TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural

スーパーナチュラル/Supernatural :: 2-22 :: All Hell Breaks Loose (2) :: ネタバレ

transスーパーナチュラル/Supernatural。シーズン2の22話はシーズンフィナーレ。ネタバレ!
view: 20735
SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

Carry on my wayward son
There'll be peace when you are done
Lay your weary head to rest
Don't you cry no more

Kansas - Carry On My Wayward Son

きたきたきたきたきましたよ〜おくさん!シーズンフィナーレ!R-R-R-R-Rocknroll!

サムが死んでどれくらい経ったのかわからないが、ディーンはずっと彼に寄り添っていて、ボビーに「もうサムを埋葬しなくちゃ」といわれても拒否。彼を追いだした。完全ヌケガラ状態。そりゃそうだわな。

デスマッチに勝ったジェイクが目を覚ましたら、そこにはサイモン・コーウェル、じゃなくて悪魔がいた。「おめでとう。君がいちばんだ」といわれた。このドラマじゃ悪魔もテレビッ子なんスね。

悪魔の出現に怯えたジェイクは、ここでサイコーのギャグ(?)をカマした。"Go to hell."「地獄に堕ちろ」といわれた悪魔が「そこ、行ったことあるよ」ときまじめに答えたりする。ははははははははは。おなかがいたい。タスケテ〜。いちおうホラーなんだし、メインキャストが死んでるという超ヤバい局面だし、シーズンフィナーレなんだからまじめにやってくださいよとテレビにお願いする私。

悪魔はジェイクにソルジャーになれという。そうじゃないと彼の母と妹は自分らのはらわたの歯ごたえを知ることになるんだそうだ。こりゃ怖い。

こちらはディーン。泣ける長台詞。サムの死体に語りかけ「おれはいったいどうすりゃいいんだ」と叫んでから、彼はやってはいけないことに手を出しちゃう。悪魔と取引してサムを蘇らせようとしちゃうのだ。8話(2-08 :: Crossroad Blues)で出てきたアレです。出ましたよ、女悪魔が。でも前回とちがうひとだ。

ディーンは悪魔に「サムを生き返らせろ。おれに10年くれ。そしたら魂をやる」と取引を持ちかける。これは悪魔が取引するときの一般ルールなのだが、悪魔は相手がディーンなのでウンといわない。イヒヒと笑って条件を厳しくする。結局、1年まで値切られた。サムが生き返る代わりにディーンの命は残り1年。アメリカの悪魔というのはわかりやすくて、即物主義的であり、約束を守る。サムは生き返った。

起き上がったサムを見たディーンは思わず "Thanks, God" といった。"Thanks, Devil" といわなくちゃ正しくないよネ。これが神のミワザというならば、なんだか答えの出ない禅問答のようである。このドラマはチャラチャラしてるように見えて、じつはものすごく哲学的なのかもしれない。

サムは自分が死んだなんて知らないから、九死に一生を得たと勘違いしている。ディーンは「ボビーが手当をしてくれた」とウソをついた。ボビーはサムの死を知ってるから、このウソはすぐにバレちゃうだろう。サムはアッシュが殺された、ジェイクは逃げたと聞き、一刻の猶予もならぬという調子で「とにかくボビーを追いかけよう」という。気乗りしないディーンといっしょに出ていく。ボビーは怒るだろうなァ。

兄弟はすぐにボビーを捕まえた。サムがピンピンしてるのを見た彼は一瞬だけ言葉に詰まるが、本人の前では平然としている。さすが。ボビーはアメリカの地図を出し、自分で調べたことを兄弟に話した。そこらじゅうで不吉な出来事が起こっているが、あるひとつの地点だけは平穏そのものであるという。その場所はサザン・ワイオミング。なぜか悪魔がその地点を包囲しているように見えて、その現象が謎だ。

ボビーはディーンとふたりきりで外に出る。そして真相を聞いた。ボビーはもちろん怒るが、もうどうにもならない。ディーンの命は残り1年。単に死ぬっていうだけじゃなくて、彼は地獄行きが決まってるのである。その前に悪魔を殺しちゃえば(そんなことできるの?)いいんだろうか。ボビーは「サムにはおれから話す。ぜったいいうな」と口止めされた。ここでガタンと物音。一瞬緊張したが、逃げだしてきたエレンであった。彼女はヨレヨレだが生きている。ロードハウスが悪魔に狙われたとき、彼女はたまたま買い出しにでかけていて助かったという。エレンはボビーたちの話を聞いたのか。たぶん聞いただろう(私の勘)。

ボビーはエレンに聖水を飲ませて悪魔度チェック。悪魔に殺されたはずの友達が急に出てきたら、まずは聖水飲ませなくちゃ。メモメモ。彼女はごくんと飲み干して「はやくウィスキーちょうだい」とグラスを返した。エレンは秘密の金庫にあるものをしまっていたといって、それを見せてくれた。ワイオミングの地図。地図上にはいくつかバッテンマークがある。これがそんなにだいじなのだろうか。

ボビーが地図の意味を解説してくれた。バッテンの場所には19世紀に建てられた古い教会があって、いまは廃墟になっているという。そしてそれらを建てたのはサミュエル・コルト。サミュエル・コルトは『悪魔を殺せる魔法の銃』をつくったひとだ。かつてディーンたちはヴァンパイアからその銃を奪った。が、その後、ディーンが死んだときに父ジョンが悪魔と取引してとられてしまったアレである。

そのサミュエル・コルトは教会をつくり、それぞれの教会は私設の線路で結ばれているという。ボビーがその線路をなぞるとデビルストラップのかたちになった。つまりこれは100マイル四方の大きさの巨大な魔法陣なのだ。だからワイオミングには悪魔は入ってこれないってワケなのだ。なるほど!地図をだいじに持っていたエレンもこの秘密を知らなかった。

これだけのもんを私費を投じて建造したコルト氏は、このデビルストラップの中になにか大事なものを隠してたんだろうか。あるいはなにかヤバいものを封じ込めたという可能性もあるワケで、こりゃまたスゴいびっくり箱だ。ナニが出てくるんでしょうか。

こちらは嫌々ながらも悪魔の僕となったジェイク。悪魔に導かれてワイオミングにやってきた。そしてそこの線路の先にある墓地を開けろといわれた。なにやらトンでもないものが飛びだしてくるんだな。「おまえが自分でいけ」といわれた悪魔は「おれは入れないんだ」と答える。ボビーの話と一致する。さらに悪魔はジェイクに魔法のコルト銃を渡す。「コレはただの銃じゃない。おれを殺せる銃だ」と堂々と教えちゃう。ジェイクが悪魔を撃たない理由があるのか。

銃を渡されたジェイクはやっぱり悪魔に銃を向ける。悪魔は「おれを撃ったらいい。悪魔はこの世から消えて、おまえとおまえの家族は安泰。ハッピーサンデーだ。どうした。撃たないの?」なんていう。なんかウラがあるんだな。

悪魔の言葉は続く。「もしおれのいうことを聞いてこの銃を持って墓地の封印を解いたら、そりゃもうスゴいよ。君は自分の軍隊を持つ。君はリーダーになる。世界のオワリ?ちがうさ。世界の始まりだよ。君の家族は最高の栄誉を受けるだろう。どっちにする?」と誘惑されたジェイクは悪魔の言葉にのっちゃう。彼はひとりで墓地に入っていった。ナニがでてくるんでしょう。わくわく。

ディーン、サム、エレン、ボビーが彼を出迎えた。ジェイクはサムが生きてるので驚くが、彼は4人に囲まれてピンチのはずなのにニタニタ笑っている。そしてエレンに「自分の頭を撃て」といった。彼はマインドコントロールができるのか!悪魔に服従するとこんな能力をもらえるそうです。

