TOP » SF » ヒーローズ/Heroes

ヒーローズ/Heroes :: 1-20 :: Five Years Gone :: ネタバレ

transヒーローズ/Heroes。シーズン1の20話。ネタバレ。
view: 19050
SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

前回ラストで5年後未来の壊滅NYにおいて、カッコイイ未来のヒロと鉢合わせしたヒロとアンドー。「ここにいちゃいけないだろ!」「事故だったんだよ」「なにがあったの!」なんていう会話を、この3人は英語で話している。未来ヒロ(便宜上この呼び名とする)は英語が巧い。

未来ヒロは「5年前にサイラがNYで爆発した」と説明した。そして部屋にあるたくさんのメモを『時の地図』と呼んだ。部屋中に糸が張り巡らされていて、そのあちこちにメモが吊るされている。糸は人物を表し、メモは人物が体験したイベントを表す。糸と糸はところどころ交差している。だれかとだれかが出会ったという意味だ。彼はひとりで膨大なメモを集めて『過去のどの時点が間違っていたのか』を正確に割りだそうとしてたんだそうである。その時点を変えさえすれば、その先の未来が変わると考えたみたい。

未来ヒロは落ち込んでいるようすだが、クレアが助かったと聞くとうれしそうになる。彼の世界ではクレアはサイラに殺されたらしい。「それなら助かるぞ!」と述べ「クレアが生きてるんなら、サイラを殺せるはずだ」という。そこにとつぜんSWATみたいな部隊が突入。未来ヒロとアンドーは逃げたが、ヒロは捕まった。相手はハイチ人で、部隊を指揮していたのはマットだった。この時代のマットはなんだかわるもんぽい!

運良く逃げたアンドーは未来ヒロに事情を説明してもらった。ヒロを捕まえたのはHomeland Securityで、テロリストの疑いで拘束されたという。「君がエイヤっで時間を止めてテレポートすりゃいいじゃん。ヒロを助けよう」とアンドーがいうが「ハイチ人にブロックされる。ピーターの助けがいる。べガスに行こう」ってことになった。未来ヒロはアンドーの肩に手をおいた。ビューンとテレポーテーション。5年後ではアンドーはどうなってるんだか気になります。

5年後のラスベガス

ストリップバー。ここにピーターの恋人がいるという。ショータイムになって、ステージに現れたのはニキ/ジェシカだった。彼女はヒロの顔を認めると席にきた。アンドーはうれしそうだが、彼女は「話が済んだら早く帰れ」とやけに冷たい。「ピーターに会いたい。サイラをやっつけようって話だ」と聞くなり、ニキ/ジェシカは「戦争は終わった。わたしらは負けたんだよ」とそっけない。「ベネットはどこにいるか知ってるか?」「まだ『牛泥棒(rustling cattle つまりどういう意味?)』をやってるらしいわ」「そうか」

その後、ニキ/ジェシカはカウンターでピーターに会った。彼は顔に大きな傷があり、なんだか雰囲気が違う。「ヒロたちはなにしにきたんだ?」「サイラの爆発を止めるんだってさ。ベネットのとこに行くみたいだからやらせときゃいい」なんてかんじで、2人はヒロに協力的でない。またこのときの会話で、ニキ/ジェシカがマイカをなくした(or とられた or 行かせた or 死んだ)という台詞があるんで、リンダマンがマイカを連れ去って以来会えなくなったのだろうか。あるいは爆発で死んだか。2人はキスをする。この2人は5年前とはずいぶん印象が変わって、厭世的なムードがある。

NYのHomeland Security

マットがヒロを取り調べ中。ハイチ人がにらんでいる。ヒロは無実を訴えるが、マットはヒロをサイラのような殺人者だと決めつけている。未来ヒロはそんなことをしてたのだろうか?マットはリーディングしてみたが「ぼくはヒーローになりたいだけだ」という言葉が聞こえるのみ。だが彼は無実を信じるどころか「どうやって記憶を読まれないようにしてるんだ?」とますます疑いを濃くする。業を煮やしたマットは上司に報告した。相手は大統領のネイサンだった。ネイサンは「吐かせろ」と命じた。彼もヒロが犯罪者だと信じてるみたい。友達だったのに。5年のあいだになにがあったのだろう。

ネイサンはそのあとモヒンダーに会う。「NYでヒロを捕まえた」と聞いたモヒンダーは「やったじゃないですか!」と答える。この時代のヒロはほんとにわるもん扱いされてるようです。彼はすぐにNYへ飛んで、取り調べに加わる模様。2人はさらに会話を続ける。

この時代ではモヒンダーは大統領直属の『サイキックテロ取り締まりチーム専属顧問教授』みたいな地位にあるらしい。サイキックによるテロを未然に防ぐ研究をしてきたのだが、その業績がかんばしくないので、ネイサンは彼を責める。ファイルを取りだし、昨日起きた事件を教えた。サンタクルーズでひとりの少年がそこらじゅうの酸素をすべて吸い取ったせいで、学校中の者が全員窒息死したという(絶句する私)。これでは第2のサイラが出現するのも時間の問題だという危機がある。

ネイサンは、強硬な政策(サイキック狩りみたいな?)を推し進めたがっているようだ。『新種は既存種と共存できない運命にある』というモヒンダーがかつて書いた論文を引用した。モヒンダーはそれを学術的な意味で書いただけで「絶滅させるなんて!」と反対するのだが、ネイサンは政治家らしい口調で質問する。「あと20年を君に与えたとして状況を改善できるとおもうか?」。モヒンダーは「むりだろう」と答えた。てわけでネイサンは強攻策を推し進めるつもりのようだが、彼自身、空を飛べる能力があるわけで、自分で自分のクビを締めることになるかもしれないことに気づいている。それでも彼は「プランBを考えよう」と決断した。

マットはNYでヒロを取り調べているが、拷問に近い。ヒロは「あなたは能力者なのに、なぜ能力者をいぢめるのか」と尋ねる。そこにモヒンダーがきたと連絡が入った。マットは彼をウザイと思ってるみたいだ。モヒンダーはヒロが拘束されたアイザックのアパートにいた。おびただしい数のメモに驚いた。その中には彼がかつてもらったベネット氏の名刺もある。

テキサス、オデッサ。プリマテック製紙

ベネット氏がサイキック少年の家族と面談中。少年が能力者かどうかをテストし、そうとわかるとニセの身分証やカネを家族に渡した。彼は、政府から追われる能力者たちを逃がす地下活動をしているようだ。ニキ/ジェシカがいってた『牛泥棒』ってこれのことか。ベネット氏のアシスタント役の女性はハナちゃんだ。ここに未来ヒロとアンドーが訪ねてきた。

「ヒロをHomeland Securityから救う」という話を聞いてベネット氏はきげんが悪くなる。彼の活動に危険が生じるからだ。だが、アンドーが「ヒロはあなたの娘のクレアを救ったのだ」というと力を貸してくれることになった。ここでの会話で出てきたモリィ・ウォーカーってだれだけ?

モヒンダーとマットがアイザックのアパートにいる。ヒロの『時の地図』を見たモヒンダーは、ヒロの意図は過去を変えることだと理解した。そしてあるメモを発見した。『10月4日NYの地下鉄にて』とある。そこには未来ヒロとピーターが地下鉄内で会ってる写真。モヒンダーは思いだした。彼はかつてピーターといっしょに地下鉄に乗ってアイザックのアパートに行ったのだ。その帰りにピーターが「タイムトラベラーに会った。『チアリーダーを救え、世界を救え』というメッセージを託された」という彼の言葉をモヒンダーは信じなかったのだ。いま彼は信じた。このときのエピソードは5話(1-05 :: Hiros)。

ミッドランド、テキサス

クレアはサンドラという偽名を名乗り、ダイナーでウェイトレスをしている。アンディという調理師のお兄ちゃんと結婚しようかと思ってたら、ベネット氏が店に現れた。彼はこっそりクレアに包みを渡し「おまえのことを知ってる者がいる。ここは危険だからスグに他へ移れ」といわれた。彼女は5年間、政府から目をつけられないように偽名を名乗って隠れていた模様。普通の生活ができないと知って、クレアはうんざりする。テレビニュースでは連日の政府のサイキック狩りを伝えている。サイラのせいでこんな世の中になっちゃったのか。クレアは結局ネイサンとはだめだった模様。もし大統領の娘として公に認められているのなら逃げ隠れする必要もないだろうから。

未来ヒロとアンドー。場所はプリマテック製紙。未来ヒロがアンドーに説明中。「DLとキャンディスの力を使えばヒロを助けられる」と説明するんだが、これはDLたちをベネット氏に紹介してもらうという意味だろうか。DLはともかく、キャンディスはいいもんになったのだろうか。ここでアンドーが「ところで5年後のぼくはどうなってるのか教えてくれよ」と聞いたら、未来ヒロはそれを教えてくれないんだけど(もしかして死んだ?)、いつものヒロの調子で「君が驚きすぎて、時空が破裂したらどうする?」とヒロらしい口調でいうので、それがいつものヒロとおなじだったからアンドーは満足した。未来ヒロはなんだか怖い顔で別人みたいだったからアンドーは少し寂しかったのだろう。「ぼくのともだちはまだそこにいたか!」と喜んだ。そしたら未来ヒロがえらくまじめな顔になり「君にいうことがある」と前置きした。ナニナニ?と思ったら、ここでとつぜん未来ヒロが麻酔銃(?)で撃たれてブッ倒れた。マットが突入してきたのだ。

マットは捕まえた未来ヒロを見てびっくりする。「こっちもヒロか!タイムトラベルヤローめ!」と怒ったら、そこにピーターが突入してきた。彼はサクッと時間を止め、未来ヒロとアンドーを救出した。

マットがここにきたのは、ベネット氏の通報によってであった。2人はウラで結託してることが明かされる。捕まえる側と逃がす側が微妙に取引しているということです。マットはジャニスの消息を尋ねた。ベネット氏は子供が描いたと思われる絵を見せた。『ママとぼく』と書いてあり、マシューという名前があった。ジャニスはどっかでマットの子供を育てていると思われる。ベネット氏がマシューを逃がしたということだろうか。てことはマシューもまた能力者ということだろうか。

その後、マットはベネット氏を裏切り、彼を射殺した(音だけ)。2人目のヒロを逃がしたという失態の穴埋めに地下活動家を捕まえたというオミヤゲを大統領に進呈するため。かつておひとよしのマヌケ警官だった男は5年のあいだにかなり変わったようだ。

クレアは恋人のアンディに「駆け落ちしよう。後で必ず説明するから、私のためになにも聞かずいう通りにしてくれるか?」と聞いた。アンディはオーケイと答えた。クレアはうれしくなり、客にコーヒーを注いで回った。カウンターにマットがいた。「やぁ、クレア。なにがうまいの?」

モヒンダーがヒロを尋問中。「チアリーダーを救え」の意味を聞く。「なぜそれを知ってる?」と聞き返された。モヒンダーは知ってることを話し、アイザックの絵のことにも触れ、ここで彼は9th Wonderの最終回の原稿を出し「これだけは予想が外れたんだ」と新情報を教えた。そこにはヒロがサイラを殺す絵があって、でもこの世界では5年前にそれは起こらなかったというのだ。モヒンダーはヒロの意図を確かめたがった。「君はこの絵の通りになるように過去を変えようとしてるんだろ?」「あなただってそうしたいでしょう?」

ピーターに助けられた未来ヒロとアンドー。未来ヒロはまだ意識がない。ピーターはアンドーに新事実を教えた。「君は爆発で死んだんだ。あれ以来、ヒロが笑うことはなくなった。過去を変えるという妄想に取り憑かれてしまった。彼は君を救うために過去を変えたがってるのさ」

モヒンダーは知り得た情報をネイサンに教えた。「ヒロが過去を変えれば、爆発は起こらなかったことになる」と聞いたネイサンは「私は即効的な解決策を必要としている」と述べ「本日、スレシュ教授が画期的な解決策を考案したと発表する」と述べた。それはウソだ。人々は喜ぶだろう。そしてその効果がないとわかったとき、大統領はスレシュ教授はミスを犯したと発表する。やがて人類は大きな悲しみのもとにひとつにまとまるだろう。という理屈を述べた。かつてリンダマンが話したヤツと同じか。モヒンダーは自ら憎まれ役をやる決意をしたようで「それでもよい」と答えた。

爆発がなくなればネイサンの大統領もなくなると思うのですが ... 。

NY、マンハッタン。ピーターのマンション

クレアとネイサンが面会。マットが連れてきたのだろう。「おまえは死んだと思ってたぞ」とネイサンが近寄るが、彼女は大統領の政策を非難する。ネイサンは「君さえいれば、もう権力など必要ない」なんていうが、なんとそれはサイラの化けた姿であった。クレアの頭蓋骨がカッポリ裂けていく。

ネイサンに化けたサイラはクレアが死んだと思っていたようなので、それはベネット氏がかくまっていたから?てことはベネット氏は『サイラ = ネイサン』であることを知ってたのだろうか?わからない。

未来ヒロは目を覚ました。アンドーとしんみり思い出話をした。「君がいたほうが楽しかったよ」とヒロはいった。

ピーターとニキ/ジェシカは口論をする。この会話の中で、DLやマイカが "gone" ていうんだけど、死んだという意味だよなぁたぶん。ニキ/ジェシカは喪失感に囚われている。ピーターはヒロを助けようとしている。ニキ/ジェシカは「なぜあなたが世界を救わなくちゃいけないのか!」と不満をいう。彼を失うことを極度に怖れているのだろう。ピーターの方は「自分のせいでNYが爆発した」と思い込んでいて、それが感傷的なトラウマになっているようだ。つまりこのふたりはトラウマなカップルなのだ。

ところでニキはこの時点でニキであり、ジェシカはいなくなったみたいだが、ステージでは「ジェシカ」と呼ばれていたので、どっちで書けばいいんだよと私は困る。

大統領が国民に向けてスピーチ。5年前の悲劇を哀悼し「genetic codeを反転させる(つまり能力をなくさせる?)画期的な医療法が完成した。第一号のクリニックがオープンする。順次拡大予定。これによって第2の悲劇はなくなる」と発表するが、これは先にモヒンダーに語ったように大ウソだと思われる。

一方、同時にこちらでは未来ヒロ、ピーター、アンドーがHomeland Securityに武力突入。ヒロ救出作戦開始だ。兵士たちをバタバタやっつけて先に進む。脅威となるのはハイチ人だが、こちらはモヒンダーが排除した。彼は驚くヒロに "9th Wonder" の最終回を渡した。そこにはハイチ人がその通りにヤラレる絵があった。外から突入してきた未来ヒロたちと合流し、アンドーと共に過去に帰るのだ。だが、ヒロは能力が不安定でピンポイントに到着点を特定できない。どこの時代にいっちゃうか自分でもわからないのだ。

未来ヒロが「ぼくが連れていってやる」といった瞬間、彼はマットに射殺された。うわー。ヒロは自分が死ぬところを見た。ヒロたちは行き場を失って、部屋にたてこもった。外からマットたちが突入してくる。

という最中も大統領の式典は続いているのだが、ネイサンは携帯で緊急事態を知る。マットから「ヒロが過去に戻ろうとしている」と聞いた彼は国民の真ん前でズバーンと飛んでいった。みんなキモを潰した。

ネイサンはピーターに闘いを挑む。なぜなら彼はサイラだから。「おまえはだれだ?」「5年前にNYを爆破させた張本人といわれてる男だ。真相はおれたちしか知らないよな」サイラはネイサンを殺したといった。2人はサイキック同士のガチンコ対決に突入。

一方ヒロ、アンドー、モヒンダーは部屋にたてこもり、未来ヒロの死体を前にオロオロ。外からはマットが扉を壊そうとしている。ヒロとアンドーは意を決してテレポーテーション。そこは5年前のNYであった(たぶん)。ヒロは "9th Wonder" の最終回をしっかり持ち帰った。そこには自分がサイラを殺す絵がある。「これからが本番だ」と決意した。きゃー。かっこいい。

また来週〜。

※アプした記事が違ってました!すません!shuさん、ありがとう。なおしときました。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

TOP » SF » ヒーローズ/Heroes