TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break

プリズンブレイク/Prison Break :: シーズン3の4話で○○が突然死の真相をプロデューサーが語る :: ネタバレ!

transプリズンブレイク/Prison Breakのシーズン3の4話で衝撃的に去っていったあの方に関するインタビュー記事。シーズン3の4話に関するネタバレを含みます。
view: 102862
SPOILER ALERT!!!
ネタバレです!!!

ネタバレオッケーな方のみスクロールしてお読みください。

20071012.pngナマ首姿で去っていったサラ・タンクレディ。一瞬映っただけでサヨナラ出演の機会もなく、死んだとだけ聞かされた私たちはリンクとともにオロオロです。どうしてああなっちゃったのかという内幕話を番組プロデューサーのマット・オルムステッドがインタビューに答えて語ってます。内容をササッと知りたい方のために訳してみましたが、ざっくり気味なので、きっちり知りたい方はおめめをぱっちり開けて、辞書を引きつつ元記事を読んで自分で判断してくださいネ。

なにぶんビミョーな話ゆえ、訳者のサジ加減でニュアンスがずいぶん変わっちゃうかもなという心配があり、うちのブログはプリズンブレイクの記事をポストすると恐ろしい数のアクセスがあるんで、私としてはそれはものすごくうれしいんだけど、同時に緊張してチビリそうになるということもあったりして、私はもちろん中立的な立場で訳しますけれど、ニュアンス的に私の主観が入ってしまうかもという点を理解した上で読んでください。なるべくまちがいなくフェアに書くつもりですけど。disclaimerでした。

TV GUIDE: 昨年1月にサラ・ウェイン・キャリーズが妊娠したというアナウンスがあった時点においては、ポール・シェアリング氏もあなたもファンも彼女が死ぬなんて計画になかったでしょう?どうして変わったのですか?

マット・オルムステッド: 最初に提出した案がFOX側から拒否されたんでそうせざるをえなくなった。サラなしでやれるように大改造をしろということになり、当初のシーズン3のシナリオにサラの死をどうマッチさせるかと知恵を絞った結果である。当初FOX側は(ナマ首ショックに)難色を示した。サラは愛されるキャラだったから他にやりようがないのかといわれたけれど、私たちはマイケルにモティベーションを与え続けるにはコレしかないと決断した。

TV GUIDE: 2年間に渡ってマイケルとサラの関係を見守ってきたファンを裏切る行為だとは思わなかったのですか?

マット・オルムステッド: すべての可能性を考えた上での判断である。最初の案ではサラは13話で死ぬ予定だった。マイケルは彼女を救おうとがんばるんだけど、結局、彼女は死んでしまう。そこに至るまでにいくつかの感動的なシーンがあるはずだった。私たちはサラと交渉しつつ脚本をいぢってアレコレ考えて、11話ならどうだ、10話ならどうだ ... って調子で少しづつ削っていって、結局、4話で死ぬということになった。その間も交渉を続けて、妊娠中のサラが住むカナダにカメラクルーが行くとか、電話で会話するシーンならどうだとか、あらゆる可能性を模索したがすべて受け入れられなかった。てわけで、こりゃ絶望的だとわかっちゃったのでレモンなしでレモネードをつくるしかなかった。

TV GUIDE: 想定したよりも早めに死んじゃったわけですね?

マット・オルムステッド: そうです。私たちはサラの人質話をもっとひっぱりたかった。彼女のイメージはすばらしく人質話にマッチすると信じたが、彼女は妊娠中でカナダの田舎で巣ごもりをしていてそれを望まなかったのだろう。ドラマとはアンサンブルだ。ドラマが前進するときアンタッチャブルな(つまり殺すことができない?)アクターというのはほんの一握りである。

TV GUIDE: サラ・ウェインキャリーズは契約中だったのでは?契約違反にならないのですか?

(ここでFOXのスポークスマン、Chris Alexanderが登場。彼が代わりに答えた)彼女との契約においては、契約を続行するならフルシーズン出演(22話)、そうしないなら新たに再契約をするかのどちらかだった。私たちは5月の時点で彼女のフルシーズン契約はないと決定し、13話もしくは14話の途中まで出演をしてもらうための再契約をするつもりだったが、彼女はそれを辞退した。

TV GUIDE: サラ側が契約を辞退するというのは不自然では?彼女はなぜカムバックしたくなかったのでしょうか?

