TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural

スーパーナチュラル/Supernatural :: 2-11 :: Playthings :: ネタバレ

transスーパーナチュラル。シーズン2の11話。ネタバレ!
view: 15716

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

Pierpont Innは歴史のある瀟酒な外観のホテルだが、主のスーザンはここを売る気らしい。スーザンには2人の娘がいて、娘たちはここを離れたくないと思っているみたいだ。ここで引越し業者の男がやってきたと思ったら階段で転落死。男の首は奇怪にも180度回転していた。同じ瞬間、娘たちの部屋にあった人形の首が同じようにクルリと回っていた。

サムとディーンは前回行方不明になったエヴァを探し続けているが手がかりゼロ。そこにエレンから呪いのホテルの話を聞いて、そっちを調べることにした。だが2人はエヴァをあきらめたわけじゃない。他に困ってる人がいたら助けなくちゃいけないとサムがえらいことをいうので、ディーンも同意した。

兄弟は宿泊客として潜入開始。主のスーザンは2人をアンティークマニアのゲイカップルと勘違いした。ゲイというのは否定したけど、アンティークマニアの方は「そうそう」といっといた。

着いて早々にサムが屋敷のポーチや調度品の中にHoodoo(アフリカの呪術)のシンボルを見つけた。事件と関係あるのかも。スーザンの部屋にいってみた。彼女は荷造りをしてて忙しそうなんだけど、部屋の中にアンティーク人形を見たディーンが「うちの弟はお人形が大好き」「ここだけの話、着せ替えゴッコに目がないの!な?そうだよな?」なんていったら入れてもらえた。はははははははは。

部屋の中にはこの屋敷にそっくりのドールハウスがあり、すごいたくさんのアンティークドールがあってびっくりする。ここで娘のタイラーに会った。もうひとりマギーっていう姉妹がいるらしい。この人形たちはおばあちゃんのものだとタイラーが教えてくれた。おばあちゃんはローズという。でも「彼女は病気だから」といって会わせてもらえなかった。あと、この屋敷には長年ファミリーに仕えているシャウィンっていうおじいさんがいる。アンティークな調度品が飾られた古い屋敷に、ドールで遊ぶ女の子たちっていうのがいかにもホラーってかんじでどきどきする。

兄弟が宿泊中にまた死者が出た。こんどはこの屋敷を買い取る予定の会社の関係者で、ここでも娘タイラーの部屋のドールが死を暗示しているのだが、だれもそのことを知らない。ディーンとサムは、きっとだれかがこの建物が取り壊されることを拒んでいるのかなとアタリをつけるんだけど、そこから先がぜんぜんわからない。

死んだ人を助けられなかったことでサムはドーンと落ち込んだ。彼は前回エヴァを助けられなかったし、また今回も死人が出てしまったことで自責の念に駆られてしまう。いつも冷静なサムにしては珍しくグデングデンに酔っぱらって「人々を助けたらぼくの運命は変えられるかもしれないだろ!」なんていうのだ。「もしぼくがぼくじゃなくなったら、ぜったいにディーンがぼくを殺してくれ。約束しろ」と頼むので、兄は嫌々ながら「わかったよ」と答えるしかない。酔いつぶれた弟をベッドに運んでやった。

ディーンはひとりでバーに行ってシャウィン老人に話を聞いた。老人は屋敷に飾ってある写真を見せながらここの家族の話を聞かせてくれたが、スーザンの母のローズの病気の話になると口をつぐんだ。このローズっていうおばあちゃんが怪しいのかなと思う。娘時代のローズの写真があった。その横には黒人の女性が映っていてそれは彼女の乳母なんだと教わった。黒人女性だ。ローズは乳母にHoodooを教わったのかも。

翌朝。サムはひどい二日酔いで目を覚ました。オエーと吐いてる弟に「きったない灰皿にのっけたアブラぎっちょぎっちょのポークサンドイッチ、食う?」とからかうディーンはもちろん昨夜の会話を覚えているけど、サムはきっと忘れてるに違いないと思って知らないフリをしている。ディーンアニキは優しい。

ディーンはローズとその乳母のことをサムに話し、スーザンにナイショでローズの部屋にいってみた。そこにはひからびた老女がいて、目は開いているが呼びかけても反応ナシ。発作で動けないみたいだ。てことは彼女にHoodooができるわけないので他にだれかいるんだ!ここでスーザンにみつかって「でてってちょうだい!」と追い出されてしまう。

