TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural

スーパーナチュラル/Supernatural :: 2-16 :: Roadkill :: ネタバレ

transスーパーナチュラル/Supernatural。シーズン2の16話。ネタバレ! ゲストはBSGのNo.6役、トリシア・ヘルファ。スーパーナチュラルにサイロン襲来?
view: 12041

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

男女の乗った車が寂しい山道で幽霊に遭遇。車は道を外れてクラッシュ&大破した。妻モリィが車内で目が覚めたら夫がいない!助けを求めて森をさまよってたら山小屋があって、血まみれ幽霊が出てきてウギャー。孤立無援な彼女は山道に戻る。そこにディーンとサムのインパラが通りがかるというグッドタイミングで彼女は救われたのであった。

「オバケが出た!夫がいなくなった!」と怯えるモリィを連れて、彼女たちの乗った車があるはずのところにいってみたら、車は消えていた。「彼女にほんとのこという?」「そんなの話したら逃げ出しちゃうだろ」なんて兄弟は会話している。

ディーンとサムがこの場所にきたのは偶然ではなかった。15年前にこの道路で死んだグリーリィという名前の農夫がいて、そいつが毎年同じ場所で出現する自縛霊と化しているという。それを退治しにやっていた兄弟は、事故直後のモリィに遭遇したのであった。

「はやく夫をタスケテ!」とパニクる彼女を連れてドライブしてたら、カーラジオから不吉なメロディ。どうやらこれがグリーリィおでましの予兆らしくて、道路上に自縛霊が出現するが、ハンドルを握るディーンはそのまま突っ込んだ。相手は霧のように消え、車はエンストした。

3人で山小屋に戻り、日の出までにグリーリィの死体を探してソルトで成仏させてやらねばなるまい。途中でモリィが捕まりそうになったり、孤独死した妻の首吊り死体が出てきたり、古い写真や生前に書かれたラブレターが出てきたりという調子で謎解きをしつつ「あんたらゴーストバスターズなわけ?」と驚く彼女に「オバケちゅうのは悲しいもんなのよ」とレクチャする。

ラブレターを読んで感動したモリィはフシギに思う。「こんなに善良なひとがどうしてモンスターになってしまうの?」という質問にサムが答える。「霊っていうのは傷ついた動物のように痛みを感じている。彼らはやり残したことがあって、無限ループにおちいっている。元々悪いひとたちではなかったけれど、そうなっちゃうと自分自身をコントロールできないんだ」という説明を聞いたモリィは「かわいそうだね」と深い同情を寄せるが、じつは彼女自身がソレであることに気づいてないのである。

2人の会話を聞いたディーンが割って入る。「サムはジェニファー・ラブ・ヒューイットタイプだけど、おれはちがう(Ghost Whispererですね)。霊なんかやっつけちゃえばいいんだ」なんていう。

不吉なメロディとともに出現した農夫の自縛霊を成仏させてやり、その後、兄弟はモリィに真実を告げた。じつは彼女は15年前にグリーリィを死なせてしまった本人だったのである。その事故で彼女は死に、夫は助かった。その日、モリィたちは結婚記念日だったという。

轢き殺されたグリーリィは深く妻を愛していて、彼を殺しちゃったモリィもまた夫を愛していた。2人はそれぞれの想いからさまよう霊と化し、毎年同じ場所に現れるようになった。リベンジの虜となったグリーリィのオバケが、自分を殺したモリィのオバケを追いかけて苦痛を加えるという無限ループを毎年リプレイしていたんである。

最後には、兄弟がモリィと出会う直前のフラッシュバックが流れる。視界にいきなり飛びだしてきたモリィを見た兄弟の会話。「オイ、出たぞ!」「彼女は自分の身に起きてることに気づいてないんじゃないか」。てわけでディーンとサムは最初からソレを知ってて彼女に隠してたわけで「ほんとのこといったら逃げ出しちゃうだろ」というのはそういう意味だったのか。

自らが悲しい幽霊であることを知らされたモリィは大ショック。「夫は生きている」と知らされ、彼が新しい妻にキスするところを茫然自失で目撃した。彼女はお別れをいってこの世から消滅した。

※感想

モリィ役のトリシア・ヘルファ(Tricia Helfer)はバトルスター・ギャラクティカでNo.6を演じるBIGなゲストです。No.6ていうのはヒューマノイドサイロンのひとりで、サイロンちゅうのはなにかというと、人間がつくったサイボーグ(みたいなもん)です。BSGでも彼女は亡霊のように出現するフシギちゃんキャラを演じてるので、イメージがダブってしまいました。

Roadkillという題名はなかなかいいなと思って、私はこの題名を聞いた時点でかなり期待しちゃってました。頭の中に具体的なビジュアルが出現してしまったのです。こういうかんじです。

シュールな荒野のハイウェイに累々と横たわる死骸の群れ。人間ばかりでなく、動物たちもいる。ペチャンコのでっかいヒキガエルとか、内臓がドバーとさらけでたオオカミとか。その地獄のランドスケープにトリシア嬢が半狂乱で泣き叫ぶ。みたいな。そこに骨をバリバリ踏み潰しながら、インパラがやってくる。みたいな。

そんなイメージを脳内先行ロードショーしてたので、悪魔エフェクトがヌルすぎではないかと感じたのですが「モリィがじつは幽霊だった」というオチはおもしろかったですね。でもやっぱりもうひとつ、ヒネリが欲しかったなぁ。と思うところではあります。

とはいうものの、もし自分の身にこんなことが起きたら、つまり「あんたは死んでるんですよ」と告げられたら「悪魔エフェクトがヌルすぎ」なんていってられないでしょう。恐ろしい。ナムアミダブツです。

Music:
"House of the Rising Sun" by The Animals

次回 "2-17 :: Heart" は3/22オンエア予定。werewolfが出てくるみたい。[ 予告編 ]

------------------------------------------------------
title: 2-16 :: Roadkill
aired date: 2007/03/15
Writer: Raelle Tucker
Director: Charles Beeson

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

SHIHO (2007.03.20 16:38)

はじめましてtinkerさん、みなさん、
初めて投稿します。
16話がアップされるの今か今と待ってしました。
私はダークエンジェルでジェンセンにはまりました。
いたずらをして、「はまったな」っていうときのディーンのやんちゃっぷりがたまらなく好きなんです。今はどっぷりSupernaturalにはまっています。
私は、字幕なしではみれないのでupdatedされるのが楽しみでなりません。
あぁ、英語がしゃべれるようになりた〜いです。

しかし、今でも心残りなのは、ダークエンジェルが
打ち切られた!?のが残念でなりません。あれって、話的には終わってないですよね???
とにかく、楽しみして拝見していますので、tinkerさん、updatedがんばってください。

ゆうこー (2007.03.20 20:41)

SHIHOさん、あなたもダークでジェンセンの魅力にはまった方ですねー 私もです!
ちなみにジェシカ・アルバちゃんも可愛くてダークのアクションシーンにドキドキしてました。
ジェンセンの、吸い込まれそうな瞳と、軽いノリがアンバランスでいい!って感じです。
実は、プリズンブレイクの主人公のミラーの瞳も好きだったりします。浮気ものですかねー?(笑)

SHIHO (2007.03.21 15:49)

ゆうこさん、
ダークはジェシカがかっこよくてはまっていたんですが、
S2からジョンセンが登場してからは、もっとダークにはまちゃいました。でも、ダークのつづきがないことを知ってから、がっかりしていたときにSupernaturalを見つけて、ちょーhappyになりました。

ゆうこー (2007.03.21 22:09)

ダークは本当、急に終わってエーッ!何なんだー!
て感じでしたよねー
日本じゃこんなにスッパリ切るなんて考えられないよねー
トゥルーコーリングもそうだけど、急にやめるの心臓に悪いですよねー Supernaturalがそうならないよう、どきどきしてます。ちなみに、成宮くんは好きなんですが、兄弟の日本語の声は二人とも・・・微妙だと思っちゃいました。 

SHIHO (2007.03.22 18:34)

吹き替えに関しては、私も同感です。。。。。。。

Supernaturalも打ち切られないといいですね。
ダークはweb上で署名活動のようなものがやっていたのは見たことがあるんですけど、、、、、ダークが打ち切りになった理由でもあるんですかね?????
そういえば、トゥルーコーリングの主人公の女の子も好きでした。

tinker (2007.03.23 07:45)

みなさんどうも。やっぱジャンセンのにんきはスゴいんだなぁ。ところで、女性のファンの方にお尋ねしたいのですが、サムはどうなんでしょう。私は男ですが、男性から見ると、サムもディーンとおなじくらいcuteだと思うんですが .... やっぱタフガイ系の方がイイ?

