TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural

スーパーナチュラル/Supernatural :: 2-09 :: Croatoan :: ネタバレ

transスーパーナチュラル。シーズン2の9話。サムの予知夢が再び。悪魔のウィルス感染拡大中。ネタバレ!
view: 20178

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

サムが予知夢を見た。ディーンが椅子に縛られた若い男に銃を向けている。男は「ヤツはおれの中にはいない!」と命乞いをしている。ディーン、構わず男を射殺。

というなんとも嫌な予知夢のせいで、兄弟はオレゴンにGO。いままでディーンはサムの予知夢を聞くと「おめぇはイカレてるんだよなぁ」とニタニタ笑ってたけれど、自分が誰かを殺すと聞いて今回ばかりは動揺を隠しきれず。

Rivergroveという小さな町に到着。USマーシャルを名乗って捜査開始。サムが夢に見た男には目の上に小さな傷があったのでそれを聞いたらすぐに特定できた。

男の家に行く途中で電柱に "Croatoan" と削られたラクガキを発見。優等生だったサムが解説してくれるのをディーンはポカンと拝聴する。「Croatoanちゅうのはアメリカ先住民族の名前で、そもそも1500年代後半に ... 」と歴史の講義が始まる。

ロアノーク島の集団失踪事件のあらまし。16世紀にアメリカのロアノーク島(現在のノースカロライナ州にある)に入植してきたイギリス人約120名がケムリのごとくに失踪した。後に残されたのは木の幹に刻まれた「CROATOAN」という単語と「CRO」という文字だった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ウォルター・ローリー

ということで、Croatoanというのはバミューダトライアングルと並ぶ世界トンデモ七不思議のひとつの失踪事件なのであった。

今回の事件はかなりヤバいのではないかと2人は直感し、エレンに助けを求めようとするが、ケータイも公衆電話もつながらない。悪魔の包囲網が既に始まってるんじゃないかと悪い予感がする。

男の名前はドゥェイン・タナー。彼の家にいってみたら、弟と父がいて本人は釣りにいったというので「またきますわ」といって退散。母親のことを聞いたら2人は別々のことをいうのでなんだか怪しい。わざとらしい笑顔が妙にきもちわるい家族だ。ディーンの台詞。"That was creepy. A little too Stepford, right?"(映画 "The Stepford Wives"ネタ)

家の中では弟と父親が母親を椅子に縛っていた。息子の血液を彼女にかけている?なにかの儀式を行っている。窓の外からこれを見たディーンとサムがが強硬突入。ディーンは父親をその場で射殺。サムは撃つことができなくて息子は逃げた。

母親と死んだ父を町の病院に運んだ。彼らと顔なじみらしい医師と看護婦は仰天。「夫と息子が急に人格が変わって襲ってきた」という告白を聞いた。「この町全体がヤバいことになってるかもれしれん」と兄弟は心配する。医師は「シェリフや検死医を呼ばなくちゃいけない」というが電話はつながらない。ディーンは隣町に応援を呼びにいくといって出て行った。サムは留守番してみんなを守る。

ディーンがいない間、医師はディーンが射殺した男の血液に正体不明のウィルスを発見した。それは血液に硫黄(硫酸?英語でsulphur)のようなへんな残留物を残すという。つまり悪魔のウィルスが町の人々に蔓延してるらしくて、それは血液によって感染するものらしくて、そうなっちゃうと人格が変わってゾンビ状態になるらしい。

一方、病院を出たディーンは気味悪く豹変した人々に阻まれて町を出ることができなかった。途中で男を1人拾った。彼は町のようすに恐れをなして、ひとりでライフル銃で武装していた。男を連れてサムの待つ病院に逆戻り。

病院では、救ったはずの母親はじつは感染していて、メスを振り上げてきた(この絵はいかにもホラーってかんじで和みますネ)。なんていうところにディーンと男が戻ってくる。ディーンは医師たちの目前で母親を射殺。町は感染した人々であふれ、5人(ディーン、サム、医師、看護婦、ディーンが出会った男)は病院にたてこもるしかないというナイト・オブ・ザ・リビングデッド状態に突入。電話はつながらず。

病院にドゥェイン・タナーが助けを求めてきた。サムが予知夢で見た男だ。彼は釣りから帰ってきたらば町の人々に襲われそうになって逃げてきたんだというが、感染してるかもしれない。医師がいうには血液を調べて結果が出るのに3時間を要するという。ディーンは強硬射殺を主張するが、サムは止める。感染してないかもしれないからだ。

ディーンはサムを突き飛ばし、みんなの見てる前で彼に銃を向ける。予知夢の再現となるかと思われたが、ギリギリ彼はがまんして引き金を引かなかった。後からドゥェインは感染してないと判明して、ディーンはものすごくいやなきぶんになる。無実な人を殺しそうになったからだ。

とにかくなんとか町を出なくてはならない。病院にあるアルコール類を使って火炎ビンをつくろうということになってそれをやってたらば、看護婦がとつぜんガオーとサムを襲った。ディーンが射殺したときにはもう遅くて、悪魔の血液がサムの傷口にダラーリ。サムはモロに感染した。ひぃー。ディーン、茫然自失。ディーン以外の男たちは「殺せ」と主張。サムは「銃をおいてみんなは逃げろ」という。

ディーンはインパラのキーを投げ、みんなには逃げろといってじぶんはここは残るという。サムは「アニキ、逃げてくれよ」というが彼は聞かない。2人きりになると「おれはもういい。悪魔と戦うのは疲れた」なんていいだすので私たちはオロオロする。ここでディーンがなにかを言いかけたところで、逃げたはずの医師が戻ってくる。「出ておいで」と彼女はいうのだ。

外に出てみたら、感染者たちは消えていた。vanished ... 。ロアノーク島の再現のよう。町は静まり返っている。そして5時間後。医師はサムの血液にはウィルスはないと断言した。なぜだかわからないが、とにかく彼は感染していないという。そして感染者たちが消えたと同時に、死体の血液にあった硫黄の残留物も消えていた。

とにかくサムが助かってナイスなんだが、この結果は釈然としない。悪魔は結局ナニをやりたかったのかという謎が残るわけで、不完全燃焼気味の兄弟は生き残ったみんなにお別れをいって町を去る。

某所。ドゥェイン・タナーとディーンが町で拾った男がドライブ中。ドゥェインは車を止めさせ、相手の不意をついて鮮やかにスロートカット。そしてアンティーク調のグラス(メグが持ってたヤツと同じだ)に男の血液を並々と注ぐ。それはだれかとコンタクトをとる儀式のようであり、彼はぐるぐると渦巻く血液に「実験終了。よい結果でしたよ。もうテストは必要ないでしょう。ウィンチェスターくん(サムのことと思われ)は完全な抗体を持っています」と悪魔の親玉に告げている(かつてのメグと同じだ)。

どこかの湖畔。ディーンとサムがビールを飲んでいる。「んで結局あのあとナニをいおうとしてたの?」とサムが質問。「おれはもう疲れた」のあとにディーンはなにかをいおうとしてたのだ。ディーンはそれには答えずに「おれたちはちょっと息抜きが必要だよな。ハリウッドに行ってリンジー・ローハンとイッパツやりてぇぜ」なんていいだすので、サムはアニキがなにか隠してるんだなと思う。「ディーンが教えてくれるまでぼくはなんども聞いてやる」なんてかわいいことをいうと、ディーンは真顔になり「それだけはいえん」という。父と約束したからだと彼はいう。サムはますます「ナニソレナニソレ」と問いつめたらば「親父が死ぬ前にいったんだ。サム、おまえのことだ」

ナニナニナニ????と私たちも身を乗り出したとところでまた来週〜(イヤーーーー!)。

※感想

シーズン2のメインテーマはサイキックのサムの運命ともうひとつあって、それは、ディーンがもしかして人助けしてるつもりがだんだんおかしくなってきちゃって、もしかしたらいつのまにか「悪霊狩りを楽しむハンター」になっちゃうんじゃないかという彼自身の内に潜む恐怖だ。

サムの予知夢の内容を聞いてふだんなら笑い飛ばすところなのに、ものすごくムキになって「おれは無実な人を殺さない」と真顔になっちゃうシーンなんかを見ると、やっぱり本人も気にしてるんだなと気の毒に思う。

シーズン2の3話で出てきたヴァンパイアハンターのゴードンはいかにもディーンがこうなったら困るという見本のようなキャラであったが、来週は彼が出てくるみたいです。←まちがえてましたスマセン

お互いタイプの違うディーンとサムですが、シーズン2に入って、より2人のキャラが深くなってきたように思う。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

ぼたん (2006.12.11 19:09)

早く、続きが見たくてイライラしてます(,, ' 艸')ムププ
ここへ、訪問させていただくのが、楽しみです。
お仕事など、忙しいと思いますが、楽しみにしていますので、今後も:・(*>▽早く、続きが見たくてイライラしてます(,, ' 艸')ムププ
ここへ、訪問させていただくのが、楽しみです。
お仕事など、忙しいと思いますが、楽しみにしていますので、今後も:・(*>▽早く、続きが見たくてイライラしてます(,, ' 艸')ムププ
ここへ、訪問させていただくのが、楽しみです。
お仕事など、忙しいと思いますが、楽しみにしていますので、今後も:・(*>▽早く、続きが見たくてイライラしてます(,, ' 艸')ムププ
ここへ、訪問させていただくのが、楽しみです。
お仕事など、忙しいと思いますが、楽しみにしていますので、今後も:・(*>▽

TB (2006.12.11 20:08)

今回も笑わせていただきましたー。
たぶんこれから見なおす度に、「ガオー ダラーリ ひぃー」を思い出すと思います!

今回は室内のシーンが多かったので、サムの顔が割れてなくて良かったです。サムの困った顔って眉間にしわを寄せて目を細めて口をキュと結ぶんですが、そうすると眉間と鼻の下の溝と割れ顎の線がまっすぐ繋がって見えて、可愛くないのがちょっと不満だったので…。

今年の放送はこれが最後だというウワサもありますが、どうなのでしょう。あのラストで来年まで持ち越し?! それにディーンが本当に明かすかどうかも分からないし。どんなヒミツなのか予想をリストアップして待つしかないですね。

tinker (2006.12.12 20:27)

どもです。あ、ほんとだ。TBさん、サンクスです。私、まちがえた。年内放送はコレがラストみたいですね。次回にゴードンが出るってのも間違いでした。再放送の予告編見てたみたい。失礼。

そう、サムってかわいいんですよね。つか私は男で、べつにソッチの趣味はありませんけど、こういう弟がいたらかわいいだろうなぁと思うことが多いです。

kenn (2006.12.20 00:43)

Sammyは、熱い男なので突っ走っていくかと思いきや、アニキの軽いノリを見て逆に冷静さを保てるという、なんかこの絶妙な感じが好きです。

Duaneの話(Samの抗体)とDeanがこれから話す(予定の)事柄とがリンクしているとなると驚愕の事実が出てきそうですよね。悪魔の血が流れていて目覚め始めている!とかなった日には、開いた口をふさぐ気にもならんです。悪魔を倒さないと、、、って感じ??

Duaneって目がギローンと変わって(BuffyのWillowみたい)ましたけど、彼も悪魔の子に乗っ取られているのかな。いまひとつどういう状態なのかよく分からないのですけど。

tinker (2006.12.20 03:22)

ディーンの衝撃の告白はまだまだ引っ張られそうな気がしません?すんなり次回明かされないような ... 。Duaneはシーズン1のメグのroleなんですよねきっと。それにしてもまぁ、サムの抗体(ちゅうのもなんだかよくわからないわけですが)を調べるだけだったら、そこらへんでいきなりガブリすればよいだけの話なのにえらく大掛かりなハメ手を使ってきますね悪魔は。後半はかなり盛り上がりそうな期待がする。

kenn (2006.12.20 22:50)

そうですね。ただあまりにも何も話さないとSammy以上に我々が(笑)知りたくなってしまうので、どうでしょう。一部をオブラートに包むような感じで話して、さらに想像を膨らまさせようとする気がします。全部知らないより一部を知った方がより好奇心を駆り立てられますもの。

Sammyに何も起きなかったわけではなく、彼自身の中にある何かが反応した結果で、悪魔しか知らない。これからどんどんこういう凝った手で攻めてきたらどんどん盛り上がりますね。

tinker (2006.12.21 16:14)

> 一部をオブラートに包むような感じで話して

そ、そ、それはますます困るじゃないですかw!そのままゴニョゴニョ引っ張られつつ、フィナーレでやっと明かされて、そしたらサムはとんでもなく悲劇の運命にブチあたっちゃってて、そのままクリフハンガーでシーズン終了?辛い!楽しい!

スパナチュ馬鹿^^ (2006.12.26 23:39)

みなさん、どうやってシーズン2をみてるんですka?スカパーかなんかですか・・??教えてください!お願いします

tinker (2006.12.27 11:14)

日本の方もAppleのiTuneでほぼ同時期に見れます。日本語字幕はありませんが。詳しくはのん♪さんのブログを見てね↓

海外ドラマ★☆---WHAT A BLAST---★☆≡ :: 海外のiTunes Music Storeを利用する方法

TB (2007.01.05 20:07)

やはり次のエピにあの方が再登場するようですね。
ジョニーキャッシュを使った白黒のプロモがすごーくカッコいい。サムのアップで始まるし(笑)。(tinkerさんのお返事うれしかったー!)
今シーズンのプロモはちょっと工夫していて面白いので、DVDに収録してくれたらいいなと思っています。

tinker (2007.01.06 22:43)

TBさん、どもです。来週のpreviewがYouTubeにあったんでアプしてみました。これ?このどんどんどんっていう音楽がジョニーキャッシュつー人?もしかして違うクリップ?

TOP » ホラー » スーパーナチュラル/Supernatural