スーザンは早く屋敷から出たくて引っ越しの荷造りをせっせと進めているが、ひとりで外にいたときにオカルトななにかに襲われた。ブランコが勝手に動き始めてシーソーがガタンガタンと揺れ始める。同じ瞬間、部屋の中ではドールハウスのブランコが勝手に揺れ始めたのをタイラーが見ていた。

気味の悪い光景に目を奪われていたスーザンの後ろから無人の自動車がソローリと動き出したかと思ったらぶぅーんとアクセルが!轢かれるーと思った瞬間、サムがナイスなタイミングで彼女を救ったパチパチパチ。

パニクるスーザンを家の中に連れて行き「とにかく危険だから大急ぎで家族全員ここから出ろ!」といってたら娘がいない。ここでスーザンの口から意外な事実が明かされる。娘はタイラーひとりだけだというのだ。マギーっていうのはタイラーのimaginary friend(想像の友達)だったのだ。これには兄弟も私たちもびっくり!

取り乱すスーザンにディーンが「よく考えろ。マギーってだれだ?」と問いつめたら、それははるか大昔にプールで溺れ死んだローズの姉のマーガレットのことだとわかって、ここからトントン拍子で謎が解明されていくのであった。マーガレットは同じ敷地内にあるプールで溺死したと知ってそっちに駆けつけた。マギーがタイラーをプールに突き落として溺死させようとしていた。プールに入るドアはなにかに護られているようであり、防弾ガラスのように強固である。サムがHoodooのシンボルがついた植木鉢(?)でガンガンやったらやっと壊れた。サムが飛び込んでギリギリセーフ。助かった〜。

これはいったいどういうことかというと、マーガレットはきっとずっと前から霊としてこの屋敷にフワリフワリととり憑いていた。でも彼女が悪さをしないようにローズがずっとマギーを遠ざけていた。乳母に習ったHoodooの呪術が役に立ったのかも。ところがローズが発作を起こして以来、マーガレットは自由にウロウロできるようになり、タイラーのimaginary friendとして彼女にくっつくようになった。マギーはきっと寂しかったのだろう。この屋敷が取り壊されることになり、マギーはそれが嫌なので妨害工作するようになった。それで不審死が続いたのだ(て解釈であってますよね?)。

ラスト。「マギーはもういなくなった」とタイラーはいう。よかったよかったと思ったら、彼女は妹のローズをあの世に連れていってしまった。てわけでおばあちゃんは死んじゃったが、スーザンとタイラーは助かったわけでディーンとサムはなんとか仕事を終えたのであった。

母娘を送り出して一息ついたところでサムがいう。「昨夜の約束したこと頼むぜ」。ディーンは嫌な顔になる。「んーと ... ナンだっけ?」「わかってるくせに」「おまえ、酔ってただろ」「ディーンは酔ってなかった。約束したもん」「 ... 」

みんなが去った後、無人の屋敷の中では幼いローズとマギーがうれしそうにナワトビ中。

※感想

2人の少女でシャイニングみたい、でも双子じゃないしなと思ったら、あのバーがシャイニングそっくりでウハでした。

マギー役はThe 4400のマイア役でおなじみのコンチータ・キャンベル(Conchita Campbell)。コンチちゃんの不思議少女ぶりがアンティークドールのホラーな雰囲気とぴったりマッチしてたいへんよかったです。彼女はこういうムードにすごくハマりますね。大人になっちゃうのが残念な子役だ。

The 4400を見てない方のためにいちおう説明しとくと、コンチちゃん演じるマイアは、50年間の失踪後に生還した未来予知少女というキャラでドラマを盛り上げてます。

このエピソードではマギーがimaginaryな存在であるっていうのはさいしょは明かされなくて、つまり彼女の姿は視聴者には見えているから私たちはそれが姉妹なんだなと思いつつ話が進んでいくんだけど、imagenaryなんだよと明かされた瞬間、「あ、そっか!」と気づかされる。スーザンもディーンもサムもアレが見えていないんだ!と気づかされるというこの展開はおもしろいですね。こういうオリジナリティのあるホラー手法を今後もどんどん出してほしいなぁ。

