TOP » SF » ヒーローズ/Heroes

ヒーローズ/Heroes :: 1-18 :: Parasite :: ネタバレ

transヒーローズ/Heroes。シーズン1の18話。ネタバレ!
view: 18760

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

NYのアイザックのアパート。シモーネが死亡した直後。怒ったアイザックがピーターに銃をバンバン。ピーターは透明偽装して逃げるしかなかった。

ヒロ。ツアー客に混じってリンダマンのホテルに侵入を試みるが、セキュリティがこれをブロック。中に入れてもらえない。

プリマテック製紙。ベネット氏がボスに「記憶カラッポです。ごめんなさい」といっている。「どこからカラッポなのか」が気になるところだが、それは「妻を病院から連れて帰るところから」ということであった。てことはつまり、マット&テッドに待ち伏せされたことは覚えてないということか。

ボスは事件のあらましを聞かせるが、ベネット氏はぜんぶ忘れている。彼はクレアを守るために「じぶんでハイチ人に命じて忘れた」わけだが、それを彼は忘れているので「娘を助けなくちゃ!」と思う。が、ボスは冷たい。「君はもうよい。アレは君の娘じゃなくて、組織の所有物なんである。さいしょの取り決めを忘れるんじゃない。本件終了」といわれて悔しい。

というようすをマジックミラー越しにマットが見ていた。あとからやってきたボスに「彼はウソをついてないね」と教えた。前回出てきたサイキック女性がボスの片腕パートナーのように側にいる。その後マットは「手伝ったらおれを解放するって約束だろ」と要求するが逃がしてもらえない。

ハイチ人とクレアは組織から逃げてドライブ中。彼はどこに行くともいわない。彼はガススタンドで止まり、公衆電話から電話してどこかのだれかから指示を受けたようであり、クレアに「今夜、国外に脱出する」と告げた。

NY。ネイサンのオフィスにFBIが現れた。2人の捜査官がつかつか入ってきて「あなたはリンダマンから不正な金をもらってるのか!」と責めたと思ったら、ドアを閉じて盗聴器がないとわかると態度が変わった。ネイサンが「ここにはくるなっていったでしょ」というので、彼はFBIと密約をしてたようだ。目的はリンダマン潰し。FBIは今夜ネイサンがべガスに招かれていることを知っており「盗聴マイクをつけてその会話を録音させてくれ」といわれた。

FBIが出てったら、そこにはいつのまにかピーターがいた。いまの会話を聞いてたと思われる。「FBIとツルんでたんだね」「ハイディの事故以来だ」。ここでピーターはシモーネが死んだことを告白する。兄は「オレにまかせとけ」と弟の窮地を救おうとし「スレシュにおまえを治す方法を見つけてもらおう」と提案するが、ピーターは「もう遅いよ」と言い残して透明化。彼は消えた。

ベネット氏。帰宅した。ではなくてそこはホテルであった。前回に家が燃えたので、仮のホテル住まい。彼はおなかをイテテと押さえているが普通に歩いている。ライルはテレビを見ていて、サンドラはこれからジムに行くんだという。2人ともキレイに記憶を消されて、カバーストーリィを信じてるみたい。

ベネット氏が(クレアを助けるために)「出張に行く」とサンドラにいったら、彼女はガラリと深刻顔になり夫を止めた。彼女はじつは忘れたはずのことを記憶していたのであり、それを聞いたベネット氏は仰天する。「あなたは私に『記憶を消されたフリをしてろ』といった」と述べ、夫が記憶を消される前に語った内容を話した。クレアの身に起きたことや、自分の秘密をすべて暴露し「クレアを守るためだったのだ」と告白したという。そして「もし自分がクレアを探しにいこうとしたら『これを私に渡せ』と命じたんだよ」といって、メモをくれた。そこにはベネット氏の筆跡で「クレアを追うな。彼女は友達といっしょにいるからだいじょうぶ」と書かれてあった。

