TOP » アクション » デクスター/Dexter

デクスター/Dexter :: 1-01 :: Dexter :: ネタバレ

transデクスター/Dexter。シリアルキラーの日常。シーズン1の1話。ネタバレ!
view: 23802

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

冒頭シーン。デクスターがひとりの男を尾行/拉致/殺害する。会話の内容からいって、殺された男は幼児性愛者の変態で、何人もの子供を殺してたらしい。変態男を拉致し殺害に至るプロセスは、マグロの解体職人を思わせる手際の良さ。人間扱いすることなく肉の断片にしてしまう。あらかじめ練った計画を寸分の狂いなく実行している。デクスターの知能の高さがうかがえる。デクスターの部屋のエアコンのパネルをはずすと、巧妙につくられた隠しクローゼットがあり、彼はここに自分が殺した者たちの血液サンプルをきれいに保管している。

デクスターのウラ稼業はまったく秘密で、彼は表向きマイアミメトロ警察の有能な鑑識をやっているという二重生活サイコパスシリアルキラーなのだ。彼は鑑識が行う科学捜査の中で、血痕を分析する分野のプロだ。これは殺人現場の血痕や死体位置などから、殺人がどのように行われたかを理論的に推測する仕事なんだということが間もなくわかる。血痕がこういう風に飛んでるから犯人はこういうかたちのナイフを持ってこういう風に切りつけたんだろうみたいな推理をするのだ。だから血痕プロ。こんな仕事をしてるくらいだから、やっぱりすごく頭がいいんだなと私たちは納得する。

デクスターの妹のデブラは若い制服警官だが、彼女は殺人課の刑事になりたくてしょうがない。なんとか手柄をたてたいので、頭のよいお兄ちゃんに「ヒントを教えろ」といつも迫っている。げんきでかわいい妹だが、やたらfuckとhellを会話に挿入するしゃべり方をする。デクスターはこの妹にすごく優しい。

デクスターにはリタっていう恋人がいる。リタはsex恐怖症である。彼女には2人の子供がいるんだが、前夫にひどい家庭内暴力を受けたせいでsexができない女になっちゃったらしい。でもデクスターもsexできない体質なので、2人は相性ばっちりなのだ。デクスターの方はsex不感症らしい。この2人、sex恐怖症とsex不感症のカップルは、マイアミ人種としてはものすごく不自然なんだけど、本人たちが幸せなんだからまぁそれでいいかと私たちは納得する。2人の子供たちもデクスターによくなついている。お姉ちゃんがアスター、弟くんはコディという。2人共かわいくて、良い子たちだ。

デクスターは職場ではいつもニコニコしていて、みんなにドーナツを配ったりする好人物だが、刑事のドークスにだけは「はよ仕事せんかボケカス!」と怒鳴られて「変態!」なんて罵倒されることもしょっちゅうで、エラい嫌われようだ。なんで彼はあんなにデクスターのことを嫌っているんだろうかと私は不思議で、もしかしたら刑事の勘で「ウラの稼業」を察してるのかと最初は思ったが、そういうことでもないみたい。単に虫が好かないということか。

という調子でドークス以外の人たちはデクスターをかんじのよい同僚と見なしていて、ウラの稼業はぜったいバレてないし、彼は限りなくフレンドリで知的な好人物なんだけど、じつのところ、デクスター自身は空虚なきもちで生きている。ドーナツのカラ箱を覗いて「ぼくの人生もカラッポだ」と心の中で呟いているという、なんとも醒めたというか、熱中する対象がなにもないという人物だ。それがまた知的な印象を高めているということもある。

デクスターを取り巻く人間関係とそのウラ稼業を明かしつつ、さいきんマイアミで連続発生している猟奇殺人事件が進行する。3人目の犠牲者が出たところから物語は始まるが、この事件は死体のありようがものすごくへんなのだ。死体に「血がない」のである。死体には首はなく、常にバラバラに切られている。そしてどういう処理をすればあんなふうになるんだか想像もつかないが、完璧に血抜きをされていて、肉と骨は美しくカットされ、死体というよりマネキンの部品みたいになっちゃっている。

血がない事件であるからして、血痕プロとしてはつらいところだ。でもデクスターはこの犯人の手際の良さ、死体処理の美しさに感動する。いったいどんなやつがどんなふうにやってるんだろうとものすごく興味を覚え、まるでアーティストを尊敬するような畏怖の念を覚えてしまう。恋人のリタとその事件について話していたとき、「彼はすごいよ」とまるで犯人を褒めたたえるような口ぶりで事件のことを話したらば、sex不感症のはずの彼が瞬間発情し、スカートの中に手を突っ込むということをやってしまう。リタはびっくりして「ムリです」と却下。デクスターは瞬間冷凍されてしまった。自分がなぜ急にそんな衝動を覚えたのか、彼にはぜんぜんわかんない(この殺人事件がデクスターにリピドーを与えたということなんだろうか)。

妹のデブラに「なにか事件解決のヒントはない?」とせがまれたとき、彼女のいった "cell crystallization(細胞の結晶化)" という言葉にヒントを得て「犯人はアイストラックを使ってるかもしれない」というのを思いつく。アイスクリームなんかを運ぶための荷台が冷蔵庫になってるトラックだ。デブラは捜査会議のときに「アイストラックを探してみたらいいと思う」とラグエルタ警部補に提案するが、「あんたは売春婦に聞き込みをしてりゃいいの」とまったく相手にされないので、妹はますますfuckだのhellだのを連発する。

ドラマの合間に、デクスターの幼少時代の記憶、養父ハリィとの会話がフラッシュバックする。デクスターは養子なのだ。でも2人は本当の父息子のように信頼しあっている。ハリィは有能な警官だった。デクスターが勤務するマイアミメトロ警察にはハリィを知る人たちが何人かいる。デクスターもデブラも、父ハリィの影響で警察官になったのだ。

そしてデクスターとハリィの結びつきはものすごく強いものであり、2人は大きな秘密を共有した。デクスターは小さい頃にイヌを殺したことがあって、それをハリィに知られた。以来、父は息子の殺人衝動を知り、悩み、それを理解しようと努めた。人知れず父息子は悩んできたのだ。

息子が大きくなり、そしてそれがますますエスカレートしてることを知った父は息子に生きる方法を教える。「この病を治療することはできない。でもそれを役立たせることはできる」と息子にいう。警察が取り逃がしちゃったような悪い連中に罰を与えてやれと彼はいう。「息子よ中村主水(必殺シリーズ)になれ」ということなのだった。こんな少年期を経てデクスターはデクスターになっちゃったのか。もちろんこのことはデブラも知らない。父母は既に死んでいるので、デクスターの秘密を知る者はだれもいない。

デクスターはハリィの教えを守って慎重にウラ稼業をこなしている。次のターゲットはビデオマニアのレイパーで、彼が裁判でうまいこと無罪になってるのを知り、そいつの部屋に不法侵入して証拠をがっちりつかんだらば、いつものように処刑殺害した。手際が美しい。

一仕事終えて街を流してたらば、じつにまったく偶然に怪しいアイストラックと街で遭遇する。後を尾けていったらそいつは急にUターンしてハイビームで目をくらませた瞬間、スレ違いざまに死体のナマ首を落としていった。犯人は逃げた。

デクスターはすぐに上司のラグエルタを呼んで事情を説明した。いかにも偶然過ぎるその話に彼女はへんな顔をするものの、デクスターの頭の良さを信頼してるので彼女は信じたみたいだ。

その後、彼は恋人のsex恐怖症のリタの家にいく。彼女は前のデートで気まずい思いをしたので、すごく悩んでいたという繊細さなのだ。デクスターは優しいので「ダイジョブだから」という。したらばこんどはいきなり彼女の方がグワーとなっちゃったみたいなんだけど、なんだかデクスターの方は逃げ腰であり、それでも彼は優しいのでキスとかしてたら、リタの子供が「ママー」と電話してきたので彼は救われた(Julie Benzの大げさな演技につい引き込まれてハラハラしてしまった)。

その夜、デクスターが帰宅したらば、シリアルキラーからのメッセージを発見!?冷蔵庫のドアにバービー人形の首。そして中にはバラバラ死体を暗示する人形の胴体がこっそり置いてあった。犯人からの気味悪い挑戦状?犯人はデクスターのウラの稼業を知ってるのだろうか。デクスターはそれを見て怖くなるどころか、むしろ楽しい遊びへのお誘いと受け取ったみたいで、つまりこの先、デクスターと謎のシリアルキラーが、互いのプライドを賭けて謎解きゲームをしていくんだろうかという予感のパイロットであった。

※感想

みなさんオススメのDexterをやっと見始めました。Dexterは10月にshowtimeでオンエアされてから、既にシーズン1全12話が終了しております。レビューを見るとずいぶん高得点だし、みなさんオススメでもあるので、安心してみれるというのがトクしたきぶんです(笑)。新ドラマを見るときには「ゴミだったらどうしよう」という恐怖に怯えつつ見るのが普通なので。

デクスターとシリアルキラーの謎解き知恵比べになっていくんでしょうか。もしそうならデスノートを思い出したりして、ライトくんとL(エル)みたいなもんかなと思いました。

デクスター役のMichael C. Hallは潔癖性のようなサラサラ感とブキミ感が同居しているというサイコぶり。加えて、恋人役のsex恐怖症Julie Benzのあの大げさな演技とか、苦悩するお父さん役のJames Remarといった脇役陣が安定感あります。スペイン語のチャンポンでしゃべる刑事とかもいた。私的にはあの妹(Jennifer Carpenter)がいいなと思いました。愛嬌があって個性的でかわいいです。

ところで本筋とは関係ないですが、刑事の中に日系人がひとりいる。Masuokaという名前からして明らかに日系。彼が初登場する場面で、デクスターが「そのヘアスタイルいいね〜」といったりするので、ほんとに日本人っていぢられキャラなのねんと複雑きぶんになったりしますが、一昔前には「日本って中国にあるんだろ?」なんていうアメリカ人が多かったことを考えるとまだましな方かも。いまのハリウッドって「イロモノのジャパニーズをひとり混ぜとけ」みたいな掟があるんだろうか。

では2話以降もガシガシいきます〜。

------------------------------------------------------
title: Dexter
aired date: 2006/10/1
Writer: Timothy Schlattmann
Director: Michael Cuesta

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  • Title: 1-01 :: Dexter
  • First Aired: 2006-10-01

Writer:

Director:

Star:

Recurring Role:

Guest Star:

Thanks to: imdb.com, tv.com

TOP » アクション » デクスター/Dexter