TOP » アクション » ロスト/Lost

ロスト/Lost :: 3-08 :: Flashes Before Your Eyes :: ネタバレ

transLost。シーズン3の8話。ネタバレ!
view: 20005

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

ひさしぶりにビーチの方々。チャーリィとハーリィがうだうだしてたら、デズモンドが深刻顔で呼びにきた。「森に来い」という。ついていったらロックとサイードがいて「エコが死んだ」と聞かされた。「ナニがあったの?」とびっくりしてしゃべってたら、デズモンドがとつぜん血相を変えて走りだした。

みんなで後を追いかけたら、彼はビーチに一目散。海に入ってズンズン泳いでいく。そしたらそこでクレアが溺れていた。デズモンドが助けて人工呼吸で息を吹き返してヨカッター。でもなんでわかったの?とチャーリィが聞いたら、ハーリィが「彼は未来が見えるみたい」と答えた。

デズモンドがかっこよくクレアを助けちゃったので、チャーリィは嫉妬心がメラメラ〜。「真相を確かめてやる」なんていう。「でも相手は未来予知者だよ」とハーリィにいわれた。酔っぱらわせてしまえばよいのではないかと、ソイヤーのテントに隠してあったウィスキーを持ってデズモンドのところにいった。彼は "Maccutcheon" というブランドのウィスキーだとわかると大笑いをしてノモノモといいだす。なにか思い出の酒なんだろうか。

酔っぱらわせたところで、チャーリィは核心の質問をしてみた。「どうしてクレアが溺れてるってわかったの?」と聞いたら「クレアの助けを呼ぶ声が聞こえたから」というが、距離的にそれはありえないのでへんだ。デズモンドはかつて雷が落ちることを予測したことがあったので(3-04)、そのことも聞いてみた。

そしたら彼は「ごちそうさん」といって去ろうとする。チャーリィは後を追いかけて「キーを回してヒーローになったつもりか」と食い下がり、挑発するように臆病者呼ばわりしたらば、デズモンドはガバと興奮し「おれがどんな目に遭ったかも知らないくせに!」と叫んでチャーリィを突き飛ばす。ヨッパライのチョーク攻撃。

ここでシーズン2のフィナーレのあのシーンに突入。ハッチの中で警報が鳴り響き、デズモンドがロックにお別れをいって穴に入り、キーを差し込んで回すところ。この後、空のピカピカドンドンが起こったんですよね。

キーを回した直後、デズモンドはロンドンの自分のフラットにいて、高いところから落っこちて頭を強く打っていた。血にまみれている。と思ったらそれは赤いペンキだった。彼はペンキ塗りをしていて床に落ちたのだ。ペニーが「まぁたいへん」と助けてくれた。フラッシュバックねと私たちは思うわけだが、いつものヤツと少し違う。ペニーを見たデズモンドはものすごく驚き、幸福な顔になる。もしかして彼は島の記憶があるんだろうか。電子レンジのアラーム音がハッチのコンピュータ音とそっくりだ。これはデジャブ体験かと彼は思ったみたい。

デズモンドはペニーのお金持ちのお父さんに会いにいく。慣れないネクタイを締めて会社を訪問した。受付で例の数字の一部を見て彼はびっくりする。やっぱり彼は島の記憶があるのだ。ペニーのお父さんに会えた。「あなたの娘さんと結婚させてください」とお願いしたら拒否された。このとき父が出してきたウィスキーが "Maccutcheon" だった。父はそのウィスキーの高貴な由来を説明。「おまえは私とこれを飲む価値のない男だ」と完全なるダメ出し。

落胆したデズモンドがビルの外に出てきたらば、ストリートミュージシャンがいた。それはチャーリィだった。「いっしょに島にいたよね?」と声をかけたら「ここはイギリスだから島国には違いない」と変な顔をされる。チャーリィは島のことなんか知らないのだ。デズモンドが混乱してわめきだしたら、チャーリィが彼を指差して「だからヤクをやっちゃいけないっていつも言ってるんです」と人々に説明するのがウケる。

デズモンドにとってこれはすべて既視の体験であるらしい。彼は混濁する記憶をたどって自分が過去の経験を繰り返してることに気づいて、あぁそうだそうだと思いだし「雨降りになるよ」といったらその通りになった。

デズモンドは親友で科学者のドノバンという男を訪ねた。ビールに誘って「タイムトラベルって可能なんだろうか?」って話をする。島の話もするが、相手は信じない。ジュークボックスから流れる曲を聴いて彼はこの瞬間のことも思いだした。パブのテレビでサッカー中継をやっている。「ここで大逆転のゴールをするんだ。そして試合が終わった直後に、あそこのドアからJimmy Lennonが入ってきて、バーテンとケンカになるんだ」と断言した。でもその通りにはならなかった。なんで?と彼はまた混乱する。

家に帰った。ペニーに「お父さんには気に入ってもらえなかった」と報告するが、彼女は大して気にしてないようす。彼女はお金に困っていないので、彼が無職でもどうってことはないのだ。彼といっしょにいられれば彼女は幸せなのだ。デズモンドは翌日宝石屋にいった。女店主に薦められたリングをひとめで気に入り「買います」といったら、店主がおかしなことをいいだした。

「あなたは買わないでしょ。リングを返して、デズモンド」なんていうから面食らってしまう。「デズモンド・デイヴィッド・ヒュームはペニーにプロポーズしないの。その代わりにあなたは彼女の心を深く傷つける。あなたは彼女のお父さんに自分の力を証明するためにレースに出て、そしてあの島にたどりつく。そこで3年間、あなたはキーを差し込むあの日まで数字を入力する日々を過ごす。それをやらないとみんなが死んでしまうんです。だからそのリングをお返しなさい」なんていわれた。ゾゾー。

女店主は混乱するデズモンドを散歩に誘った。赤い靴を履いた男が目の前でとつぜん事故で死んだ。それを見ても店主は顔色を変えない。「あなたは知ってたのですか」と聞いてみた。「そうです。もし私が彼を助けたとしても、明日彼はタクシーに轢かれる。それを止めたとしても、首を折って死ぬ。宇宙の事象はあらかじめ決められているんです。だからあなたも決められた通りの道を歩みなさい。コンピュータの数字を押し続けること。それがいちばん大事なの」と説得された。でもデズモンドは納得できない。「ぼくはこのリングを買う。そしてペニーにプロポーズする。彼女はイエスと答えるだろう。ぼくはその道を選ぶよ」とリングを返さなかった。

リングを持ってペニーとデート。2人は仲良しだ。通りで写真屋に声をかけられて写真を撮った。ここまではラブラブだったのに、彼は写真を見て急に気持ちが悪くなる。これはあの写真だ。やっぱり物事は変えられないと思ったのか。あるいは、自分は無職だから写真屋に払うわずかな金額も彼女に出してもらっていることが情けなく思えたのか。とにかく彼は急に考えが変わった。ペニーに「ぼくみたいな男といっしょにいちゃいけない」「なんであんな高級フラットから引っ越してきたんだ」と、とつぜんの破局宣言。

彼女はいきなりそんなことを言われてナニコレナニコレと混乱するばかりだが、「私と別れたいんだったら、めんどくさい理由をつけたりせずにせめて自分は臆病者だって認めなさいよね」といって去っていった。という彼女の台詞を聞いた私たちはハハーンと思う。チャーリィの「臆病者」という言葉を聞いて急に怒りだしたのはコレだったのか。2人はこの場で破局。デズモンドは、買ったばかりのリングをテムズ川に投げ捨てた。

傷心のデズモンドはバーに行った。そしたらジュークボックスからあの曲が聞こえてきた。ハッと思ったら、テレビのサッカー中継で逆転ゴール!この夜のことだったのだと彼は気づく。「おれは狂っていなかった。いまからでも未来を変えれるかも!」と店を出ようとしたところで、彼が予言した通りにJimmy Lennonが店に入ってきた。彼はバットでバーテンに一撃を加えようとするが、デズモンドは未来を知ってるので「伏せろ!」と彼を救った。そしたらバットがバーテンの頭上をするりと抜けてデズモンドの頭にドカン。彼は再び気を失った。