ところで、私事で恐縮ですが、じつは私、imagenary friendの記憶があるんです。私はひとりっこでうちの親は自営業だったので、幼少の頃は大人たちに囲まれてたはずなのに「同じ年頃のだれかといつもいっしょに遊んでいた」という強い記憶があるのです。部屋に入るときに小さな手を握ってたこととか覚えてます。大人になってから親に聞いてそんなはずはないとわかって、不思議だなぁと思いました。でもこれは寂しかった幼少時のきもちを代償するために、成長後に勝手に私の脳がmock upした記憶なのかもしれないなと思ったりもします。どっちだかわかりません。催眠療法とかやったらわかるかな。でも怖いからやりたくありません。

幼い時分のimagenary friendならまぁありがちですが、大人になって出てきたらかなりヤバいですね。昨夜だれかとsexしてたとか思い込んでません?よおく冷静に振り返ってヤバそうだと思ったら早めに病院いってください。

------------------------------------------------------
title: 2-11 :: Playthings
aired date: 2006/01/18
Writer: Matt Witten
Director: Charles Beeson
Guest Stars: Matreya Fedor (Tyler Tucker), Conchita Campbell (Maggie Tucker), John R. Taylor (Sherwin), Brenda McDonald (Rose Tucker), Jonathan Bruce (Larry Williams), Annie Wersching (Susan Tucker)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

kenn (2007.01.23 20:58)

最初にTylerがMaggieの事に触れた時に、Susanが当たり前のように接していたので、兄弟はおろか見てるこっちもimaginaryだと思わなかったですね。しかも、Hoodooによる事件ではなくて、その効果が切れたためにspiritが起こした事件という、この感じ。やられたー。

全体的に静かな感じで、Roseも一言も発しないというこの雰囲気がホラーのなかでもゾクゾクさせます。Deanがやむなく約束した時に、Samが2回"Thanks!"って苦悶の表情で言ったのが印象的でした。酔いに任せて"you're bossy"って言うのにも笑いました。

浮気相手をimaginaryにして存在しなかったことにするのもいけませんよ。Hoodooの呪いかけられそう。

TB (2007.01.24 03:18)

シャイニングごっこが楽しかったです。双子じゃないけど女の子2人とか、バーまでやってくれて本当に嬉しかった。ブランコが動くのは迷路の代わりというよりは原作の植木の代わりかな。それとも他の映画でしょうか。

今回兄といる時のサムは低い位置で話しているのが多かった気がします。座っているか、階段でも下段とか。可愛い弟ぶってて大好き。
前回の最後から今回の冒頭の会話で、シーズン1からのサムの変化を感じて切なくなりました。(逆に兄は弟を守るのが優先でhuntingは二の次になったのかな?)
しかし兄のこと威張りん坊のチビのバカと言ったのには驚いた。兄は兄で父を罵るし。Crossroad Bluesで父の甦りを願わないはずです。

tinkerさんのお友だち、座敷わらしみたいでいいですね。アメリカにはウサギの「Harvey」というネタもありますが、そんな古いネタはやってくれないかなぁ。

tinker (2007.01.25 11:01)

kennさん、TBさん、いつもコメントありがとう。you're bossy.って酒に酔わないとお兄ちゃんにいえないサムってカワイすぎですw。

綾 (2007.01.25 15:53)

はじめまして。今頃スパナチュにハマり、ようやくシーズン1を見終えた主婦です。スパナチュに関して何か無いかなと彷徨っていたら、こちらのブログに遭遇。セカンドシーズンのこともたくさん載っていて、目尻が下がりっぱなしです。これからもちょくちょく遊びに来ますね〜。
ところで、日本版レンタルに入っていた特典映像で、パダくんが食べてたお菓子はなに?レインボーの見るからに身体に悪そうなものなんですが、ガム?キャンディ?今度ソニプラに行って探してこようと思うんですが…。

tinker (2007.01.26 01:54)

こんにちは。お読みくださりありがとうございます。あ、ソレ見た気がするんだけど、思い出せません。なんだたけなぁ。思い出したらいいます。

ジョウ (2007.01.26 02:39)

tinkerさん、このブログも実はimaginaryだった...なんてね。そうだったら怖いですよね(笑)。

「呪詛」→「悪霊」というドンデン返しと、「タイラーがサイキック少女で、無意識に悪さをしてるのかな?」→「あ、サイキック少女はマギーなんだな」→「マギーは実は悪霊でタイラー以外の人には見えない」というドンデン返しが重なり合っていて面白かったです。『シックスセンス』や『アザーズ』を見ていても騙されちゃうという上手い脚本&演出でしたね。

綾さん、そのお菓子(私も覚えてないです)の映像は本番っぽかったですか、それとも休憩時間っぽかったですか?北米版のDVDにも収録されてる映像なら確認できるんですが…。

綾 (2007.01.26 13:03)

こんにちは、tinkerさん。またまたお邪魔します。
ジョウさん、はじめまして。綾です。
パダくんがレインボーの帯状のナニカを、もしゃもしゃ食べていたのはヘアメイクのシーンです。
なので、本番前?
わざわざ自前っぽいタッパーに入れていて持ち歩いてました。思わず「そんなに好きかっ」と突っ込んでしまいましたヨ(^_^;。日本でも売ってるかな〜。
ちなみに、シーズン1で兄弟が幼稚なイタズラをやり合う話(タイトルど忘れ)で、ディーンがサミーのパンツに仕込んでいたものも何か気になってます。ストーリーはもちろんですが、どうも小道具にも目がいくタイプです。

ジョウ (2007.01.27 02:31)

綾さん、ヘアメイクのシーンは北米版DVDにも収録されてますので、後で確認してみますね。でも、それ、多分、fruit roll (fruit roll-up) の類です。「fruit roll」で検索するとメーカー・サイト、写真、そして家庭用レシピまで出て来ますヨ(笑)。

tinker (2007.01.27 05:57)

ジョウさん、フォローありがとうございます。綾さんがいってた、そのパンツの中に入れてたヤツって私も覚えてます。砂みたいなもんだったですよね。なんだけ?「ウワー」ってサムがヤラレてましたよね(笑)。

綾 (2007.01.27 13:00)

tinkerさん、こんにちは。綾です。
ジョウさんへ。情報ありがとうございます。
早速fruit rollでポチッと検索…お、おお?こ、これかっ?え、英語わかんねぇ!
仕方ないので日本語で検索…お、おお?こ、これかっ?日本に住んでらっさる外人さんのブログを発見。その中で、多分ママから送られてきた向こうのお菓子を紹介している映像が…fruit rollきましたー!
おや?指に巻き付けて食べてる?むむむ?セロファンみたいだな。
なんとなくパダくんが食べていたものよりも、生地が薄い気が…。
いろいろ種類があるんでしょうかね。こちらのセロファンみたいなものは、別のブログで「ソニプラに売ってなかった」とあったので、国内じゃ手に入らないのか〜。残念ナリです。
しかし、これで家庭用レシピ?いったい何が出来上がるんだろう?アメリカのお菓子って夢があっていいなぁ。
そして、tinkerさん。そうですそうです。サミーが「ウワー」ってなってたやつです。「ボク、石鹸アレルギーなのかなー」と日本語訳でなってたやつです。
お兄ちゃん、痒くなるものをかわいい弟に仕込むなよ〜。
セカンドシーズンはなんだか重そうですね。父ちゃんが死んじゃったので仕方ないのですが。
またこんなかわいい兄弟が見れることを願います。
早く日本でも放映&レンタルしてほしい〜。

TB (2007.01.27 19:10)

tinkerさんオススメのThe4400見ました。コンチータちゃん可愛いですねー!真っ白!
他にもSPN1-10話「137号室」のカップルの彼女や、1-17話「死を招く屋敷」のレコード店の彼とか、知ってる顔が出てきて楽しかった。こうやってだんだんアメリカドラマの顔を覚えていくんですね〜。

tinker (2007.01.28 17:09)

綾さん、

シーズン2のとくにさいしょのへんはダークでしたね。でもさいきんはそうでもなくなってきた。シーズン2からは兄弟の宿命みたいなのが出てきて、よりおもしろくなってきたように思います。

TBさん、

あ、コンチちゃん、みましたかー。彼女はなかなかいい味出してますよね。ミステリアスで。ほかにもそんなに知ってるひとがいましたかぁ。TBさんは注意力ありますねぇ。私、ぜんぜん気づかないときが多いですw。

リジ (2007.04.27 08:43)

I ♥ Supernatural!

ディーンがかっこいよ〜このエピソードは本当面白いですね?バンクーバで、私はこのマンションに行ったが外だけ見られた。残念〜
私はアメリカ人のファンだから、今日の9時よる、新しいエピソードがある。ラッキ!(^_^)
今日は2ー19です。

TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural