TOP » アクション » デクスター/Dexter

デクスター/Dexter :: 1-10 :: Seeing Red :: ネタバレ

transデクスター/Dexter。シーズン1の10話。ネタバレ!
view: 9898

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

アイストラックキラーから血のメッセージが届いた。それはとあるホテルの一室で発見された大量の血液。その量がとにかくハンパじゃない。床には池のような血溜まりがあり、壁、天井、家具にいたるまでそこらじゅうが血だらけ。死体はない。大量の血液だけがブチまけられているのである。

現場を発見したドークスとデブラは「か、か、鑑識を呼べええええ」と腰を抜かした。すぐにデクスターが呼ばれた。彼は、全身を覆うツナギに長靴、手袋、防塵マスクという完全装備で足を踏み入れる。まずは鑑識トップの彼に報告させようというわけだが、デクスターさえもがこの光景を見て気分が悪くなる。

血痕マニアであり、数々の陰惨な殺人現場を見馴れているデクスターがその光景を見たとたん、なんと証拠である床の血溜まりの中にブッ倒れてしまう。以前にも見たあのビジョン。血の中で幼い子供が泣き叫んでいるというあのビジョンが再び脳を襲った。怯えた彼はホテルの外に逃げてきた。青ざめた顔で震えている。日頃、デクスターをコバカにしているドークスは初めて彼を褒めた。「おまえも人間だったんだなぁ」

こちらはリタ。彼女は前回酔っぱらったポールをバットで撃退してピンチを脱出したが、なんとこのポールが彼女を暴行罪で訴えた。やることが陰湿である。困ったリタはデクスターにヘルプミー。弁護士を紹介してもらった。そしたらこの弁護士によれば、リタの方が不利なんだという。ポールが暴行しようとしたという証拠はないし、彼は仮釈放中だけれどもドラッグテストはクリーンで「ケガをしたのは自分だ」と言い張っている。彼が子供と面会する権利は法律で保証されているので、それを拒むとリタが法律違反したことになってしまうのであり、さらに暴行罪で訴えられたらますます不利になっちゃう。困った。

こちらは血まみれ現場。マスウカが部屋に入り、デクスターは廊下から指示することにした。「すべての血液を採取しろ。写真とビデオをたくさん撮れ」と命じる。「コンセントを見てみろ」とデクスターがいったら、マスウカは壁のコンセントに差し込んだ跡を発見した。なにか電気器具を使ったんだな。

デクスターが署に帰ってきたらデブラがいて「もうだいじょうぶなのか」と聞かれた。彼女は「パパが死んだときと同じ顔だった」と述べ「どうしていつもお兄ちゃんは私に悩みを話してくれないんだ!」と大声を出すので「夜、寝れないときにはおまえに電話する」と答えたらやっときげんがよくなった。

その夜、デブラはルディに事件のことを話した。血の部屋のことを聞いたルディは興味を示す。「血は君のお兄さんの専門だ。よろこんでたでしょ?」「とんでもない。青くなって倒れちゃった」「え、ほんとうに?」「うん、びっくりしたよ」「どんなかんじ?パニクってるみたいな?」と細かく彼は聞こうとするんだけど、デブラはsexしたくてたまらない。「いまはその話はしないの!」といってパンツの中に手を入れたらグニャリとしてるので彼女は腹が立つ。「もう寝る!」「ぼかぁ、テレビ見てくる」。2人の空気は悪くなった。

マイアミメトロ警察。デクスターとマスウカが、現場検証の結果をブリーフィング。血液量から推測して犠牲者は5名以上。血液が凝固していないことから、非凝固剤が使われている。つまり現場にあったのは保管された血液である。てことは、犯人は犠牲者をその場で切り刻んだのではなく、過去に抜いた血液を保管していて、その場所でブチまけたのではないか。ブラッドパターンもその可能性を裏づけた。てわけでアイストラックキラーの可能性が高い。ラグエルタはDNA鑑定を指示。アイストラックキラーの犠牲者とマッチすれば、ネイル・ペリー犯人説は完全否定される。

ネイル・ペリーはアイストラックキラーとして逮捕され、現在起訴の手続きが進んでいる。表向きには事件は解決したことになっているが、ラグエルタは彼の証言が嘘だと知っている。上司のマシューズが本人の名声のためか、勝手に起訴手続きを進めているのだ。いずれ間違いとわかればマシューズは窮地に立たされるだろう。

リタ。弁護士に従い、ポールが子供たちに面会することを許した。彼は定期的に子供たちに面会する権利があってそれは変えられない。リタは死ぬほど心配だが、従うしかない。デクスターといっしょに待っていたら、ポールが裁判所の係官と現れ、子供たちをサーカスに連れ出した。

その間、デクスターはポールの自宅に不法侵入。ポールが不利になるような証拠を見つけりゃいいのである。引き出しの中に銃とドラッグを発見。ヨシと思ったところで、またあのビジョンに襲われた。今度は男の死骸も見える。手首を切り取られている。「ママー」という叫び声が聞こえる。これは彼が経験したビジョンなのか。

デブラとドークスは血まみれホテル現場を再検証し、犯人が残した聖書の手がかりを発見。レビ記10章3節。ホテルの部屋は103であった。103という数字に意味があるのかも。以下は聖書の言葉。

『わたしは、わたしに近づく者のうちに、わたしの聖なることを示し、すべての民の前に栄光を現すであろう』

夜。デクスターが家にいたら、不意の来客。ルディだった。ビールとステーキ肉を持ってきて「デブラとケンカしちゃったからアドバイスください」という。「アレがグニャリとしちゃったのでケンカになって、その後、お兄さんのことを話したらもっと雰囲気悪くなっちゃったんです。どうすりゃいい?」と聞かれて「ぼかぁ、兄だからグニャリの方はわかんないけど、とにかくごめんなさいといえ」「やっぱそうですか」と話をしてるところに、ルディの携帯にデブラから着信。

デブラは「私が悪かった。仲直りのデートを」と誘うが、ルディは「いまね、デクスターの家にいるからまた明日」とツレないお返事。恐らくルディは妹よりもデクスターの方に興味があって「妹とケンカしたから」というのも口実なんだきっと。仲間外れにされたデブラはまたまたきげんが悪くなった。

ルディが自分が経験したビジョン体験をデクスターに語った。「高校生の頃、同じ夢を何度も見た。それは女性がトラックに轢かれるという内容なんだが、意味がぜんぜんわからなかった。でもある日、それがなんだかとつぜん思い出した。4歳のときに目の前で母親が交通事故に遭ったシーンだったんです」という話を聞いて、私たちは、んじゃデクスターのアレもきっと彼が過去に体験したことなんだろうなと想像する。ルディが帰るとき、デクスターは「デブラは白いバラが好きだよ」と教えてやった。その夜、ルディはデクスターの部屋にケータイを忘れていった(たぶんわざとやったのだろう)。

エンジェル。ナイトクラブで義手の指にいろんな色のマニキュアをした売春婦を見て、ピンとくる。アイストラックキラーが残した冷凍指と同じだ。その売春婦から話を聞いて、1年前に客の男性にされたと教わった。そいつは彼女が義手だと知るとにわかにコーフンし始めたといい、そして彼はさいきん捕まったアイストラックキラーとは別人で、とてもセクシーな男だったという。

コレはでかいヒントだ!と確信したエンジェルは翌朝マスウカに質問。「amputee fetish(不具者に性的に興奮する変態フェチ)っているよな?」と聞いてみた。するとマスウカは博士のような顔になり「acrotomophiliaっていうんだ。でも彼らはそう呼ばれるのを好まない。devoteeと言わないとしゃべってくれないよ」とレクチャし「デブラのカレシが整形外科医だからそういう連中を知ってるかもよ」と教えてくれた。「やっぱり変態のことはマスウカに聞くに限るな」「おれはカンフーガールのほうが好きだよ。おひょひょ」。マスウカ、ステキ。

デクスターが警察署の一室で、血まみれ部屋を再現しようとしていた。コンセントに電気器具を差し込んだ跡があったので、どんな器具を使えばあんな血痕ができるのかを実地に確かめているのである。という様子はオトナがペンキ遊びをしているようでもある。彼は仕事をしながら「ここじゃあのビジョンは出てこないな」なんて考えている。そこにルディが現れた。忘れていったケータイを取りにきたのである。ルディこそがアイストラックキラーなわけだが、デクスターはそんなこと知らないので、事件のことをペラペラしゃべっちゃう。ルディはデクスターの仕事のようすを見て、彼は整形外科医なので「プロペラとかディスポーザーに手足をチョン切られちゃったっていうのをぼくもしょっちゅう見てるよ」なんていう。さらにデクスターが丸ノコを使ってるのを見て「チェーンソーじゃない?電気のチェーンソーもあるんだよ」。デクスターは複雑顔になった。

ルディが帰った後、デブラがまた怒りにきた。「お兄ちゃんは私に話をしてくれないくせに、私の恋人がTボーンステーキとビールを持ってきたら仲良くしゃべるのか」なんてヤキモチを焼いている。カワイイ。デクスターは「Tボーンじゃなくてporterhouseだったよ」と答える。デブラのムカムカはおさまらず「お兄ちゃんが辛いときに話し相手になるのはこの私だ」と怒りを爆発。かわいすぎます。

エンジェル。不具者変態フェチの情報を求めて、マスウカに教わったルディを訪ねる。「コールガールに話を聞いて」と経緯を説明し「そういう変態フェチな連中の情報を探してる」と頼んだ。ルディはとつぜんの刑事の訪問に怯えたが、エンジェルが具体的な手がかりまでは得ていないと知るとあんしんした様子であり「なにかわかったら知らせます」と約束した。エンジェルが出ていった後、ルディが引き出しを開けると、中にはたくさんの色のマニキュアがゴロゴロ。

デクスターはリタの家にいて、子供たちと帰ってきたポールに出会う。そしてとうとう我慢ができなくなり、相手をフライパンでバコーンと殴っちゃった。ヤ、ヤ、ヤバい!リタはあっちの部屋に行ってて気づいてない。彼は慌てて気絶したポールを車に運んだ。

感情的に暴力を振るうのはハリィにいちばんいけないことだと教わったのに。でもハリィも実父のことで嘘をついてたわけであるから、ここはひとつ大目に見てもらおうということで、彼はポールをこっそり彼の家に運んだ。気絶した彼にたっぷりヤクを注射。そのままほったらかして警察に匿名コール。てわけで、彼はまた刑務所に逆戻り。リタの心配はぜーんぶ消えて大喜び。ヤッター。

血溜まりホテルの血痕がアイストラックキラーの犠牲者のDNAとマッチした。てわけでネイル・ペリー犯人説は完全否定されたのであり、これを受けてラグエルタはマシューズの許可を得ずに記者会見。「アイストラックキラーはまだ捕まっていません。新たな証拠が出たので捜査は再開します。ネイル・ペリー?それについてはマシューズ警部に聞いてください」とペラペラしゃべった。マシューズ、怒る怒る。

「勝手なことして許さんぞ!」「私はあなたのために方向を正しくしてあげたんですよ」「ここはわしの部署である。おまえを格上げしたやったのはこのわしだ」「あら、本性が見えてきましたね」「ここにいられる間はせいぜい楽しめ」。マシューズは捨て台詞を残して消えた。ラグエルタ、なかなかヤリますネ。

夜。駐車場でエンジェルが覆面姿の男に刺されて重傷。犯人はルディ ... か?

マイアミメトロ警察署。ドークスとデブラが仕事を終えて帰るところ。「まだ恋人とケンカしてるのか」「まぁね」としゃべってたところに白いバラを持ったルディが現れる。ドークスは無言で去る。2人は仲直りした。fuckといいつつ、キスにこたえるデブラがステキ。ルディが口に小さなケガをしてることに気づく。エンジェルを襲ったときにケガしたのか。

デクスター。意を決してあの血まみれ部屋にやってきた。現場をもう一度この目で見るのだ。アイストラックキラーが自分に残したメッセージを探すのだ。部屋に入り意識を集中すると、あのビジョンが再び現れる。見える度に細部が明らかになってきている。血の中で泣き叫ぶ幼い子供のそばには切り刻まれた男の死体。チェーンソーを操る殺人鬼。若い女性。彼女は絶望的に「目を閉じなさい」と泣き叫んでいる。そして最後に聞こえたひとことがデクスターの脳を直撃した。「ママはあなたを愛している、デクスター」。泣いていた子供はやっぱりぼくなのだ!そしてあの女性はぼくの母親だったんだ!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  • Title: 1-10 :: Seeing Red
  • First Aired: 2006-12-03

Writer:

Director:

Star:

Recurring Role:

Guest Star:

Thanks to: imdb.com, tv.com

tinker (2007.09.10 11:25)

いまボケーと自分が書いてるのを読み直して思い出したのですが、ここで出てくるamputee fetish(不具者に性的に興奮する変態フェチ)ですね、これ関連の小説で、

『ドクター・アダー(KWジーター著)』

って、ご存知の方多いと思います。これを知らない方でdexterを好きならかなりおススメだし、ドクター・アダーはかなり好きだけどDexterはシランという人はDexterを見たらよいと思います。Dexterを見て、ドクター・アダーを読んじゃったら、次になにを見て、なにを読めばいいのか、おススメあったら教えてください。

目目 (2007.10.05 14:58)

Dexterにはまってます。
先週までは、デクスター自身が母親を殺して、それをハリーも承知で引き取ったのかと思ってました。
あのフラッシュバックは衝撃的ですね。本当の父親もシリアルキラーのようですが、どうすればあんな状況になるのか・・・。ゾッとします。

tinkerさんおすすめの「ドクター・アダー」。読んでみようと思います。
なかなか本を読む機会はないのですが、他にもこういうハラハラドキドキグログロな類でおもしろいのがあったら教えてください。

tinker (2007.10.06 08:56)

目目さんもデクスターご覧になってたのですね。

> ゾッとします。

まったくおっしゃるとおり。ドクター・アダーはかなり悪趣味/エロ/グロ/ゴシックという調子の小説なので、途中できぶんがわるくなって読むのをやめてもいいです。 :wink:

> 他にもこういうハラハラドキドキグログロな類でおもしろいのがあったら教えてください。

ご存知かもしれないのですが、ではもうひとつ。そっちは映画なのですが。私、たまにしか更新してないのですが、もうひとつブログやってまして、そっちはホラー専門ちゅうことでやってるんですが、そちらの方で先日紹介した『ハロウィン』がスゴかったです。昔の映画の『ハロウィン』のリメイク版です。子供シリアルキラーがとにかくすごいの!

http://curse.jp/horror-movie/20070924101244.html

上のurlなんですけど、上のページにも書いたのですが、私のレビューはネタバレ少なめに書いたのですが、それでも読まないほうがいいと思います。上のページにいくとトレイラーが見れるようになってるので、もし興味がおありでしたらトレイラーだけ見てみてください。トレイラーの最初でチラと出る子役の演技がスゴいと思いました。ほんとエグいのですべての人におすすめできるものではないのですが ... 。

TOP » アクション » デクスター/Dexter