましたね。
Tinkerさんの言うように私もDeanなりの気遣いなんだと思いマス。
Sammyのケナゲな姿にも :cry:

次回でしたっけDean Jr.?が登場するのって。
Deanがお子様を相手にする姿って大好きなんですよ :blush:
なので楽しみです。

ピンチェ (2007.10.10 12:17)

私も何度Season1.2を見たことか。。
そしていつもながらのTinkerさんのコメントが何より楽しみです!

:P

ディーン (2007.10.11 17:41)

ディーンが死んだらサムが悪魔と取引してディーンをよみがえらせて、時間が来てサムが死んだらディーンが取引すればよいと思う。

Related Links:

  • Supernatural 3-01 "The Magnificent Seven"
    スーパーナチュラル、シーズン3第1話。Welcome back, boys! 全開でやらせていただきます。Superネタバレnatural。
    from:『アメリカドラマ 411』

TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural