TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break

プリズンブレイク/Prison Break :: 1-09 :: Tweener :: ネタバレ

transプリズンブレイク/Prison Break 。シーズン1の9話。ネタバレ強のエピソードガイド。
view: 13652

BEWARE!!!
ネタバレ強です!!!
---------------------------

(フォックスリバー刑務所内)

マイケル、リンク、スクレ、アブルッチ、T-Bagの5人はPI用の紺のジャンプスーツで、ベリックに見つからないように注意しつつ穴堀り開始。床のコンクリに穴を開けていく。コンクリのカケラをバレないように少しづつ中庭に捨てる。

C-Note、コンクリのかけらを拾って不審に思う。

T-Bagの「恋人」がシャワー室でマイケルに助けを求める。マイケルは無視。彼はその後自殺する。マイケル、罪悪感を覚える。と思ったら、新入りを乗せたバスが到着し、T-Bagはその中のトゥイナーというボーヤに目をつけてニターリ。マイケル、ひとごとながらもムカムカする。マイケルはこの日から「フィッシュ」ではなくなった。

アブルッチのために毎月送金されていたベリックへの賄賂が突然途絶える。ベリックに「もう特別扱いはできねえなぁ」と脅される。アブルッチ、焦る。

T-Bagはトゥイナーにネチネチ攻撃を続けている。夜になると「トゥイナーちゃーん、いまからそっちにいくよ〜♪」なんて歌っている。トゥイナーはだんだんT-Bagの怖さがわかってくる。彼は泣いている。マイケルはますますムカムカする。

マイケルはT-Bagにお仕置きする。デッカい鉄の棒で思いっきりT-Bagの足をバコーン!きもちぃい!「トゥイナーに手を出すな」とクギをさす。T-Bag渋々ながら了解する。調子コキ過ぎたことを知るT-Bagであった。

リンクはLJのことが気がかりでならない。ポウプに助けを求めるが彼はダメ。電話もさせてもらえない。顔なじみのCOに頼み込んだらナイショで電話をかけさせてもらえた。LJのケータイに電話。「ベロニカの電話は通じない」というので「ニックに電話しろ」という。そこで電話切れる。リンクはいてもたってもいられない。

アブルッチは塀の外の仲間(フィリー)に裏切られたことを知る。いままで子分だった男がアブルッチの地位についた。アブルッチはマフィアらしく彼の目玉に割れた電球を押し付けるという逆襲に出るが、事態は変わらず。新しいPIにとってかわられてしまう。マイケルたちの見てる前を、新しいメンバが作業に向かう。穴が発見されてしまうかもしれない。重度のピンチ。

(塀の外)

ベロニカとニックは手がかりを求めて、殺されたステッドマン氏の未亡人を直撃。レストランで偽名を名乗って話を聞く。彼女は、ステッドマン氏が生きていた頃、彼が起訴されるんじゃないかって噂があったことを明かす。そして「企業のCEOが起訴されようものなら、投資家たちの損失は計り知れないわ!ものすごい金額なんだから!」と意味深顔。(つまり、だれかが「起訴されるくらいなら死んでくれ」という理由で殺したという意味?)

サラはマイケルの保険を調べて、彼が精神科に通っていたことを知る。彼女はこの医者に会いにいく。医者が難しい言葉を並べるのでサラは専門外でよくわからないのだが(私もわからない)、つまりマイケルはランプを見てランプ以上のものをそこに見い出す能力を持つ心の病で、それに高IQが組み合わさるとマイケルみたいな「天才」になるわけで、そして彼は両親不在のために自分に価値を見いだせないタイプで、そして困ってる人を助けたくなる性質があるんだみたいなことをいう。サラは「よくわかんない」と答える。医者は「それじゃマイケル・スコフィールドのことはわからんだろうね」と答える。

LJ、ハダシで街を逃走中。ケラーマンに追われている。どうやらケータイの電波を捉まえてるらしい。途中写メしたケラーマンの写真を自分のメールアドレスに送った。父に教わったニックのケータイに電話する。やっとベロニカとつながった!男たちに追われていることを聞いたベロニカは「Lake Mercerまでいらっしゃい」とLJに指示する。ケラーマンとヘイルは車中でこの会話を盗聴している。ヘイルはつかまえようというが、ケラーマンがあっちでまとめてつかまえる方がいいじゃんかとニタリ。2人がLake Mercerで待ち伏せしているとバスがくる。バスの中を探ると、ケータイがあってLJの姿はナシ。ケラーマンがケータイを開けると、彼の写メが。ケラーマン、ハメられたことに気づいて笑うしかない。

ベロニカが機転を利かせ、電話を切ってからメールしたのだった。メールには「電話は盗聴されてる。ニューグララスにきなさい」。これのお陰でベロニカとLJはやっと会えた。よかったぁ。

※トリビア

ここで出てくるLJのメールアドレス、lj@ign.comにメールを送るとLJからの返事が届きます。ぼくのことは心配しないで。いまここにはイルカがいっぱいいるんだよーなんていう内容。シーズン2に向けてなにか関係があるのカナ。

※感想

マイケルの医者がいっていたランプの話は、つまりマイケルがタトゥーを見て、設計図に見えるってそれのことなのかな。ヘイワイヤも同じ病気?ヘイワイヤは同じ病気だけどIQが低いってこと?この医者の話は最初聞いたときは英語がぜんぜんわからなくてスルーしてしまい、後からFOXのRECAPを読んでわかった。"low-latent inhibition" というんですって。日本語でなんと訳すのかわからない。どなたかご存知でしょうか。

ケラーマンはもうダメダメ。電話を盗聴できるくせに、メールサーバを覗くのがオルスだったなんて!

第1話でインシュリンブロッカーを調達してきたC-Noteが久しぶりにチラリと再登場。暴動のときはナニしてたんでしょうか。彼は後半に向けてググーッと出る機会が多くなる。

------------------------------------------------------
1/08 Tweener
aired date: 10/31/2005
Writer: Paul T. Scheuring
Director: Matt Earl Beesley

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  • Title: 1-09 :: Tweener
  • First Aired: 2005-10-31

Writer:

Director:

Star:

Recurring Role:

Guest Star:

Thanks to: imdb.com, tv.com

tinker (2006.08.13 23:48)

"low-latent inhibition" は「潜在抑制の機能障害」と訳すらしいとのん♪さんに教わった。彼女のブログにいくと例の origami の折り方を学べます。

http://blog.goo.ne.jp/juve-10/

autisticの親 (2007.01.07 10:37)

TVでは「感覚刺激の抑制機能障害」とかなっていた気がします。autismやaspergarと検索するとヒットがあると思います。autismやPDDについて知っている人なら、これがある人がほとんどなので聞いてピンときますw
多分、マイケルはaspergar(モーツァルトなどの天才はこれ)のように対人関係や素行に問題がないのでしょうね。

tinker (2007.01.07 20:25)

解説してくださりありがとうございます。おっしゃったワードを検索してみたらでてきたでてきた。「対人関係や素行に問題がない」なんていうケースもあるんですね。ひとは外から見ただけではわからんということなのですね。勉強になりました。

TOP » アクション » プリズンブレイク/Prison Break