マット・オルムステッド: 彼女には悪い話でなかったと思うんだが。予算もあったし。13話で去るというのは適当な散り際だと思われる。彼女の妊娠を考慮して日程を調整し、10話くらいまでと提案したが受け入れられなかった。私たちがカナダまでいって出産する前の彼女の姿を撮りたいと提案したがこれもダメだった。彼女は家から一歩も出ることなく高額なギャラをもらえるチャンスだったのに。私自身もどうして彼女はここまで拒絶をするのだろうと不思議だった。私の想像だけれど、彼女はハーフシーズンじゃなくて、フルシーズン出演してもっと中心的な役割を演じたかったかもしれない。あるいは家族をだいじにしたいと思ったのかもしれない。いっとくが、私たちの元々のオリジナルでは、彼女はフルシーズン出演するはずだった。それがFOXからの話で彼女が死ぬように変えざるを得なくなったのである。

TV GUIDE: サラは番組に対してなにか不満があったのでしょうか?

マット・オルムステッド: ノー。私は10年間テレビ業界にいて、気難しくて不満ばかりをいってるような俳優をたくさん見てきたが、彼女はそういうタイプではない。偉大な女優であり、知的で、示唆に富む女性であり、ドラマを支える財産である。

TV GUIDE: サラ・ウェイン・キャリーズはさいきんフランスの雑誌のインタビューに答えて『悲しい』『ショックだ』『切り捨てられた』という感想を述べたとされています。仮にこれが本当に彼女の台詞だったとしてあなたは驚きますか?

マット・オルムステッド: 驚くには値しない。彼女のキャラクターは培われたものであり、ドラマの主軸を支えていた。私たちも同じ思いである。

TV GUIDE: サラ・ウェイン・キャリーズの出演なしでどうやってあのシーンをつくったのですか?視聴者の中には、彼女に対するリベンジなのかと勘ぐる者がいるかもしれません。

マット・オルムステッド: 手に入るイメージを使ってつくるしかなかった。シーズン1とシーズン2の過去の写真を使ってあのポラロイドをつくった。彼女の写真を撮影することさえできなかったから。俳優なしでいかにドラマティックな効果を得られるかという点に絞ってナマ首案を採用した。(リベンジなどではなくて)ドラマ手法ゆえの選択である。あれによってスーザンのキャラを際立たせることができ、彼女とリンカーンのあいだの緊張感を持たせることができたと思う。

TV GUIDE: サラ・ウェイン・キャリーズが出演できなかったゆえに、その死に方が限られちゃったというわけですね?

マット・オルムステッド: そういうことです。女性の死体がグラインダーでまっぷたつになるという選択もできたし、ロングショットで女性の死体が海にドボンなんていうシーンでも可能だった。だけどわざわざあのナマ首にしたのには意味がある。限られた状況で最大限にドラマティックな効果を得たいという点に傾注した。いつかマイケルは真実を知るだろう。それはマイケルに爆弾が投下されるようなもんである。その瞬間、兄弟の間にどんな衝撃が走るのか。そこにマイケルの行動理由が秘められている。

----------------------------------

マット・オルムステッドのインタビューは以上です。tvguide.comの記事ではコレに続けて、サラ・ウェイン・キャリーズが代理人を通じて寄越したメッセージを掲載しています。彼女はインタビューには応じなかったそうです。メッセージはこちら↓

"As hard as we all tried, the Prison Break powers that be and I were unable to find a way to meet both the needs of the story and the needs of my family. We parted wishing each other well. I had a wonderful time working with the creative team and have a world of respect for all of them; they took great care of Dr. Sara. I'm also enormously grateful to the fans. They've been so gracious and supportive, and I hope they continue to enjoy the show."

上のメッセージはいかにも『礼儀正しいオトナの挨拶文』で、ひとことでいっちゃうと「スタッフのみなさん、ファンのみなさんありがとう!」っていってるだけなので、訳してもしょうがないやーと思ったので英文のまま載せときます。

tvguide.comの記事では、これに続いて、インタビューの聞き手のMichael Ausielloのシメの文章で終わる↓

「てわけだ!マイケルとサラの恋は契約消滅と同時にアウト!"blame game(非難ゲーム)" の時間です。コメント欄は大開放。あなたの思いのたけを好きにしゃべってください!」