気づくと島にいてハダカで倒れていた。森を走ったらあのハッチの爆発跡に遭遇。あのときペニーと撮った写真を見つけた。恋人を想って彼は泣いた。

ここでチャーリィとケンカしてるシーンに逆戻りする。グデングデンになったデズモンドをチャーリィはテントに運んでやった。彼は少し落ち着いた。「臆病者なんていってごめんね」と謝ったら、彼は話をしてくれた。キーを回した後、フラッシュバック体験をしたんだとデズモンドは語った。そのフシギ体験がいまも続いていて、彼には未来が見えるということらしい。「それでクレアが溺れてるってわかったの?」と聞いてみたらば、意外なことをいいだした。

「ぼくが助けたのはクレアじゃなくて君だ」なんていうからチャーリィはワケワカメの顔になる。「最初は雷に打たれる君を救った。次にクレアを助けようとして溺れる君を助けた。2度はうまくいったけど、でももうだめだ」とデズモンドはいう。そういう未来が見えたってことらしい。「宇宙の摂理は変えられない。どんなにぼくががんばっても、君は死につつある」といった。チャーリィは驚愕。

※感想

過去に戻って同じ体験をしたデズモンドであったが、彼は結局のところ、未来を変えることはできなかったということ?あぁ。頭がこんがらがります。あとで考えます。いま考えたくない!

デズモンドがときどきイッちゃってるような顔つきになるのはコレだったのかと、とりあえずそれだけわかりました。

ところでペニー役のSonya Walger(ソーニャ・ヴァルゲル)はSleeper Cellに出てくるセルクスナー捜査官だったってことに初めて気がつきました(私、気づくのが遅い!)。彼女はあっちでは、クールで勇気があって壮絶な運命を歩むFBI捜査官を演じています。かっこいいの。キャラがまるきり違うと別人みたいに見えますね。

------------------------------------------------------
title: 3-08 :: Flashes Before Your Eyes
aired date: 2007/02/14
Writer: Damon Lindelof, Drew Goddard
Director: Jack Bender

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

E.long (2007.02.19 14:03)

初めてコメントさせていただきます
毎度の事ながらtinkerさんに笑わせてもらってます。
S-3になり酷評がちらほら出る中、今回も飛びっきりのネタでしたねw
このままだとPBで死んだ筈のヘイワイヤが漂着しそうで恐いですw

kenn (2007.02.19 14:41)

今回のLOSTは彼に何が起こっているのか正確にわかって良かったです。ストーリーのペースもコレくらいだといいのに。

Penelopeのおやっさんの白熊は、なんで彼のデジャヴに出てくるのかなぁ、なんて思いました。あのバーの夜は、違う夜というよりは起こる日が変わったのかと最後を見て思いました。変わったはずの未来が実は日を変えて起こったのですね。

Charlieをこの先一生助け続けない限り、彼を襲う運命から彼を救う事ができない、という意味で未来を変えることは出来ない、って感じですよね。それでもDesはあの島にいる限り命を懸けて彼を救い続けるのでしょうか。

Maccutcheonってどんなウィスキーかと思っていたら、架空のブランドだったのですね。

tinker (2007.02.19 23:34)

ども。

> ヘイワイヤが漂着しそう

はははは。彼はあの風景になじむでしょうねぇ。良いですねぇソレ。

> 変わったはずの未来が実は日を変えて起こった

あぁ、そうか。そういう意味か。頭がこんがらがりますよw。Heroesのヒロとごちゃまぜになってくるぅ。

ところで、サンがクレアの赤ちゃんをダッコしてたでしょう?アレ、見たとき、「もう生まれたんかい!」とさいしょ勘違いしてしまいましたよ。ロックはエコを埋めた直後だというし、この島の時間はど、ど、どうなってるんだ!と一瞬焦りました。クレアの赤ちゃんだったのでした。

東京プリン (2007.02.23 13:09)

LOSTの収録したマスターテープを空港のX線検査でダメにしたってニュースがありました。放送に穴があくようなことになるのでしょうか?

tinker (2007.02.24 06:12)

私もそのニュースみました。どうなったのかなと思ったので、いくつかニュースサイトを見てみたのですが、その後の続報を見つけることができませんでした。私の想像ですが、映画じゃあるまいし、デジタルデータはどっかに保存してあるのではないのかなぁと思うのですがどうなんでしょう。

TOP » アクション » ロスト/Lost