という話を聞いたベネット氏は「こ、これはだれにもいっちゃいかんな!」という。彼女は「だいじょうぶ。私はなんも知らないフリするの巧いから。クレアのためだもの」と答える。感動。

そこにベネット氏のボスのパートナー女性(名前がわからない!)がドアをノック。部屋に流れるBGMを聴いて「プッチーニ?あなたはジョン・デンバーかと思ってた」とにっこり。彼女はアイザックから電話があったと話し、恋人が死んじゃったらしいと伝える。ベネット氏はノリ気でないが、彼女は有無をいわさぬ態度で「これは任務であーる」と彼に命じる。つかつか部屋に入ってきてサンドラに挨拶した。「あら、いらっしゃい。お仕事の方?」「急な用件でご主人を駆りだしちゃって申し訳ありません、奥様」と互いに知らないフリをしている。わるもんの女性が「ご主人はほんとうに頼れる方なんです。ところで奥様の髪型ステキ」なんていうのが怖い。

この女性の名前が依然としてわからないのだけど、このシーンでベネット氏のボスの名前がトンプソン(Thompson)であるとわかったので、今後は彼をトンプソンと呼びます。

モヒンダー。彼は相変わらずサイラ(ゼイン・タイラーに化けている)と共に行動中。2人でNYのアパートにいて、サイラはリストを見せてもらう。モヒンダーの父がつくったDNAの研究資料は膨大であり、どうやって父が能力者たちを割りだしたか、まだわからないことが多いんだという。それを調べつつ、父のリストを元に能力者たちに警告を与えていくというのが当面のミッションのようだ。

という話を聞いたサイラはますます善人モードであり「いやぁ、感服しました。ぜひぜひ私にお手伝いさせてください、センセイ!」という二枚舌ぶり。モヒンダーは「ほんとにありがとね」と礼を述べてチャイを振る舞う。「次はだれにしますか?」とやるきまんまんのサイラに「次はないよ、サイラくん」と答える声を聞いた彼は、意識を失ってバッタリ。チャイに薬が入ってたのだ。ヤルじゃないか、モヒンダー。

ヒロ。セキュリティにブロックされて途方に暮れてたところにネイサンとバッタリ。2人は仲良しなので、ネイサンはさっそくヒロをアシストしてくれる。ナマイキ子分が「ペトレリ様、お待ちしておりました」と出迎える彼の後ろにはヒロが立っている。「君はリンダマン氏のところで働きだして長いんだろう?彼の機嫌を損ねたらどうなるか知ってるよネ」と話してヒロも入れてもらえて「キューレター(美術館の学芸員。この場合はリンダマン配下の美術品管理人のこと)のところに案内してもらうといい」と教えてくれた。

クレア。彼女はハイチ人と空港にいて、新しいIDを受けとった。カナダ人のヴィヴィアン・ルイス(Vivian Louis)。それを見たクレアはまたピーピー怒る。「家族に会いたい。こんなのいや」といったら「私の仕事は君をハッピーにすることではない。君を守ることのみである」とツレないお返事。「ピーターに会いたい。ピーターはわたしを心配してくれる」といったら「彼は君を守るべき人間ではない」と却下された。

空港のセキュリティゲートに来た。クレアが先にパスした。次にハイチ人が通ろうとしたらば、彼のパスポートがない!彼はその先に行けない。クレアは振り返らずにサッサといっちゃう。彼女はゴミ箱に彼のパスポートを捨てた。ヤルなぁ。

アイザック。シモーネの死体を前に途方に暮れてたところにNYPDがきた。刑事はシモーネの写真を持ってて、匿名コールがあったから調べにきたんだという。「バレちゃうか」と思ったらそこになんと「アイザック、どうしたの?」とシモーネが入ってきた。それを見た刑事は帰っていった。

入れ替わりにベネット氏が顔をだす。「キャンディスは使えるなぁ」と感嘆する。キャンディスていうのはトンプソンの部下の女性で、ここで彼女の名前がわかったので、今後、キャンディスと呼びます。

キャンディスはシェイプシフターであった。あるいは『ないものをあるように見せる』というイリュージョニストかもしれない。アイザックは恋人が別人の姿に変わるのをその目で見て仰天する。入ってきた2人は「シモーネはヨーロッパを旅行中である」というカバーストーリィをデッチ上げたという。アイザックはオタオタであり「ここにはいられない。いっしょに連れて行ってくれ」というが「君は絵を描いていればよい」と言い残して出ていった(死体をどうするんでしょう?)。

マイカはママが戻って超ハッピー。「ママ、愛してる〜」とかわいいスマイルで学校にいった。でもママはニキじゃなくてジェシカなのだ。DLが登場。「おれが気づいてないと思ってんのか。リンダマンのカジノに行くのか」といって、ジェシカに送られたネイサンの写真を見せた。彼の枕の下にあったんだという。ピンチを知らせるためにニキがやったんだと思われ。ジェシカはあくまでニキのフリをして「リンダマンにはカードのディーラーになってくれと頼まれただけよんベイビー」とごまかした。DLは「妻はウソついてるゾ」と疑っているが、ニキ = ジェシカの関係には気づいてないみたい。いい加減ワカレ!

モヒンダー。サイラをイスに拘束し、神経をマヒさせる薬を射って能力を封じている。モヒンダーはゼイン・タイラーが彼と会ったその日に死んだと知り、相手がサイラだと気づいたようだ。「おまえのような寄生虫ヤローは許さん。父を殺しやがって」と銃を向ける。サイラは「おれはおまえの妹、シャンディのことも聞いたぞ」と話し始め「おまえの父はおまえのことをよわっちい息子だといってた。真実を知ったらそれに耐えられないだろうってな。だからおまえは蚊帳の外に置かれたんだ。どっちが寄生虫だ。ワハハ」と悪あがきを見せる。

ここでの会話で、モヒンダー父はサイラを分析することによって、能力者を割りだす公式を見つけたのだという話が出てきた。サイラはサイコパスだが、貴重な献体者でもあったのである。もちろん父は彼が悪人だとは知らずにそうしてたわけです。モヒンダーは「死ぬ前にせいぜい良いことをしろ。おまえの脊髄液を摂らせてもらう。これはね、かなり痛いよ」といって首の後ろにでっかい注射針をズブリ。サイラ、絶叫(アパートであんな大声出したら警察きちゃうよ!)。

ヒロ。リンダマン配下の美術コレクションの管理人に会う。相手はアイザックのことを知ってるので、ヒロが持参した絵(ヒロが恐竜と闘ってるヤツ)を見せたら興味を示してくれた。でもそれはヒロパパがビリビリ破いちゃったのでセロテープで補修してあるんだけど、それでもいいみたい。

「受取証をください」といったら相手は奥に引っ込んだので、そのすきに目的の刀を持っていこうとしたらばすぐに見つかった。警備員がきた。と思ったらそいつはアンドーであった!彼はコレクション管理人をボコンとやっつけてくれた。アンドーはヒロと別れてからずっと後を尾けてたんだという。ワーイ。

ネイサン。彼はこの先リンダマンと会う予定で、盗聴マイクでFBIに状況を知らせている。連絡を終えたところで2人の捜査官の部屋にジェシカが登場。2人を射殺した。「相手がプロだと仕事が早いわ」なんていう。

モヒンダー。サイラから摂取した脊髄液は画期的な内容であり、彼はこれでもっとたくさんリストができると喜ぶ。殺人鬼のサイラはもう用無しであり、命乞いをする彼を迷わず射殺。と思ったら銃弾はサイラの顔の前でピタリと静止。テレキネシスでマヒ薬の注入を止めていたのだ。サイラ、完全復活した。拘束を軽く解いてモヒンダーを制圧。「死ぬ前にいいことをしましょうよ。さっそくリストをつくってください」と命令する。

アイザック。絵を描いた。その内容は誰かが絶叫していて、あたりは血の海というホラーな絵。またヤクをやっちゃったかも。

ネイサン。ホテルの自分の部屋に戻ったら、ジェシカに待ち伏せされて盗聴マイクを取られ、銃を向けられた。と思ったらそいつはニキであった。彼女はネイサンに警告を与えにきたんだという。「FBIは殺されたし、リンダマンはあなたが裏切ったことを知っている」と聞かされた。

ベネット氏。NYの任務を終え、仮住まいのホテルに戻った。サンドラが待ってて「Mr.マグルスを部屋に入れていいってホテルが許してくれた」と喜んでいる。クレアの話になり「とにかく2人でこれを乗り切ろう。ぼくたちはぜんぶ知らないフリをしてなくちゃいけない。そうじゃないとクレアが危ない」と話す。サンドラはパニクることもなく、意外な芯の強さを見せるので「君とこんなふうに話ができるなんて思わなんだ」なんていうが、じつは彼女はキャンディスの化けた姿であった。トンプソンとその部下が部屋に入ってきた。ベネット氏、ピンチ!

ヒロ。アンドーのBIGなアシストのお陰でピンチを逃れたが、部屋の中に閉じ込められている。外には警備員がワンサカ。でもだいじょうぶ。Kensei Takezoの刀がその部屋にあるのだ。ついに奇跡のアイテムをゲット。ヒロの「ヤッター」を噛みしめて聞こう!

アンドーは完全に自己を犠牲にするつもりでヒロを助けにきたということが明かされる。「おまえだけテレポートして逃げろ」なんていうから泣ける。でもヒロが親友を置いてくわけない。刀のお陰でPOWER UPしたヒロはアンドーの肩に両手を置き、軽く念じると2人は未来へテレポート!

その場所はいままで何度も出てきたシモーネの父所有のビルの屋上であり、そこから見える街の風景は残骸の山。爆発後のNYにきちゃったと思われる。「爆発を止められなかったのか!」と嘆くヒロ。

クレア。彼女はハイチ人から逃げてNYに来た。ピーターを訪ねるが、彼はいない。代わりにあの冷血オンナの母親が出迎えた。「おはいりなさい、クレア」という。知ってるみたいだ。怖い。

怖々と中に入ったら、彼女はフランス語でだれかを呼び、出てきたのはハイチ人であった。ピーターの母は「私はあなたのおばあちゃんです」と教えた。ハイチ人のバックは彼女だったのである。「わたしたちはあなたを守ろうとしてたのに、勝手にどこかにいってしまうからたいへんだったわ。その頑固さは父譲りね」といわれた。

その父のネイサンはべガスのホテルで、ニキといっしょにいる。ニキは「助かりたかったらリンダマンの要求をのめ。それができないなら、すぐに家に帰って家族といっしょに逃げろ。どちらかしかない」というが、ネイサンは「もうひとつある。彼を殺す」という。ニキはそろそろヤバいとわかってるみたいで「ジェシカが来る前にわたしを気絶させろ」と銃を渡す。ネイサンはわけがわからないが、その気迫に真実を嗅ぎとり、いわれるままに彼女をノックアウト。リンダマンを襲うための銃を手に入れた。

リンダマンの部下がネイサンをエスコート。ホテルの地下の厨房に案内された。ここで初めてリンダマンの顔が映像に出る。それは、な、な、なんと○○であった!ていうことはなくて、初登場のオッサンであった。

調理人たちが外に出されて2人だけになる。「ペトレリくんは野菜が好きかね?」から始まり、リンダマンはパイをこしらえながら長々と口上を述べるが、要点をいうと彼はネイサンが空を飛べるとか、ピーターの能力とか、クレアのことなんかも全部知っており「わたしのいうこときいてりゃ君は選挙に通って、2年後にはホワイトハウスだよ」なんていう。ネイサンは彼を殺す決意で彼に銃を向けるが、相手は落ち着き払ったようすであり「よくかんがえてみんしゃい」なんていいつつ、背を向けて料理をしている。

モヒンダーのアパートにピーターが訪ねてきた。部屋に入ったらだれもいない。天井から血がポタリ。モヒンダーが天井に張りついてて「サイラだ」と教えた。振り向いたら殺人鬼がニヤーリ。「きみのことは覚えてるよ」。壁にピーターを押しつけ、指をピーターの頭にかざす。ピーターの頭蓋骨が切り開かれていく。悲鳴。

19話に続く。

あとから追記。キャンディスがシェイプシフターじゃなくて、イリュージョニストかもしれんと教わったのであとから修正加筆しました。takさん、ありがとう。

再度追記。DLが出した写真のトコとトンプソンの名前が違っていたので修正しました。 Samさん、cinedoubさん、ありがとう。

※感想

脱落したかと思ってたアンドーが戻ってきてすごいうれしいです。彼がいったいどうやって自力で警備員になりすましたとか、そこらへんはスルーしましょう!ひさしぶりに「ヤッター」も聞けたし、よかったよかった。

キャンディス嬢は不敵な悪女でスゴいですねー。Missy Peregrymというんだ。Smallvilleに出てるのですね。美女です。すごいわるそう。もしネイサンがハメられたらコテンと陥落して、また子供が増えそうです。んでまたあの冷血母に「あんたは精子工場だわね」とかいわれるんだと思う。

imdb.com :: Missy Peregrym

ピーターは死なないと思うけれど、きっと相手の能力を奪って反撃するんだなと思うけど、サイラの能力は1つや2じゃないからアレがドバーとなだれ込んできたらどうなるか想像もつきません。以前マットとなったときみたいにハウリング状態になるのかな。

リンダマンって初登場だと思うんだけど、もしかしたら最初の方でヒロとカードやってたあたりでチョイ脇に出てた?もしかしてって思うんだけど、だれか覚えてますか(と思ったけど私の間違いだった。詳しくはコメントに)。Malcolm McDowellという人だそうです↓

imdb.com :: Malcolm McDowell

ところでPBもそうでしたが、わるもんが厨房でコックたちを追い出してヒソヒソ話をするっていうのはアメリカ映画の伝統ですか。正確には知らないけれどゴッドファーザーがさいしょ?たぶんこれは「建物の中でいちばん盗聴器が隠されていないだろう場所」「一般的に料理人は外国人が多いので、もし聞かれても意味がわからない」という理由でだれかがやり始めて、以来、なんだかパターン化しちゃって「悪さをするのは厨房こそがふさわしい」っていうノリになってるんだと思う。包丁とかあるし。

次回19話はちょと間が空いて4/23オンエア予定。
予告編はこちら

------------------------------------------------------
title: 1-18 :: Parasite
aired date: 2007/03/05
Writer: Christopher Zatta
Director: Kevin Bray

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  • Title: 1-18 :: Parasite
  • First Aired: 2007-03-05

Writer:

Director:

Star:

Recurring Role:

Guest Star:

Thanks to: imdb.com, tv.com

tak (2007.03.10 23:19)

次回まで長いですよねぇ…
しかもこんな終わり方で…(泣

なんか、拾い読みしたところ、
キャンデスはシェイプシフターじゃなくて、
イリュージョニストじゃないかって話でした。
ひとつは、変身する時に周りが歪む。
もうひとつの理由はシモーンの死体が消えていた。
…だそうです。
ほほーんと思いましたが、いかがでしょう?!

リンダーマンは初登場だと思います。
彼も何かしらの能力をもっているんでしょうねぇ。

tinker (2007.03.11 02:37)

ども。あ、イリュージョニストか!そこにないものを幻のように見せちゃうっていうことですね?(よくしらんけど)プリンセステンコーだ。そうかも。ポリスが来たとき、シモーネの死体が消えてましたか。気づきませんでした。そうかぁ。エピガイ直します。ありがとうございました。

Sam (2007.03.12 03:54)

細かいですが、DLが発見した写真は兄のネイサンのだったと思います。

あとモヒンダーがサイらーの頚椎レベルから髄液とってましたけど、あんな取り方したら脊髄に針が突き刺さって半身麻痺になるぞー!と一人突っ込んでました。普通は、腰からとります。蛇足ながら・・

リンダーマンは、映画「時計仕掛けのオレンジ」の主役の人ですよね。リンダーマンは、X-menでいうマグニートッぽく見えてきました。能力者のネイサンを大統領にしようとたくらんでるし、能力者が世界を支配することを望んでるような・・・。ぺトレリ母は、半リンダーマン派でしょうか?

cinedoub (2007.03.12 04:02)

ベネット氏の上司の名前はトンプソン(Thompson)でしょう。
あとリンダーマンは初登場です。あの「時計じかけのオレンジ」のマルコム・マクダウェルがもし脇で出てたら、それだけで話題になりますよ。それくらい大物です。私は最初のクレジットで名前を見つけて、あぁリンダーマンは絶対この人だ…とネタバレされちゃいましたよ。あれ、どうにかならないんですかねぇ?

tinker (2007.03.12 15:07)

ども。

> DLが発見した写真は兄のネイサン
> ベネット氏の上司の名前はトンプソン(Thompson)

ご指摘サンクスです。まちがえてた。さっそく直します。またなんかあったら教えてくださいませ。

> 「時計じかけのオレンジ」のマルコム・マクダウェルがもし脇で出てたら、

あ、そうか。「時計じかけの〜」を見たのはどえらい昔なので、完全スルーしちゃっておりました。忘れてました。ありがとう。

> あぁリンダーマンは絶対この人だ…とネタバレされちゃいましたよ。あれ、どうにかならないんですかねぇ?

クレジットが出るのは仕方がないとは思いますが、NBCはheroesのウラの24への対抗手段かと思いますが、つまりみんなに興味を持たせるために?月曜オンエア直前にインタビューなどで「今夜誰か死ぬぞ」とか「もしかしてあのひとが?」なんていうきわどいネタバレを出してくるのでそっちの方も要注意です。テレビドラマのマーケティングってほんとにワイセツだなと思いますが、それもまた魅力であったりもする。

kenn (2007.03.12 20:41)

こんにちは。

イキナリHiroの日本語から前回のあらすじが紹介されて驚きました。彼、眼鏡変えたけど自前かな!?

HRGの警戒心のなさに辟易としてしまいましたが、記憶を消す必要が? それと、ハイチ人はどこまで消したのでしょう。

Peter。カワイイ姪っ子に会うまでは死んじゃダメ!MohenderもCanadaにいるSanjogに会うまでは...

Candice。master of illusion。Tim Kringのブログより。シーズン2までSylar共々残るそうです。でもHRGとキスしてましたけど!?

とまあ最高なクリフハンガでした。お腹一杯。Heroesのテーマは「普通の人間が、朝起きて能力が目覚めたら、Hiroのように受け入れるか。Nathanのように避けて生きるか。Sylarのように己のために使うか。」だそうですよ。ブレイク中は、Graphic Novelでも読もうかな。

ジョウ (2007.03.13 07:11)

冒頭のクレジットといえば、安藤のも出てましたよね。番組によってはそういうのを隠す場合もありますが、俳優組合に文句言われたりして(苦笑)?

かたや、『Lost』や『Smallville』ではその回には全く出て来ないのにレギュラーだというだけでクレジットされてる人も多いですよね。

キャンディスはイリュージョニストでしたか。背景が歪むので「ひょっとして?」とは思ってたんですが、おかげさまでスッキリしました。

ピーターはやっぱり死なないみたいです。だとすると、モヒンデルが死んじゃうの?それもイヤだなあ。

TOP » SF » ヒーローズ/Heroes