元記事のコメント欄より抜粋。「サラはビッチだ!せいぜいハッピーに暮らせバーロー!おれの2年を返せ!」「家までカメラクルーに来てもらってゲスト出演していればいっぱいお金もらえたのに .... フシギだ」「やれやれまたまたFOXの悪パターンだよ。いつもこうやってドラマを潰していくんだFOXって会社はよー」「グッバイ、サラ!グッバイプリズンブレイク!女性をこんな風に殺すなんてもはや娯楽とはいえない。ビョーキだわ」てわけで否定的な意見が多い中「それでも見る」っていう殊勝なファンもチラホラ。

そして私の感想↓

13話で死ぬってヤツが見たかったです。きっとすごく泣けちゃうヤツだったんじゃないか。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

kenn (2007.10.12 08:37)

ご苦労様でした。うちのサイトがPBを扱ってないもんで、丸投げしたような形になってすみません。

どちらの側が悪いのかを決めてもしょうがないんですが、4話目でというのがなんか引っかかります。4話撮るっていう契約??マイケルにモチベーション??などなど。

I'm done with this show!という声がHeroesのピーターみたいにあっちゃこっちゃから聞こえてきそうですが、私は見ます。しかしリンクが話さないとなると、踊らされてるマイケルを見るのは苦痛だなぁ。

あと、サラの首の口が開いていたのは気分が悪かった。安らかに死んでないのは分かるけど、ちょっときびすぃ。

Sac (2007.10.12 10:55)

もともとFOX側がサラを途中で殺すよう指示があったので仕方なかった、というのが製作側の論調ですが、ほんまにそんな指示あったんでしょうかね?
もし本当なら、FOX(の誰か知りませんが)のお偉いさんはほんとにセンスありませんね・・・。

fake (2007.10.12 12:15)

少しサラの件を受けとめられるようになりました。

確か、脚本家だったか「PB」はシーズン2まで、だらだら長くしたくない・・みたいなこと、言っていませんでしたっけ?それをビジネス&ファンの熱い要望に答えての、シーズン3決定になったと理解していました。

サラ・ウェイン・キャリーズは、続投なしと考えてある程度、計画妊娠だったのかも?
それがシーズン3決定、13話で死んでしまうストーリーは、ママになってみたら結構キツイ内容だったんじゃぁ・・・。
そういう気持ちもあって、「当初と話が違う」
というズレがでてきたかとも思えてきました。

メインキャラがいなくなれば、シーズン4は難しくなるでしょうから、「これでおしまい」にするためにも、サラの死は(方法は別として)ありなのかなぁ。
「そして誰もいなくなった」みたいな話になったらイヤですね。

リンクは箱の中サラを、あの後どうしたんでしょうか?

sako (2007.10.12 12:26)

翻訳お疲れ様でした :D

以前インタビューでサラは「取るに足らない役ならいっそ殺しちゃってください、と作家には言ってある」と答えてたので、今回の一件は妥当な結果なんでしょうなあ。

ナマ首映像が果たして、ドラマをより盛り上げる効果を出すのか完全に裏目に出てしまうのか、視聴者の方達のドン引き具合を見ると後者の方な気が無きしもあらず、ですが、皆さん私の代わりに見届けてください :wink:

それにしても
kennさんの仰るとおり、あのナマ首映像はもうちょっと何とかならんかったのでしょうかねえ。ホントに見てて気分が悪くなりました :-(

sako (2007.10.12 12:26)

翻訳お疲れ様でした :D

以前インタビューでサラは「取るに足らない役ならいっそ殺しちゃってください、と作家には言ってある」と答えてたので、今回の一件は妥当な結果なんでしょうなあ。

ナマ首映像が果たして、ドラマをより盛り上げる効果を出すのか完全に裏目に出てしまうのか、視聴者の方達のドン引き具合を見ると後者の方な気が無きしもあらず、ですが、皆さん私の代わりに見届けてください :wink:

それにしても
kennさんの仰るとおり、あのナマ首映像はもうちょっと何とかならんかったのでしょうかねえ。ホントに見てて気分が悪くなりました :-(

ウエストモアランド (2007.10.12 18:52)

マット・オルムステッドが嘘をついていることはないでしょうか?
ほんとだったら悲しいです。
実は死んでいないということにしてほしいです。

JOHN (2007.10.12 19:53)

どうも、サラ残念です。
ヘイワイヤにはまた出て欲しいですね。
後、tinkerさんこのサイトのモバイル版の調子が悪いみたいですよ。

Boo太郎 (2007.10.12 21:32)

英語力全く無しの私のための和訳ありがとうございました!!
大人の事情わかりました。
まぁもういいやって感想。
もともとマイケルとサラってなんだかベールに包まれたようなプラトニックな関係って印象なのでこれはこれでサラの去り方のひとつとしてとらえても私のなかではOK。マイケルにはぴったりの感じだったのでちょっと残念だけど。。
こんどマイケルの前に全く印象の違う人が新たに出てくることを期待したいな。
すっごくマイケルラブラブって感じとかさ!

カタルシス (2007.10.12 22:57)

なんか寂しいですね。プリズンンブレイクは男性キャラが多いため少人数の女性キャラが目立っていてそれがまたよかったのですが次々に去っていくので残念です。
SEASON?Uではリンカーンの元恋人であるベロニカが死んで今度はマイケルの恋の相手のサラが死んでしまうなんて、あの兄弟はかわいそうですね。まぁドラマですけど。
今後は新キャストの女性たちが重要になってくるのでしょうか、そこをSEASON?Vでは注目していきたいですね。

ぶんぶん (2007.10.13 00:55)

:shock: σ( ̄∇ ̄;)は女性ですが、サラの生首にはびっくりしました。
サラに似た人の生首を箱の中に入れて置いただけで、ホントはサラは生きてるって内容になるのを願ってましたけど、サラ演じる女優さんが演じる気がないみたいで、かなり残念です。マイケルがかわいそすぎます。いつマイケルはサラの死を知る事になるのでしょうか?プリズンブレイクのかなりのファンでしたけど、サラをあんな形で殺されて、少し観る気が失せたのも事実です。でも・・・最後まで見届けるつもりです。

かおりん (2007.10.13 00:59)

翻訳ありがとうございます!
私も13話で死ぬってやつ見たかったです。
まだ見続けるつもりなんで打ち切りにならないでほし〜な〜 :-(

Hallelujah (2007.10.13 05:50)

サラですが、もう少し苦しまずに逝かせてあげられなかったもんですかね。惨すぎます。10話以降でマイケルとひとときの幸せを噛み締め合った後、一発の縦断がサラの胸部辺りに命中。やっぱり痛いともうけど、マイケルの腕の中で安らかに永眠してもらいたかったです。
リアルにひどい。今後マイケルがこの真実を知っちゃったらどーなっちゃうんでしょう。とにかく今わリンクが辛い時ですね。きっと自分を責めまくって気が狂ってきちゃう気がすんですけど。
それにしても信じられません。信じたくありません。事実を受け止められません。最悪な展開が訪れました...。御臨終です。

ring (2007.10.13 12:07)

もうダメだね、このドラマは。

エンターテイメントとして割り切って見るにしても限度ってもんがあるだろ。
もともと根暗なドラマだったが、堕ちるとこまで堕ちたって感じ。

13話までもつかどうかもあやしいぞ。

Redneck (2007.10.13 16:12)

まあ、いろいろと無理な展開でここまでひっぱったんだから、仕方ないかな。
つっかえ棒を失ったような感じではありますが、この先どうまとめていくか、見続けます。

allenちゃん (2007.10.13 17:06)

みなさん、こんにちは。
私もすごくショックです。 :-(
それで、こんなサイト見つけたんですが
http://www.eonline.com/gossip/kristin/detail/index.jsp?uuid=03f4e4a2-cf0b-4c2e-8d51-17112fcdb0f6
他の出演者が気のせいかあっかる〜〜くサラの死について語ってるような映像がありました。
よくわからないんだけど、意外とみんな
わりきってるのかな。マイコーまでニコニコ
して話してますよー。リンクも。どなたか、英語わかって時間ある方
何をいってるかちょっとだけ教えてもらえないでしょうか。勝手なおねがいでごめんなさい。 :blush:

tinker (2007.10.13 20:36)

> 何をいってるかちょっとだけ教えてもらえないでしょうか。

見ました。みなさんは「サラがママになることを優先したんだからしょうがないんじゃない?」というかんじだと思います。

後から補足。以下の部分聞き間違えたのに気づいた↓

最後のウェントとKristinがゲラゲラ笑ってたのは、ウェントが「首切りプロットをパクリたかったらご自由にどぞ!あ、ライターさん、ゴメンヨ」みたいなジョークをカマしてギャハハって意味だと思います。

ここまでまちがい。後から正しいのをポストしたから、この下のほうのヤツをッ見てください

> 他の出演者が気のせいかあっかる〜〜くサラの死について語ってるような映像がありました。

ゲラゲラ笑ってるんで「なんだよー」と思っちゃうけれど、ここらへんは国民性ではないでしょうか。ネガティブなときにネガティブな顔つきしてるとメディアにガシガシ突っ込まれる国なので。ムリヤリ感があろうが「これからもおもしろくなるよー」って顔してないといけないみたいな。アメリカのビジネス全体がそうとは限らないけど、特にハリウッドではそのような傾向があるのではないかと思います。

tinker (2007.10.13 20:51)

> このサイトのモバイル版の調子が悪いみたいですよ。

ご報告ありがとうございます。ケータイのほうはですね、アクセスが多くなるとときどきエラーが出てるなというのはこちらも確認してます。いまんとこどうしようもないんで、軽い時間帯に再アクセスしてもらうしかないというかんじです。すません。あーしてこーするとアクセス集中時もエラーなく表示される方法ちゅうのをちょと前に教わったんですが、ちょっとこれがムズイのでいますぐにできないんです。そのうちヒマを見つけてやろうと思ってるのですが。

honey (2007.10.13 21:07)

ウェントって結構毒舌なんですね…日本で発売されてる雑誌でのイメージしかなかったので意外でした(笑)
tinkerさん訳ありがとうございました!

allenちゃん (2007.10.13 21:45)

>tinkerさん
ありがとうございました!
文ならまだ根性でなんとか雰囲気がわかるのですが、音声はさっぱりだったので、???でした。忙しい中ほんとにありがとございます。
内容、そういうことだったんですね。
そうですよね。たしかにアメリカのショービズって常にポジティブじゃないと蹴落とされそう。。コワイ国だけど、そのつよさの中から結果的に傑作ドラマが生まれてるんですもんね。そしてまたハマる。皮肉な。。。

>honeyさん
ほんとに。ウェントがガックリしてるイメージを期待してたらそれかいっ!?wwって思ったけど...彼もシタタカですね。

tinker (2007.10.13 21:58)

あ、ちょと追加。

ウェントはいちばんさいしょのとこで「サラの死は複雑な思いである。でもこれからもおもしろくなると信じている。うちのライターはすごいんだから」というまじめなご意見も述べています。ジョークのとこだけだと偏ったかなと思ったんで補足しときます。ああいうのに食いついちゃうのは私の習性なんですよね。ははは。

tinker (2007.10.13 22:11)

あ、度々すません。さっきのちょと間違えた!もういっぺん見て気づいた!

> 最後のウェントとKristinがゲラゲラ笑ってたのは、ウェントが「首切りプロットをパクリたかったらご自由にどぞ!あ、ライターさん、ゴメンヨ」みたいなジョークをカマしてギャハハって意味だと思います

と書いたけど、ちょと違ってて、さいしょKristinが「あれはブラピのセブンをパクッたのか?」と聞いてウェントが「そーさー、パクリはなんでもアリだろ?ギャハハ。ライターさん、ゴメンヨ」だったのでした。適当に書いちゃって失礼しました。たぶんこっちのほうが正しい。

allenちゃん (2007.10.13 22:13)

>tinkerさん
こまかい補足、ありがとうございましたっ。
なんてやさしいのでしょう。。(←tinkerさんのサリゲないフォローのことです)感激です。
で、そういうちゃんとしたコメントも言ってるあとで、ジョークでまとめるウェントってますますシタタカだな〜〜〜って思った。ww生き残るにはタフガイじゃないとねと納得しました。 :confused:

sako (2007.10.14 01:48)

インタビュー…。
どいつもこいつも痛すぎ。

しょせんドラマの中の話だとか、作家を怒らせてはいけないとか、デリカシー無さ過ぎ。ミラーの笑い方も不愉快。ファンを馬鹿にしてるとしか思えない。

加えてインタビュアーのクリスティンはこのインタビューの後にこんな事言ってる。
http://www.eonline.com/gossip/kristin/detail/index.jsp?uuid=5139ad31-249f-495f-ae1f-3bd661bf9741

Listen the second audio、2:20あたりから

I love kristin, shes the best!
I really dont know what the hell got into these writers and the network and fox and everybody who was in on this!!

PB卒業すると言ったけど、ムカついたから最後まで見届けてやる :evil:

リリ (2007.10.14 05:43)

私的にはリンク役の人が、非常におおらかな調子で”これは所詮ドラマなんだからね。今サラ(女優の)はベイビーといてハッピーなんだから”とかなんとか言っているのを聞いて(ごめんなさい。聞き取りが間違っているかもしれません。違ってたら訂正してください。)少し救われたような気になりましたけど。
リンクっていい人ですよね。

Sai (2007.10.14 12:14)

tinkerさん、いつもいろんな情報を載せてくださって、ありがとうございます。
Kristinのウェントへのインタヴュー(ビデオの方)で、彼女が「(降板は、)サラは赤ちゃんのために家にいたかったためよね。」と訊いたところで、ウェントが「それだけじゃなくて、なんというかたくさんのシェフが台所にいすぎた状態だった。」というような、さりげに他にも複雑な事情があってサラだけの責任じゃないというような内容のことを匂わせているのでは。
ウェントはサラ(女優の)にもかなり配慮したコメントをしていると思うのですが…。
リンクはリンクらしく明るくてよかったですね。

よぉ (2007.10.15 15:29)

私も生首は何かの偽装で、後でひょこっと出てくる・・・とか?
と思っていたのですが、記事を読ませて貰った感じだとやはり出てこないんですね。
複雑な気分です・・・
でもこれからもマイケルを見守り続けます♪

タタン (2007.10.17 19:59)

>tinkerさん
サラの生首を載せてください :D

ああ (2007.10.18 00:31)

所詮、金儲け目的で作ったドラマですから。

クビだけに首にした :lol:

バイバイ、デコちん

わんこ (2007.10.18 04:07)

えぇ〜!
サラ死んじゃうのショックだすね

わんこ (2007.10.18 04:07)

えぇ〜!
サラ死んじゃうのショックだすね
:shock:

タタン (2007.10.20 19:38)

他のホームページにもベロニカのことコメントされてますね>ああ

ada (2007.10.20 22:21)

シーズン2が終って、
この先どうなるのか気になってるとこで
このサイトに辿りつきました。

サラが死んでしまうようでショックですが、ドラマは続いていくようで安心しました。

サラがいなくなって華がなくなりましたが
きっとこの先も楽しい展開になるだろうと楽観視してます:o

Val (2007.10.21 00:29)

サラが死んで皆がそこまで騒いでいるのがどうにも理解できません。

PBはタイトルの示すとおり基本は「男のドラマ」。 主流テーマは家族愛で、このドラマの一番重要で根底にあるのは、複雑で時に衝突もあるが強〜い兄弟愛にあると思って見ているので、シーズン2でマイケルとサラの場違いな恋愛ごっこに違和感を感じていたのは私だけだったのかな・・。  

個人的には、ハードボイルド路線に戻ったシーズン3には今のところ大満足です。
サラの死を告げなかったことで、これまで絶対であった兄弟間の「信頼」にどんな風な深い傷が刻みこまれるドラマになるのかを見守りたいです。

Mich (2007.10.21 01:31)


どうして、そういう反感買うようなヒネくれた物言いをするのかな。みんな仲良くってルール読めないのか?

それに、こっちにしてみたら、目的がないと仲良くなれない兄弟愛になんの魅力も感じないし、同じ兄弟愛なら「スーパーナチュラル」の二人の方がよほど篤い。

shoppy (2007.10.21 09:50)

自分はLOSTもDVDで見ていたんですが、シーズン1だけでした。
シーズン2から自分の好みの番組では無いな〜と思ったからです。

プリズンブレイクは面白いけれどシーズン1と比べると、
ど〜もストーリーに荒っぽさを感じて仕方が無いです。
何でかな〜って考えるとLOSTのシーズン1はヒューマンドラマだった。
シーズン2から路線変更するのも分かるけど
やっぱり人間関係を描いてるドラマは面白いと思う。
プリズンブレイクも同じように囚人達との人間関係が面白かった。
またマイケルはsonaっていう所に収監されたけれど
どうも陰謀関係の方が中心となっているようにしか見えない。

k (2007.10.21 14:54)

今までPBを見守り続けて、これからも見続けていこうと思ってます。
私なりの意見ですが、人が生きていく上で欠かせないモノは守るべきモノがあるということ。それは、時には、自分自身の信念であったり、自分以外の大事な人であったり。男ばかりのprisonですが、囚人同士の人間関係も見所の一つ、愛すべき人の幸せを願う気持ちの表れも見所だと思うんです。それが、S1、S2にはどの囚人にもあって、だからこそ共感もできて、面白い作品だと評価されてたんじゃないですか?
S3になって、その部分が削られて、寂しくなってしまいました... :cry:

Related Links:

TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break