エレンを人質にとったジェイクはみんなの銃をおろさせ、そして墓場の中央に建造されたなにかにコルト銃を突っ込んだ。銃がその扉の鍵を兼ねているようであり、中でゴロゴロと音がしだしてシカケが動きだした。次の瞬間、みんながジェイクを撃った。その後のサムの行動が不可解である。彼はみんなよりも早くジェイクに駆け寄り、命乞いする彼に数発弾丸を撃ち込んだ。サムがこんなふうにひとを殺すのは初めて見たよ。ディーンもボビーもびっくりした。なにかが乗り移ってるんだろうか。

なんていってる間にあっちでは封印が解かれたようであり、古い扉がバコーンと開いて、限りなく邪悪ななにかが飛びだしてきた。一瞬でデビルストラップは切られた。なにやら最凶最悪なもんが出てきたみたい。エレンは「地獄への扉が開いた」と叫んだ。

黄色い目の悪魔が墓地に踏み込んできて、コルト銃をかんたんに奪った。悪魔はディーンに礼をいう。「サムを蘇らせてくれてさんきゅうネ。おれはジェイクよりもサムのほうがいいと思ってたんだ。君はよいことをした。おれには願ってもない展開さ。さっきジェイクを殺したサムを見ただろ?冷血そのものだっただろ?蘇ったサムが100%ピュアなサムじゃないかもと疑ったことはないの?」と憎たらしいことをいい「おまえを生かせとくのはここまでだ。ウィンチェスターの善人精神がまったく頭にくるぜ。やっとおまえを殺せるわ。こりゃ最高だ。ワハハ」

とつぜんジョンが出現!そうか。地獄への扉が開いたから彼も出てきちゃったというワケなのだ。ジョンのオバケがディーンを救った。ディーンはコルト銃を奪い返した。悪魔の親玉をズドンとイッパツ。やったぜ!黄色い目の悪魔は死んだ。

兄弟は父ジョンと涙の再会。言葉はいらない。ジョンは泣き笑いせつなげな表情で息子たちにバイバイした。彼はきっとこれで成仏できるんだ(たぶん)!

最高のハッピーフィナーレのはずなんだが、兄弟の心は重い。サムはディーンがしたことに気づいている。「ジョンがやったように、ディーンはおれのために悪魔と取引したのか?」と聞いた。ディーンは「残り1年だ」と答えた。サムは「ぜったいおれがディーンを助ける」と決意した。

ボビーとエレンが声をかけた。「黄色い目の悪魔が死んだ代わりに何百っていうヤツラが出てきた。ありゃデビルの軍隊だ。これから戦争になるゾ」といわれた。いっちょうやるかと余韻を残してシーズン2は終了。パチパチパチ。

title: 2-22 :: All Hell Breaks Loose Part 2
aired date: 2007/05/17
Director: Kim Manners
Story: Michael T. Moore, Eric Kripke

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

みちぞうちゃん (2007.08.31 16:14)

はじめまして。
:D
また、楽しく拝見できて嬉しいです!

jaredina (2007.09.05 20:28)

 こんにちは!ブログの再開心待ちにしてました :D ありがとうです!!今このドラマにとてもはまってて、Tinkerさんがリフレッシュしてる間も他のサイトで2-17以降のエピソードも見てたんだけど、字幕が無かったのでストーリーをしっかり理解できてなかったです :-( なのでこのエピガイはすごく助かりました :D :D :D シーズン3が楽しみです :wink: リニューアルしたこのサイト、以前とがらりと変わって真っ白だったので最初はまぶしくってびっくりしました :lol:

tinker (2007.09.06 06:25)

どもですw。遅くなっちゃってほんとすませんでした!

アクレス (2007.09.27 22:03)

兄と弟、どちらが主人公ですか?
やっぱり兄ですか?

アクレス (2007.09.27 22:03)

兄と弟、どちらが主人公ですか?
やっぱり兄ですか?

アクレス (2007.09.27 22:04)

すみません間違えました

TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural