TOP » SF » バイオニック・ウーマン/Bionic Woman

バイオニック・ウーマン/Bionic Woman :: 1-01 :: Pilot :: ネタバレ

transNBCの女性ソルジャー新作SFドラマのはじまりはじまり。ネタバレ!
view: 12280
SPOILER ALERT!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

3年前。

軍の秘密ラボ、ウルフ・クリーク・バイオテック研究所(Wolf Creek Biotech Research Facility)で、女性バイオソルジャーが脱走し、多数の人員を虐殺した。彼女の名前はサラ・コーヴァス(Sarah Corvus)という。ジェイ(Jae Kim)という男が兵士たちを伴って彼女を追いつめた。女性は「私は殺したくなかった。頭がおかしくなったんだ」とブルブル震えている。ジェイは「わかってる」と答える。サラは「愛してるといって」とすがるようにいい、ジェイは躊躇しつつ「愛してるさ」と答えて彼女を射殺。のはずだったのが、3年後にじつは生きてたとわかるのだった。

※サラはBattlestar Galacticaのスターバックだよ!イェイ!

現在。

ジェイミー・ソマーズはバーテンダーで、ティーンネイジャーの妹と暮らしている。妹はベッカという。ふたりの両親はいない。母はガンで死亡。父は失踪中。ワケアリみたいだ。という点は後々に明かされるがまとめて書いた。ジェイミーがお母さんみたいに妹のめんどうを見てるが「ねえちゃんはうるさい!」なんていわれてたいへんである。ベッカちゃんはギャーギャーとうるさいティーンだが、法廷命令でパソコンに触れることを禁じられてるそうである。彼女はハッカーなんだろうか。

ジェイミーには大学教授で外科医師の恋人がいて、彼の名前はウィル(Dr. Will Anthros)という。ふたりはラブラブで、ジェイミーは妊娠していて、ウィルはスィートにプロポーズした。というデートの夜に2人は大クラッシュの交通事故に遭った。と思ったら、これは事故ではなくサラの待ち伏せ攻撃なのだった。サラというのは3年前に死んだと思われていたバイオソルジャーである。彼らを襲った動機はわからない。デッカいトレーラーで移動中の車両にドカンと横アタリ。車は大破。ウィルは軽傷だったが、ジェイミーは重傷を負って、両足右腕を切断された。

ウィルは自分が関係する秘密ラボのウルフ・クリークに瀕死のジェイミーを運び、彼女にメカメカバイオの手術をした。てわけでジェイミーはバイオニック・ウーマンとして蘇り、奇跡の生還を果たした。失われた手足は完全復活。脳の中に極小コンピュータ、耳だの目だのもいぢくられて驚異のPOWER UP。超人ガールの一丁アガリ。スーパー!

ジェイミーがこうなるきっかけをつくったのはサラであり、ウィルはウルフ・クリークの科学者であるからして、これはぜんぶ仕組まれたものなのかなと思いつつ見ていたがそういうことではなかった。ウィルは恋人が重傷を負ったのを間近で見て、これじゃ普通の医者には治せないと判断してやむなく自分のラボに担ぎ込み、彼女を救うために自分の研究テーマの手術をやったということのようです。

ウルフ・クリークには数人からなる意思決定グループがあり、ウィルもそのひとりである。彼らは、ジェイミーを今後どのように処遇していくかを話し合う。グループのボスはジョナス(Jonas Bledsoe)という男で、サイコロジストらしき女性はルース(Ruth Treadwell)という。一番最初に出てきてサラを撃ったジェイもメンバのひとりで、彼はトレーナーみたいな仕事をするらしい。

このラボはケガ人をタダで治療してくれる整形外科病院ではなく、バイオエンジニアリングされた究極のソルジャーを育成するのが目的であるから、ウィル以外のメンバはジェイミーのことを『カネのかかったラボラット』というような冷血な視線で眺めている。彼らにとってジェイミーは "subject(実験材料)" なのだ。リーダーのジョナスはさっそくその気であり「彼女はいつから使えるんだ?」なんていう。ウィルは恋人なのでそれはいやである。なので、独断でジェイミーを逃がしてしまう。

ウィルは上司に逆らったわけだが、ルースが「彼女に自由を与えるのは案外よい手かもしれない。少なくとも『私は自由だ』という気分にさせておけば、私らのいうことを聞くようになるんじゃないか」と述べ、ジョナスは納得した。彼が納得したのは「ムリヤリ閉じ込めておくと3年前みたいな悲劇になるかもしれない」という理由もあるようだ。あと、ウィルがプロジェクトの中心人物だから「クビだ!」なんていえないのかも。

てわけでサラは家に戻って妹に再会し、普通の暮らしに戻ることができた。彼女は自分の能力を知って驚愕するが、やがてそれを受け入れていく。驚異的な運動能力に加え、聴覚/視覚もズバ抜けており、ダークエンジェルのマックスかターミネーターのようである。ジェイミーはいつものバーテンダーに戻った。が、ウルフ・クリークは彼女を見張っている。そのお守り役がウィルだが、彼の立場は微妙にどっちつかずである。ジョナスはいずれジェイミーにソルジャーになれというだろうし、いったい彼はどうするつもりなんだろうか。

一方、こちらはサラ。彼女はジェイミーを襲った後、謎の男とホテルで会う。この男がナニモノでどういう関係なのか私たちはわからないが、彼がサラに命じて激突ドカンをやらせた張本人であるらしい。サラは男に「ディズニーランドみたいなものだ」と結果を報告するが、ウィルを殺すことが条件だったようで、私たちも知る通りウィルは生きてるわけだから、サラは彼にウソをついている。サラは男に「愛してるといって」「わたしを見てると彼女を想いだすでしょう?」なんていう。ふたりの関係はまったく謎だが深いつながりがあるようだ。

その後、サラはジェイミーに接触。ジェイミーが働くバーに現れ、別の日にはジェイミーといっしょにいたウィルを狙撃した。男にウソがばれたからかな。ウィルは被弾したが、致命傷ではなかった。ジェイミーはサラは追ってバイオニック・ウーマン同士の格闘に突入する。サラはまるで相手を試すように挑発をしながら自分が初代のバイオニック・ウーマンであることを明かした。サラはジェイミーに闘いを挑んでいるけれどその理由は謎であり、憎んでいるとか、倒したいというよりも、その実力を見たがっているというようにも見える。

ウィルが狙撃されたことを知ったジェイがウルフ・クリークに緊急連絡。事態を収拾するために兵士たちがヘリで到着した。サラは「あなたはほんとに強いね」と言い残してサッサと逃げた。ジェイミーは救急車で運ばれるウィルを呆然と見守っていたが、そこにラボのリーダーのジョナスが現れ、彼女に声をかけた。ジェイミーがジョナスに会うのはこれが初めてであり、彼女はこの謎の男が陰謀の張本人と知った。

ジョナスは「君の体には5000万ドルの価値がある財産が詰まってる。いつか私らのために働いてもらうことになるだろう」という脅し文句を述べて立ち去ろうとしたが、ジェイミーは「私は私のやりたいようにやる。私は自分の能力がずいぶんわかってきたところだからね」と言い返した。最後にもうひとつ付け加えた。「サラがよろしくってさ」と聞いたジョナスはギクリとした。

一方、サラと接触した謎の男はその後ウィルの父と接触した。ウィルの父というのはバイオニック技術を開発した科学者なのだが、なにか致命的な反逆行為をしたのか、いまは地下1000フィートの厳重セキュリティな刑務所に収監されていた。サラが生きていると知ったジェイもまたウィルの父を訪問したが、そのときの台詞からサラを逃がしたのはウィルの父であるらしいと明かされた。また別のシーンでは、ウィルがジェイに対して「私を父と同じだと思わないでくれ」なんていっていたので、父息子は断絶していると思われる。

サラと密会した男は刑務所のガードの家族を誘拐して脅迫し、どうやってか、厳重セキュリティの刑務所からウィルの父を連れだした。2人の男たちは雪山みたいなところを歩いて移動中。ウィル父は3年ぶりに外の空気にあたってきぶんがよさそうだ。

また来週〜。

※感想

てわけで、サラが激突ドカンをした理由やウィルのお父さんを刑務所から連れ出した男のバックグラウンドがまったく謎です。そのうち明かされるんでしょう ... hopefully。

そんなことより、もうスターバックをみてるだけで幸せでした。かっこいいなぁ。ジェイミーもいいとは思いますが、私の脳内ではスターバックが主役です。あ、スターバックというのはBattlestar Galacticaの役名で、女優さんの名前はケイティ・サクホフ(Katee Sackhoff)というのですが。BSGを見てない方のためにいちおう説明しとくと、スターバックていうのは勇気があって強くてちょと型破りでクールな女性パイロットなんですよ。私、ほんとにすきなの!メロメロなの!

サラのスピンオフをつくってくれと思いました。といってもBSGのシーズン4があるから、そんなに長くは出られないのかもしれません。わかりませんが。あとBSGからチロル役のアーロン・ダグラス(Aaron Douglas)も出ていました。彼はたぶん一度きりみたい。ウィル父もBSGに出てたひとだ。BSGのキャストからポンポン出てくるのはクリエイターのDavid Eickの影響でしょうが、こんなに出てくるのはファンサービスなの?サラと謎の男がホテルで密会するミステリーなラブシーンはちょっとBSGぽかったです。音楽とか撮り方とか台詞がソレぽいなと思いました。

サラはいちおうわるもんということになってるけれど、なにかワケアリみたいな風に見えました。バイオニック・ウーマンは単純明快なアクション娯楽ドラマなのだろうと想像してたのですが、思ったより暗闇があって複雑そうな趣です。なかなかいいわ!

余談ですが、オリジナル版の邦題が『バイオニックジェミー』ですけど、英語の発音を重視して『ジェイミー』としました。今後の世間の動向をみて、みんながジェミーと書くんなら私もそのように変えるかもしれませんが。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

tinker (2007.09.28 10:07)

ジェイミーの妹役のLucy Haleがnbcのlive blogでファンからの質問に答えてます↓

http://blog.nbc.com/bionic_woman/

fake (2007.09.28 16:00)

楽しいエピガイありがとうございます。
秘密ラボとか初代バイオニックウーマンやら何だかダークな部分が今後楽しみですね。

オリジナルのジェミーはタバコも吸えない健康的キャラでしたが、この「ジェイミー」のいい子だけじゃないわキャラも結構スキです。
技術も費用も破格で、オリジナル版とはすっかり別物となってますから、ガンガン悪者をやっつけてスッキリ・・とはいかないみたいですが。

ジェイミーは何と闘うことになるんでしょう?サラと同志となって、ヒロイン2人ってのもあり?

tinker (2007.09.28 22:16)

どもです。思ったよりずいぶんダークなんで私もびっくりしました。見る前は、もっと単純な「ドカーンバッコーンヨッシャー」の路線なんだろうなと勝手に想像していたので。うろ覚えなのですが、オンエア直前にプロデューサー人事がバタバタしてて、「方向性が合わないから」とかいう理由で、大物がひとり平和的に去っていった(たしかX-Files関連のひと。名前忘れました)というニュースを記憶しています。妹役が直前で変わったりしたなんてこともあったみたいだし、なんかよくわからんが、ここから先は私の想像ですが、David Eick氏の「おれのやりたいようにやるゾ」みたいな組織内葛藤があるのかも。と勝手に想像しています。ジェイミーがラスト近くでジョナスにいった台詞 "We do it on my terms." はプロデューサーの叫びなのかも。

fake (2007.09.28 23:02)

なるほど、現在の「ジェイミー」にもそんな人事問題があったんですね。

昔の「バイオニック・ジェミー」もキャスティングのトラブルから、役の設定では恋人同士なのに、ラストでくっつかなかったんですよね。

当時の番組「600万ドルの男」のゲスト出演から、誕生した「バイオニック・ジェミー」ですが、ジェミーに想った以上の人気が出たこと、人気が出たことでドラマが独立したんですが、その際のキャスティングに、違う人物を推したのに(自分の奥さま)、リンゼイ・ワグナーになったことがトラブルになったとか聞きましたが・・。

ジェミーを記憶喪失にして、恋人同士の期間の思い出を消しちゃったんですよね。
う〜ん、ストーリーに影響しないといいなぁ。

ジェイミー頑張れ!

tinker (2007.09.29 10:39)

へぇ。そんなことがあったんすか。大人の事情で脚本が変わっちゃうのはいやですね。このシリーズは、私思うんですが、あまり難解にならないほうがよいんじゃないかと思います。ほどほどに、というか。私は昔のヤツはぜんぜん知らないので、この先「おぉこれは○○のオマージュではないか〜」みたいな台詞とかシーンとかあったらガシガシとコメントしてくださいネ。

キント (2007.10.01 10:32)

ジェイミーの妹ベッカの中の人が変わってたので、パイロット版と第1話を見比べてみました。ベッカ絡み以外のストーリーは99%同じでしたが、ちょこちょこ変更された部分もありました。自分のブログに書いてみましたので、またおヒマがあれば覘いてみてくださいー。

あぁ、でも人名などは言語の発音に合わせるというポリシーを曲げて、日本向けにジェイミーをジェミーと書いてしまった...。

スターバック...じゃなかったサラ見たさに今後も観てみようかと思います :D

tinker (2007.10.02 09:57)

キントさん、こんちわ!読みました!キントのブログ、コメントできない設定になってたからこっちにお返事を書きます。

ベッカちゃん、予告編で見たときは手話だったから「なんでいきなり変わるんだ!」とびっくりしたんですが、そういうことだったんですか。他にも違いがあったそうで、月の位置とか、よくあんなの気づきましたねー。さすがってかんじです。

Related Links:

  • Bionic Woman #1.01
    シーズン1 第1話 『Pilot』 ジェミー・ソマーズ、24歳、職業バーテンダー。まだ高校生の妹ベッカの面倒を見るため、あくせく働く毎日だが、反抗期のベッ...
    from:『DVD Agent 73』

TOP » SF » バイオニック・ウーマン/Bionic Woman