TOP » アクション » 24

24 :: 6-13 :: Day 6: 6:00 PM - 7:00 PM :: ネタバレ

trans24。シーズン6の13話。ネタバレ!
view: 21575

SPOILER!!!
ネタバレです!!!
---------------------------

ローガンがCTUに護送されてきた。彼は個室に監禁される。クロエが部屋に来てラップトップをセットアップするが、ローガンは囚人のくせに尊大な態度であり「おまえはだれだ」「ビル・ブキャナンをすぐに呼べ」「わしはここでひとりぼっちか」なんていう。

クロエは「決められた手順があるのです。それにあなたがひとりぼっちで放置されるわけがありません」という視線の先には監視カメラ。「あなたは "house arrest" の身の上ですからね!」といってやったら「なんかいったか?」なんていう。クロエは「すみません。わたし、気分がアンビバレンツ。ではさようなら」と退席した。はははははは。ウケた。

CTUの作戦室ではブキャナンが一同を集めて、新人フィールドエージェントを紹介する。彼の名はマイク・ドイル(Mike Doyle)という。彼が指揮してロシア領事館に突入するんだというのでマイロは仰天。

「まぢっスか!」「第一の目標はマルコフ捕獲。ジャック救出は2番目だ」「戦争になっちゃうのでは?」「副大統領が決めることだが、ジャックが正しければロシアにとっても痛いわけであるからして、戦争にはならんだろ」という会議の最中にクロエが呼びにきてブキャナンはローガンに会いにいった。彼は直に報告を聞くのだろう。

作戦室に残った一同は、ドイルとマイロがかつてデンバーのフィールドオフィスで共に闘った仲であることを知った。2人は過去があるようで仲が悪い。マイロは「あいつは嫌いだ」とナディアにいうが「だが有能である」とつけ加えた。

ジャック。ロシア領事館内で拘束されているが、前回ラストで助けを求めたロシア人が射殺されたことを知る。彼を殺したマルコフの子分は、さらにジャックをも射殺しようとする。「アメリカ人が警備を殺して逃亡を図ったので射殺した」というカバーストーリィをデッチあげようとしてる模様。ジャックは攻撃をかわして相手を射殺。地下の廊下を逃走。

というようすを警備カメラで見たマルコフは警報を放つ。建物はロックダウンされ、銃を持ったロシア人たちが地下を捜索。しらみつぶしに探しているが、ジャックは暗がりに隠れてやりすごし、部屋の中にあった電話でCTUにコール。グレデンコの居所を一刻も早く伝えたい。モリスが出た。「グレデンコの居場所がわかったぞ!」といったところで会話は遮断された。マルコフが外線をすべてシャットダウンさせたのだ。ジャックは配電盤をショートさせて建物を停電させた。

CTU。ブキャナンはジャックから電話があったと聞いて、それはスグに切れてしまったけれど、やはりマルコフはわるもんだったという読みが正しかったのだなと知る。彼はCTUのボスとして「マルコフ捕獲が第一目標」と部下たちにいっているが、内心では「ジャックを助けなくちゃ」と思っただろう(私の想像ですが)。

ブキャナンはローガンに会いにきた。「すまぬが事態が緊迫してるので状況報告はまたあとで」と部屋を出ようとしたらば、ローガンが「どうなった?」と聞く。ブキャナンは無視してもよいわけだが、彼に事態を教えてやった。そしたらローガンは「マーサを使えばよい」といいだす。マーサはスバロフ大統領の夫人アニャと仲良しなので、マーサが夫人に話せば、きっとスバロフ大統領は理解してくれるだろうという。さらに「マーサはややこしいので、私が直接話さないと出てこない」なんていって、彼女と話をさせろという。このシーンでローガンとマーサは離婚したと明かされた。

新人ドイルは初登場ながら、圧倒的な存在感を放つ。彼はクロエたちがいる部屋を歩きまわり、領事館突入作戦の立案を指揮しているが、完全トップダウン方式で厳しい口調で命令するのでみんなはタジタジ。

こんな存在感のある新人はすごーく場を盛り上げるではないか!と私たちはうれしく思うが、CTUのみなさんはこの異変に困惑気味である。ドイルは「おまえヤルキあるんか」とばかりにモリスをガツンと押さえつけた。驚く職員たちに「25人の兵士たちの命がかかっている。3つの核爆弾があるんだぞ」とカツを入れた。この乱暴なやりくちを見かねたマイロが「おれのチームに問題があるならおれにいってくれよ」というと、ドイルは「おまえのチームで結果を出せ」と返した。

ホワイトハウス。トムは副大統領に呼ばれた。「アサドに大統領暗殺の罪をかぶせちゃおう」と再び説得される。「アラブの大使を呼ぶから『アサドが爆弾をセットするのを見た』と偽証しろ」と脅迫気味のお言葉。トムはいったんは断るが、相手は最高権力者であり、しぶしぶ了承した。

「いったいなにを狙ってるんですか?」と聞いてみた。副大統領は「大統領暗殺はアラブがやった、核攻撃もアラブがやったということにして、アメリカはまぢに怒っているぞとわからせてやるのだ。それによって彼らは自ら進んでテロリストを見つける努力をするだろう」という。つまり責任転嫁。

グレデンコが待つ飛行場にファイエド到着。3つの核爆弾がついにやってきた。

CTU。ブキャナンがダニエルズ副大統領に経過報告。ここでドイルの領事館突入作戦の同意を求め、さらにローガンが発案したマーサを使うという計画も明かした。副大統領は了承。ドイルの突入作戦と、マーサによる説得工作の両面で攻める模様。

マーサとアーロン。シーズン6で初登場。2人は完全引退したようすであり、護衛つきの愛の巣でラブラブモード。そうだったのか。よかったなぁ。ここにローガンから緊急コールで「マーサおねがいプリーズ!」といわれるが、彼女は激しく拒否。顔も見たくない。声も聞きたくない。いやいやいやー!!!ローガンはチョッパーでマーサ説得に向かうことにした。ドイルのチームは領事館に向かっている。時間勝負。

ジャック。領事館内で隠れているが、ロシア人カップルがこの緊急時のさなかにイチャイチャしてるのを発見。2人を拘束した。「外部と連絡を取る方法は?」と聞いたら「上の階に衛星電話がある」と教わった。女を人質にして男を取りにいかせた。恋人がだいじなら脅迫に従うだろう ... か?

マーサ、アーロン宅にローガンのチョッパーが到着。ローガンは強引に頼んでやっとマーサに会えた。「ふぅん、これが生まれ変わったチャールズ・ローガンなの」という皮肉は、この男には通じない。「きみは美しい」なんてヌケヌケという。マーサの胸にあるのはハードコアな憎しみのみ。

ローガンは早口で状況を要約した。そしてマーサだけが、アニャを通じてスバロフ大統領の気持ちを変えさせることができる唯一のチャンスであり「マルコフをアメリカ政府に引き渡すように説得してくれ」という。迷ったマーサはいまの恋人に尋ねる。「わたしはやるべきかしら?」と聞かれたアーロンは「イエス」と答えた。

ホワイトハウス。アラブ大使が来た。トムも同席。副大統領は「大統領暗殺の首謀者アサドは貴国のまわしもんだろ」という調子で圧力をかける。相手はウェインとアサドが出会った経緯を知ってるので「それはへんだ」というが、トムがウソをついて「アサドが爆弾をセットするところを見た」と偽証した。

大使にしてみれば、彼はこれまでウェインに全面的に協力し、友好的な関係を築いてきたはずだったのに、副大統領が昇格したトタンに『テロリストを擁護する国』呼ばわりされてびっくり仰天。だが、驚いているヒマもなく、副大統領の「あなたの国の近くにはアメリカ軍が配備されており、私の攻撃命令を待っている」という脅しはグサリと重い。

CTU。ドイルは15分以内にスタンバイOK。その頃、ローガン発案のマーサによる説得工作もスタンバイだが、かんじんの相手、ロシア大統領夫人がスピーチ中だそうで、これが終わるのを待つしかない。ジリジリ。

アニャを待つあいだ、ローガン、マーサ、アーロンの3人は気まずい時間を過ごすわけだが、このシーンのマーサの壊れっぷり演技がスバラシイ。迫真です。トラウマです。ローガンにキウィをぶつけ、彼をケチョンケチョンにこきおろすその姿はうらびれており、アーロンの愛にすがって生きている悲しい女。その名はマーサ。だが、私たちはこのズタボロ女性が、ときにスゴいガンバリを見せることを知ってるわけであり、ここは一発キメてくれるだろうと思った矢先に、な、なんと果物ナイフをローガンの肩にグサリ。傷は動脈をカット。重傷です。

ローガンは緊急車両で運ばれていった。ここでやっとアニャとつながった。だが、マーサは前夫を刺したばかりでドン底ズタボロであり、いったい彼女は役に立つんだろうかとだれもが思う。アーロンは「だいじょうぶか?」と心配しつつ、受話器を渡した。したらばマーサはピリリとヤルキモードになり「アニャ、おげんき?じつは緊急の用件があって〜」と意外にも落ちついた口調で状況を説明した。これが彼女のすごいトコですね。

これを受けてスバロフ大統領は直ちに領事館にコール。マルコフに「捕まえたアメリカ人をとにかく解放しろ」と直接命じた。がマルコフはこれを拒否。大統領命令を無視するという反逆行為に及んだ。大統領はアニャを通じてマーサからもたらされた情報を信じたようであり、よって、彼はブキャナンに政府の意向を伝えた。「ロシア政府はアメリカ合衆国政府がロシア領事館に武力行使することを支持します」

ジャック。やっと衛星電話をゲット。CTUに電話しようとしたところでロシア人が突入してきた。銃撃戦。

CTUからドイルに突入命令が下った。彼はチームを率いて一斉に攻撃開始。ジャックのいる部屋にもCTUの銃弾が突き刺さる。ロシア人、バタバタ倒れる。アワを食ったマルコフはグレデンコに緊急コール。「緊急である。いますぐ発射しろ」と伝えた。ジャックはドイルに救出された。「ファイエドとグレデンコはShadow Valleyだ。急げ!」というジャックの伝言を受けて、CTUは直ちに派兵。そしてその頃、ローガンは救急車の中で息絶えたのだった。

※感想

マーサの壊れっぷりと、ローガンのウスッペラさがすばらしい。いやぁ階段を踏み違えちゃった権力者の末路ってこういうもんすかと思いました。マーサのヤク中ヒステリーオンナみたいな演技はほんとによかったですね。その直後に、ビビッと仕事をしちゃうっていうのが彼女の魅力です。

新人ドイルくんは超ナマイキなので好みが別れるキャラですが、私はこういうひと好き。カーティスの後を継いで、ジャックを助けてもらいたい。と思ったら、領事館でジャックを救出したとき「ダイジョブですか?」なんて言葉は一切ナシでした。愛想をいわないタイプなんでしょう。Rick Schroderというひとだそうです↓

imdb.com :: Rick Schroder

おもしろくなってきたとは思いますが、わるもんの存在感がいまいち薄いような。見る者に「怖いなぁ」と思わせるような、悪の中の悪というレベルじゃないと思う。グレデンコもファイエドもマルコフも。副大統領がいちばんわるもんぽいんだけど(笑)、彼はわるさはあるけどオーラがないというか、賄賂ガッポリワハハのゼネコン社長みたいだなぁと思いました。やってることが姑息だからそう見えるのでしょうか。

次回13話は3/19オンエア予定です。予告編はこちら↓
6-14 :: 7:00 PM - 8:00 PM :: 予告編

------------------------------------------------------
title: 6-13 :: 6:00 PM - 7:00 PM
aired date: 2007/03/12
Writer: Joel Surnow, Michael Loceff
Director: Jon Cassar

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  • Title: 6-13 :: Day 6: 6:00 PM - 7:00 PM
  • First Aired: 2007-03-12

Writer:

Director:

Star:

Recurring Role:

Guest Star:

Thanks to: imdb.com, tv.com

JOHN (2007.03.14 10:49)

ローガンなんか簡単に死んじゃって唖然としてます!!まだ黒幕の最終的な目的とか見えてきませんね!!
マイクは今までと違うエージェントですね!!ジャク以上とも思えます!!

Shuji (2007.03.14 20:21)

エピガイ読ませてもらって、気がつきました。

今シーズンの悪役、確かになんか頼りないです。
先読みしていないというか、行き当たりばったりというか・・・ テロリストは体制側より先んじてなくては絵にならんような気がします。

ジャック父の事件との絡みなんかはまだはっきりしてないので、その辺が気になってます。

ジョウ (2007.03.15 03:53)

ホント、今シーズンはテロリストよりもホワイトハウス内部の方がコワイぐらいですよね。(苦笑)

ドイル君は愛想なしですが、ジャックとの初対面のシーンで、一応、自己紹介(名前だけだけど)をしてるのがちょっと微笑ましかったです。

Rick Schroderって、「Ricky」だった頃の可愛い面影が丸々残ってるので、彼の子役時代を覚えてる視聴者の固定観念をどう打ち砕いてくれるのか、楽しみです。

それにしても、ジャックはロシア大使館の一般職員に拳銃を突き付けておいて「心配するな」はないでしょう。今シーズンのジャックは何か変?

てるてる (2007.03.15 04:32)

はじめまして^^いつも楽しくこちらのエピガイ拝見させてもらってます。

しかし元ハズバンドを殺しちゃってマーサは罪に問われるのでしょうか?
そしてオードリーは今いづこ・・?

tinker (2007.03.16 02:20)

> Rick Schroderって、

rickyって、アレか、Champの子役か!と後から気づきました。そうかぁ。アレがあんなにでかくなったのかぁ。ボクサーして復活を目指す父のリングサイトで「おとうちゃーん!」と叫んでたアレですね。彼はめちゃナマイキな役ですが、顔はおぼっちゃまみたいな顔してますネ。面影がある。

> 元ハズバンドを殺しちゃってマーサは罪に問われるのでしょうか?

まぁアレくらいいいんじゃないでしょうか(知らんけどw)。しかしまぁあれで死んでしまうくらいだから、よっぽど思いっきり刺したのでしょうね。

nana (2007.03.23 02:54)

ローガンはあっけなく死んでしまいましたね。ヘリで輸送しろよって感じですが・・・。
今、13話まで見ましたが、この後、どんな展開になるのか楽しみです。確かにちょっと悪役が弱いですね。

TOP » アクション » 24