SHIHO (2007.03.23 09:56)

こんにちは、tinkerさん。
>やっぱタフガイ系の方がイイ?
確かに、サムもcuteですよね〜。
でも、かわいいだけって気がします。(私が思うにはですけど…)サムは役柄かもしれないけど、おぼっちゃまな感じかなぁ。うまく表現できないんですが…
ディーンはなんか見所がたくさんあるんですよね〜、
さっきまで、いたずらしてへらへら笑ってたと思ったら、急に顔がまじめになってcoolになったり、そうかと思えば、今度はウルウル演技みたいな、その辺のギャップがたまらないんですよ。
ダークのときもそんな感じでしたよね。(これはあくまでも私の意見ですが…)
tinkerさん、私も質問してよいですか?
ダークはなぜ打ち切られてしまったんでしょうか。
何かご存じでしたら、教えて頂けますか???

ゆうこー (2007.03.23 10:46)

SHIHOさんの意見に同じくです。ディーンはどこか影があって、普段見せないのにふっとした時に悲しげな瞳やダークな面を見せられたら、女性にはたまりません!
つい力説してしまいましたー

サムは頼りなげなところが母性本能をくすぐる・・といった感じでしょうかー私個人の意見ですが・・

私も質問ですーTINKERさんは英語を現地で学ばれたのですか?それとも仕事か何かですか?とてもGOODな翻訳に、ただただあこがれてしまいますー
立ち入ったことでしたらごめんなさい。

TB (2007.03.23 20:09)

「幽霊っていうのはね」の説明をするサムを見ながら、marry me! とか考えていたので、次のエピはいろんな意味で胃が痛くなりました…。

> シュールな荒野のハイウェイに累々と横たわる死骸の群れ。
> そこに骨をバリバリ踏み潰しながら、インパラがやってくる。

おお!まさにインパラにふさわしい光景!ワクワクします。でもできれば夏に撮影してほしいかな。暑いイメージなので。
たまにはインパラのためのエピも見てみたいです。SPNは定番ネタが多いから、クリスティーンみたいな話になるかもしれませんが。

tinker (2007.03.24 11:09)

どもです。

> ダークはなぜ打ち切られてしまったんでしょうか

んーーーーーーー。またむずかしいしつもんだw。だいたいアメリカのドラマって意味不明な打ち切りが多いですよね。DAの頃はウラでなにやってたか覚えていないけれど、タイムテーブルの運不運さというのもあるし。毎年すごい数のドラマがデビューするけど、サバイバルするのはほんの僅かで、「なんでこれが打ち切り?」っていうケースはほんと多いので、ドラマウォッチャーは気が長くないとやってられません。

> TINKERさんは英語を

エート、仕事でいったりきたりしてるうちにナンとなく。昔お世話になった会社の上司がそれはそれは怖いアメリカ人女性で、彼女にはかなり鍛えられました。SNのエレン役のひとに似てるのですよ。私、彼女が出てくるといまでもビクッとします。会議のときボールペンを投げられて、「英語しゃべれ」とかいわれてましたから。

> marry me! とか考えていたので、

ははははは。ウケました。ほんとにTBさんはサム好きなのですね。

> クリスティーンみたいな話

あ、イイですね!インパラがゴーストになって勝手に走り出しちゃうのですね。synopsisを書いてCWに送りましょう。うまくいったらほんとにmarry meかもしれません。

ゆうこー (2007.03.27 20:55)

tinkerさん、
<会議のときボールペンを投げられて、
えー!そんなことが?実は私も前の職場でジャムを投げつけられたことが・・・やっぱり女の上司でしたー(笑
やっぱり人間、追い込まれると強力な底力が出るものなんですねー SNのエレン役の人、早く見たい!!!楽しみですー

TB (2007.04.06 03:30)

先日 The 4400 のS2を見たらまさにエレンがスーツを着て出てきて、思わず爆笑してしまいました。あれは本当に…さぞかし恐かったでしょう、tinkerさん。

一時期SPNのS2で兄とエレンのロマンスがあるんじゃないかとウワサされたとき、Samantha Ferris はけっこう喜んでいたようなので、もっとちがうタイプも演じたいのかもしれませんね。…うまく想像できませんが。

TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural